31 Jan 2017

WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2017年1月30日現在 // Farmers Insurance Open

ゴールドメダリスト,ジャスティン・ローズの最新クラブセッティングです。ウッドは2016年M1/2のママですが,アイアンは最新のP750を手にしています。



2017年1月30日現在 // Farmers Insurance Open
  • ドライバー // TaylorMade M2 / ロフト 8.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Tensei CK White 70TX
  • 3W // TaylorMade M2 / ロフト 15度 / シャフト Matrix 8M3 Black Tie X-Flex
  • 5W // TaylorMade M2 / ロフト 19度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 9.2 Tour Spec X-Flex
  • アイアン // TaylorMade P-750 Tour Proto (4-PW) / シャフト KBS Tour C-Taper 130X
  • ウェッジ // TaylorMade Milled Grind (52 SB-09, 56 LB-09, 60 HB-11) / シャフト KBS Tour C-Taper 130X
  • パター // TaylorMade Arc1 Tour

ソース:
http://www.golfwrx.com/426184/justin-rose-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2016年9月7日現在 // BMW Championship
WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2015年10月25日現在 // UBS Hong Kong Open
WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2015年6月7日現在 // Memorial Tournament
WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2015年4月26日現在 // Zurich Classic
WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2014年2月13日現在 // ノーザントラストオープン

30 Jan 2017

WITB // ジョン・ラームのクラブセッティング // 2017年1月29日現在 // Farmers Insurance Open

Farmers Insurance Open を制したジョン・ラームのクラブセッティングです。



2017年1月29日現在 // Farmers Insurance Open
  • ドライバー // TaylorMade M2 2017 / ロフト 10.5度 / シャフト Aldila Tour Green 75TX
  • 3W // TaylorMade M1 2017 / ロフト 17度 / シャフト Aldila Tour Green 75TX
  • 5W // TaylorMade M1 2017 / ロフト 19度 / シャフト Graphite Design Tour AD-DI 8X
  • アイアン // TaylorMade RSi UDI (4 iron), TaylorMade P-750 (5-PW) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • ウェッジ // TaylorMade Milled Grind (52 SB-09, 56 SB-12, 60 SB-10) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • パター // TaylorMade Spider Limited (Red)

ソース:
http://www.golfwrx.com/424358/jon-rahm-witb-2017/


過去のWITB:
WITB // ジョン・ラームのクラブセッティング // 2016年6月23日現在 // Quicken Loans National

29 Jan 2017

WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2016年11月17日現在 // Australian Open

自国のナショナルオープン出場時のスコットのクラブセッティングです。アイアンのシャフトはProjectX LZです。



2016年11月17日現在 // Australian Open
  • ドライバー // Titleist 917 D2 / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Dual Core 70TX
  • 3W // Titleist 915F / ロフト 16.5度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 9.2X Tour Spec
  • アイアン // Irons: Titleist 716 T-MB (3), Titleist 680 MB (3-9) / シャフト True Temper Project X LZ 6.5
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 (48-08 F-Grind, 54-10 S-Grind, 60-06 K-Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold AMT X100 Tour Issue
  • パター // Scotty Cameron Rev X10 Xperimental Prototype
  • ボール // Titleist Pro V1

注:48度のウエッジは49度に寝かせている。ドライバーのセッティングはA2(スタンダードロフト,1.5度アップライト)。3番ウッドのセッティングはA1(スタンダードロフト,スタンダードライ)

ソース:
http://www.golfwrx.com/355808/adam-scott-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2016年2月18日現在 // Northern Trust Open
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2015年10月8日現在 // Presidents Cup
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2015年5月24日現在 // Crowne Plaza Invitational
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2014年2月24日現在 // ホンダクラシック

関連記事:
アダム・スコットがショートパターを使い始めるかもしれない件 // GolfWRX // Golf Digest

WITB // カリー・ウェブのクラブセッティング // 2016年10月31日現在

2016年10月31日現在
  • ドライバー // Callaway XR / ロフト 10.5度 / シャフト Regio Formula B S65
  • 3W // Callaway X2 HOT / ロフト 15度 / シャフト Regio Formula S65
  • 5W // Callaway Big Bertha Alpha 815 / ロフト 18度 / シャフト Regio Formula S65
  • ハイブリッド // PING G / ロフト 22度 / シャフト Regio Formula S65
  • アイアン // Bridgstone golf J15CB (4-PW) / シャフト MODUS3 TOUR105S
  • ウェッジ // PING GLIDE / ロフト 52度,58度 / シャフト MODUS3 Wedge 105
  • ボール // Bridgstone Golf TOUR B330RX
  • グリップ // IOMIC Sticky 2.3

ソース:
https://www.facebook.com/nipponshaft.jp/posts/641521006009156

関連記事:
NIPPON SHAFT // REGIO FORMULA B SERIES
NIPPON SHAFT // N.S. PRO MODUS3 SERIES


27 Jan 2017

WITB // トーマス・ピータースのクラブセッティング // 2016年11月22日現在 // ISPS Handa World Cup

昨年のライダーカップで大活躍した,ベルギー出身のトーマス・ピータース。GDOの情報によると,「憧れはテニス選手のロジャー・フェデラーとNBAで活躍したマイケル・ジョーダン」なんだとか。



2016年11月22日現在 // ISPS Handa World Cup
  • ドライバー // Callaway XR '16 / ロフト 9度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana W-Series 60X
  • FW // Callaway XR '16 / ロフト 15度,19度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana W-Series 70X
  • ドライビングアイアン // Callaway Apex DI / ロフト 16度 / シャフト True Temper Project X 6.5
  • アイアン // Callaway Apex Pro '16 (4-9) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • ウェッジ // Callaway MD3 Milled (48-08S), Callaway Mack Daddy Forged (54-10, 58-08) / シャフト True Temper Project X 6.5 (48), KBS Tour (54), True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400 (58)
  • パター // Odyssey Lucky 777 #7CH

ソース:
http://www.golfwrx.com/415466/thomas-pieters-witb-2017/

23 Jan 2017

WITB // ハドソン・スワフォードのクラブセッティング // 2017年1月22日現在 // CareerBuilder Challenge

CareerBuilder Challenge を制したスワフォードのクラブセッティングです。フロリダ州出身で,ジョージア大学出身,2011年プロ転向。昨シーズンはTOP10フィニッシュが1回だけ,というプレーヤーでした。



2017年1月22日現在 // CareerBuilder Challenge
  • ドライバー // TaylorMade M1 2017 / ロフト 10.5度 / シャフト Aldila 2KXV Green 70TX
  • 3W // Ping i25 / ロフト 14度 / シャフト Aldila Rogue Silver 80TX
  • 5W // Ping i25 / ロフト 18度 / シャフト Aldila Tour Blue 95TX (5 Wood)
  • アイアン // Ping S55 (4-9) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 (46-08 F Grind, 52-12 F Grind, 56-10 S Grind, 60-04 L Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • パター // Odyssey Versa 2-Ball
  • ボール // Bridgestone Tour B330

ソース:
http://www.golfwrx.com/425180/hudson-swafford-witb-2017/



20 Jan 2017

WITB // ジェフ・オギルビーのクラブセッティング // 2016年11月21日現在 // Emirates Australian Open



2016年11月21日現在 // Emirates Australian Open
  • ドライバー // Titleist 917D2 / ロフト 9.5度 / シャフト Aldila Rogue Silver Limited Edition 70TX
  • 3W // Titleist 917F2 / ロフト 16.5度 / シャフト Aldila Rogue Silver Limited Edition 80TX
  • アイアン // Titleist 716 T-MB (2), Titleist 716 MB (3-9) / シャフト Nippon N.S. Pro Prototype X-Flex (2 iron), Nippon N.S. Pro Modus3 Tour 130X
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 (48-08 F Grind, 54-10 S Grind, 60-04 L Grind) / シャフト Nippon N.S. Pro Modus3 Tour 130X
  • パター // Scotty Cameron Select Newport 2.5
  • ボール // Titleist Pro V1

ソース:
http://www.golfwrx.com/414624/geoff-ogilvy-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ジェフ・オギルビーのクラブセッティング // 2015年5月17日現在 // Wells Fargo Championship

関連記事:
ALDILAのROGUEに関するPGAツアーの記事 // 2014年7月9日付

18 Jan 2017

Callaway Epic ドライバーに変えたら平均で11.6ヤード飛距離が伸びた // GolfWRX

いろいろとツッコミどころはあるんですよ。Apple-to-appleの比較じゃないから。ヘッドだけじゃなくてシャフトの効果もあるでしょ,と。でも,キャロウェイの新しいドライバー GBB Epic を試したテスター8人みんなが,平均で11.7ヤードも飛距離を伸ばしたとなると,取り上げざるをえません。


GolfWRX Members Gain 11 Yards on Average with Callaway Epic Drivers // GolfWRX
http://www.golfwrx.com/422000/golfwrx-members-gain-11-yards-on-average-with-callaway-epic-drivers/



この比較表をよくみると,一人だけ総飛距離が変わらなかったテスターがいて,その人は打ち出し角は変わらないものの,初速がアップ,しかしスピン量は400rmpほど増加,結果キャリーは5.5ヤード伸びたものの(ランが減って)総飛距離は変わらず,という結果ですね(面白いことに,このテスターはハンディキャップ+2.1で,8人の中でいちばん上手い人。すでに今のドライバーはフィッティングによる最適化の結果と想像することもできる)。他のテスターは,たぶんロフト等設定の最適化+シャフトの最適化によって,打ち出し条件(角度+スピン量)の最適化,それによる飛距離の増加,ということなのでしょう。

だから厳密にヘッドの威力を検証するなら,1)テスターの今のシャフトを同じものをEpicに挿す,2)最適化したところのシャフトを他の競合ヘッドに挿す,というふたつのいずれか(あるいは双方)をやるべきでしょう。


グリーンキーパーをムカつかせる10の行為 // GolfMagic

原題が「P*** OFF」だから「ムカつく」と訳したまでです。グリーンキーパーの方々のメンテナンスがあってこそ,われわれゴルファーは気持ちよくラウンドができるわけです。芝を大事にしましょう。



10 WORST THINGS A GOLFER CAN DO TO REALLY P*** OFF A GREENKEEPER! // GolfMagic
http://www.golfmagic.com/golf-news/10-worst-things-golfer-can-do-really-p-greenkeeper
  1. バンカーをならさない
  2. ゴミのポイ捨て
  3. 練習場で線上にディボットをとらない
  4. レーキをバンカーの外に置く(バンカー付近の芝を刈るのに邪魔)
  5. グリーン上のピッチマークをなおさない
  6. 練習グリーンの痛み(グリーンの奥の方を使うと,手前に痛みが集中しないのでよろしいそうです)
  7. いちばん低いところからバンカーへ出入りしない
  8. カートのサインを無視する(極端な例だとグリーン上をカートで進んでいった輩もいるとか)
  9. カップからボールを拾うときに手でやらない(パターとかで拾う怠け者がいるらしい)
  10. 折れたティーペグをそのままにしておく(ちゃんと入れる場所があります)


WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2017月1月17日現在 // CareerBuilder Challenge

ここまで2016/17シーズンは4大会に出て,最高成績が SBS Tournament of Champions でのT6。パトリック・リードのクラブセッティングです。



2017月1月17日現在 // CareerBuilder Challenge
  • ドライバー // Callaway Big Bertha Alpha 816 DBD / ロフト 9度 / シャフト Aldila Rogue Limited Edition Silver 125 MSI 70TX
  • 3W // Callaway XR16 Pro / ロフト18度 / シャフト Aldila 2KXV Green 85TX
  • ハイブリッド // Callaway Apex / ロフト18度 / シャフト Aldila RIP Phenom HYB 100TX
  • アイアン // Callaway X-Forged '13 (3, 4), Callaway MB1 (5-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 Tour Grind (52-10T, 56-11T), Titleist Vokey SM5 (61, T Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400 (52, 56), KBS Hi-Rev 2.0 125S
  • パター // Odyssey PT Customs
  • ボール // Callaway Chrome Soft

ソース:
http://www.golfwrx.com/423314/patrick-reed-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2016月1月11日現在 // Hyundai Tournament of Champions
WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2015月10月8日現在 // Presidents Cup
WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2015年3月15日現在 // Valspar Championship
WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2015年1月12日現在 // Hyundai Tournament of Champions
WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2014年3月9日現在 // WGCキャデラック選手権

17 Jan 2017

WITB // ケビン・キスナーのクラブセッティング // 2017年1月15日現在 // Sony Open

ケビン・キスナーもさっそくGBB Epic使ってますね。



2017年1月15日現在 // Sony Open
  • ドライバー: Callaway GBB Epic / ロフト 9度 / シャフト Fujikura Speeder 661 Evolution II (X-Flex)
  • 3W:Callaway GBB Epic / ロフト 13.5度 / シャフト Aldila 2KXV Green 75TX
  • ハイブリッド:Callaway X2 Hot Pro / ロフト 18度 / シャフト Matrix Ozik Altus Hybrid X-Flex
  • アイアン:Callaway Apex UT (3番,21度), Callaway Apex Pro (4-9) / シャフト Nippon N.S. Pro Modus3 Tour 120TX
  • ウェッジ:Callaway Mack Daddy 2 (47-11S, 52-12S and 58-14C) / シャフト Nippon N.S. Pro WV125
  • パター:Odyssey White Hot Pro #7 / グリップ SuperStroke Mid Slim 2.0 (Black/White)
  • ボール:Titleist Pro V1x

ソース:
http://www.golfwrx.com/422934/kevin-kisner-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ケビン・キスナーのクラブセッティング // 2015年11月22日現在 // RSM Classic // ウッドのシャフトはALDILAの新作「NV 2KXV」
WITB // ケビン・キスナーのクラブセッティング // 2015年5月6日現在 // Players Championship

14 Jan 2017

WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2017年1月13日現在 // BMW South Africa Open Championship

ヨーロピアンツアーの南アフリカでの大会で,2017年のスタートをきったマキロイです。クラブはキャロウェイになり,ただしウェッジはVokey,ボールはPro V1x。



2017年1月13日現在 // BMW South Africa Open Championship
  • ドライバー // Callaway GBB Epic Sub Zero / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage XT 70TX
  • FW // Callaway GBB Epic / ロフト 15度,18度 / シャフト Fujikura Pro P95 (X-Flex)
  • アイアン // Callaway Apex MB Prototype (4-PW) / シャフト True Temper Project X 7.0
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 (52-08 F Grind, 56-10 S Grind and 60-08 M Grind) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • パター // Odyssey prototype with Microhinge Insert
  • ボール // Titleist Pro V1x (2017)

ソース:
http://www.golfwrx.com/407542/rory-mcilroy-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2016年10月28日現在 // WGC HSBC Champions
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2016年9月25日現在 // Tour Championship
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2016年9月5日現在 // Deutsche Bank Championship
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2016年2月16日現在 // Northern Trust Open
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2015年11月22日現在 // DP Word Tour Championship
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2015年5月17日現在 // Wells Fargo Championship
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2015年2月1日現在 // Omega Dubai Desert Classic
WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2014年8月10日現在 // 全米プロ選手権

11 Jan 2017

ゴルフサークル「Bar72」を紹介します

このブログに何度かその名を出した人物「kk」。僕の元上司であり,ゴルフの師匠であり,いまは最高のゴルフバディです(スコットランド1週間のゴルフ旅行を一緒にしたのも,kk)。

そんなkkはかつて「Bar72」というゴルフサークルを主宰し,一時期はメンバー数300人超を誇る,GDO最大のゴルフサークルだったとか。紆余曲折あって自然消滅したそのサークルですが,サークル復活に向けてゆっくりとゴルフ仲間を再募集しているとのことで,ブログの更新頻度もあげてきています。


http://golfbar72.blog62.fc2.com/

僕も,この新生Bar72の運営に関わっていきますが,どういう方向性になるかはまだ未知数。「サークル」とはいえ,派手なウェアを着てワーイってはしゃいでキャピキャピな写真撮るようなことにならないのは確かだと思います。アツく楽しく気楽で気さくにゴルフを語って一緒にプレーできる,そんな人たちとつながれる場になればいいなと,個人的には思っています。

なんとなく興味を持たれた方,こちらのFacebookページでポチッとjoinしてみてください。

https://www.facebook.com/groups/746014308881723/

10 Jan 2017

ウーストヘイゼンが教える,スムーズなスイングのコツ // Golf Magazine

自分が身長が高くないので,同じようなタイプのアスリートには目が行きがちです。ルーク・ドナルドもそういう意味で注目しはじめたし,ルイ・ウーストヘイゼンも同じように気になるゴルファーのひとりです。

ただ,ルークがロングゲームの弱さをショートゲームで補っているのに対して,ウーストヘイゼンの場合は飛距離もないわけじゃないんですよね(たとえば2016年シーズンのSG: OFF-THE-TEEはPGAツアーで34位) 。そして,つねに平然としている表情と,スムーズなスイングが魅力。

そんなウーストヘイゼンがスイングのポイントについて語っている記事が,GOLF.comにありました。



Louis Oosthuizen's 4 Simple Moves For a World-Class Swing // Golf Magazine
http://www.golf.com/instruction/louis-oostzhuizens-4-simple-moves-world-class-swing

まず最初に「LET THE CLUB DO THE WORK(クラブに仕事をさせろ)」ということで,ソフトにスイングするということ,そしていわゆる「ビトウィーン」のときは(時にはそうじゃないときでも)長いクラブでスムーズに振ることを心がけている,と言っています。同国の英雄,アーニー・エルスの影響は当然のようにあるし,そしてホームタウンの Mossel Bay は強い風で知られるところで(「鳥ですら歩かなきゃいけない」という地元のジョークがあるらしい),となると必然的に,たとえば8番のフルショットじゃなくて5番か6番でのノックダウンショットを打つことを覚えたらしいです。

スムーズに振るコツのひとつとして,ウーストヘイゼンは,左の上腕を胸に当てて,腕と上半身との一体感を保つようにしているとか。



また,始動をスムーズに始めるコツとしては,スタンスを定めたらすぐに,グリップをターゲット方向に少しプレスし,ウェイトを左足に移す。それをきっかけにテイクバックを始めて,右足にウェイトを移す。アタマの中で,「1 セット,2 プレス,3 スイング」と数えながらやっているようです。



最後に,両足を閉じてPWを振ることでリズムとつかむドリル,そしてスイングのトップで一瞬止まることの大事さをうたっています。


9 Jan 2017

Odyssey の新しいパター O-Works シリーズ。よりトップスピンがかかるらしい // GolfWRX



Odyssey’s new O-Works putters: The technology Phil Mickelson had to have // GolfWRX
http://www.golfwrx.com/421398/odysseys-new-o-works-putters-the-technology-phil-mickelson-had-to-have/

オデッセイの新しいパター「O-Works」シリーズ。フィル・ミケルソンがプロトタイプを去年のライダーカップのときに使って,ロリー・マキロイもこれを使うと言われているのだとか。熱可塑性エラストマ(thermoplastic elastomer)と304ステンレススチールをうまいこと組み合わせて,よりトップスピンがかかるようなインサートになっているんですって。

純正グリップは SuperStroke の Slim 2.0 と Pistol GT。2月17日リリースで,229ドル也。

WITB // 松山英樹のクラブセッティング // 2017年1月8日現在 // SBS Tournament of Champions

松山英樹が3WをM2(2017年版)に変えたようなので,情報をアップデートしておきます。




2017年1月8日現在 // SBS Tournament of Champions
  • ドライバー // Callaway Great Big Bertha / ロフト 9度 / シャフト Graphite Design Tour AD-DI 8TX
  • 3W // 2017 TaylorMade M2 / ロフト 15度 / シャフト Graphite Design Tour AD-DI 9TX
  • アイアン // TaylorMade M2 Tour (3), Srixon Z945 (4-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 AMT (3), Tour Issue True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • ウェッジ // Cleveland 588 RTX 2.0 Precision Forged / ロフト 52度,56度,60度 / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • パター // Scotty Cameron Newport 2 GSS Timeless
  • ボール // Srixon Z-Star XV

ソース:
http://www.golfwrx.com/408508/hideki-matsuyama-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // 松山英樹のクラブセッティング // 2016年12月3日現在 // Hero World Challenge
WITB // 松山英樹のクラブセッティング // 2016年10月30日現在 // WGC HSBC Champions
WITB // 松山英樹のクラブセッティング // 2016年2月7日現在 // Waste Management Phoenix Open
WITB // 松山英樹のクラブセッティング // 2015年9月3日現在 // Deutsche Bank Championship
WITB // 松山英樹のクラブセッティング // 2014年2月24日現在 // ホンダクラシック

リシャフト // Mizuno MP-64 + ダイナミックゴールドAMT

ここで書いたように,アイアン(Mizuno MP64)のシャフトをダイナミックゴールドCPTからAMTに換えまして,今日手元に届きました。

スペックは以下の通り。フレックスはいずれもS200。


ご覧の通り,総重量は6番アイアンはリシャフト前後で変わらず,前後で少しずつフローしていっています。スイングウェイトはD3からD4のあいだに。

こちらには通常のDGからCPTに換えたときの表を載せていますが,DG >> CPT >> AMTの順に,
  • 5番:D4.5 / 429 >> D1.5 / 418 >> D3 / 416
  • 6番:D3 / 436 >> D1.5 / 424 >> D3 / 424
  • 7番:D3 / 443 >> D2 / 432 >> D3 / 434
  • 8番:D3.5 / 450 >> D2 / 439 >> D3 / 445
  • 9番:D3.5 / 460 >> D1.5 / 444 >> D3.5 / 455
  • PW:D3.5 / 468 >> D1.5 / 454 >> D4 / 467
となりました。

関連記事:
ダイナミックゴールドAMTに関するQ&A,特にDG Proとの違いについて

WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2017年1月8日現在 // SBS Tournament of Champions

ハワイで松山英樹と優勝を争ったジャスティン・トーマスです。

ドライバーは915D4だったのを917D3に。ウェッジは52度と56度がSM5のままで,46度と60度をSM6に変えています。



2017年1月8日現在 // SBS Tournament of Champions
  • ドライバー // Titleist 917D3 / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana BF 60TX (tipped 1.5 inches)
  • 3W // Titleist 917F3 / ロフト 15度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana S+ Limited Edition 80TX
  • アイアン // Titleist 712U (2), Titleist 716 MB (4-9) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • ウェッジ // Vokey SM5 (52-12 F Grind, 56-14 F Grind), Vokey SM6 (46-10 F-Grind, 60K) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (46), S400 (52, 56, 60)
  • パター // Scotty Cameron X5 Prototype (flow neck) // 34インチ,350グラム
  • ボール // Titleist Pro V1x

ソース:
http://www.golfwrx.com/350826/justin-thomas-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2015年11月1日現在 // CIMB Classic
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2015年5月17日現在 // Wells Fargo Championship

関連記事:
タイトリスト915 D4ドライバーが登場するらしい // MyGolfSpy


8 Jan 2017

本 // 映画 // Tommy's Honour

フェイスブックのタイムラインに流れてきて初めて知りましたが,オールドとヤングのトム・モリス親子を描いた『Tommy's Honour』が映画化されたみたいです。



原作はこちら。


まだ読んでいないんですけどね…。

3 Jan 2017

本 // Play Strategic Golf: Course Navigation: How To Position Yourself To Score Like The Pros

「スイングを変えることなく,練習をすることなく,考え方を変えていくつかの戦略的な原則をゲームに持ち込むこと意外に何もしないで,次のラウンドでスコアを6から10減らせる」と謳うのが,この本です。

著者のエリック・ジョーンズは,PGAクラスAプロフェッショナルで,2014年の北カリフォルニア PGA Teacher of the Year。世界ロングドライブチャンピオンで優勝2度。スタンフォード大学でプレーヤーおよびコーチの経験あり。PGAプロとしては数少ない修士号を取得(スポーツ心理学)。

その著者が提唱する戦略をひとことで言えば「逆算」ということに尽きると思います。この本で面白かったのは,コース設計の観点(たとえば「戦略的」「ペナル」「ヒロイック」という分類)からも,コース戦略に迫っている点でした。


Birdie Press (2015-10-27)

  • 著者が「コース・マネジメント」ではなく「コース・ナビゲーション」と呼ぶ理由は,そこにすでにあるコースをマネージすることはできないから。
  • マネージできるのは,コースではなく自らの戦略。
  • マーク・トウェインが書いた,ミシシッピ川の船乗りの話。仲間の船乗りたちと川についての最新の情報を交換することで,ハザードに出くわす十分前に危険を回避する。
  • コース・ナビゲーションの第1の原則は,「次のショットをできるだけ易しいものにすること」。
  • レイアップするときは,コンサーバティブなクラブで,アグレッシブなスイングを。
  • よく設計されたコースは,リスク/リワードの要素を持つ。リスクをとったショットがうまくいくと,低いスコアや短いアプローチといったリワードがあるし,リスクをとったショットがうまくいかないと,ギャンブルしたことの報いを受ける。
  • ゴルファーがなすべきことは,コースの設計家がそのホールをデザインしたときに思い抱いていたことを見つけ出すこと。
  • アグレッシブにプレーしていいのは,そこからえられるリワードが冒すリスクに見合うもので,かつ,自分のショットの技術レベルの範囲内にある場合だけ。
  • 攻撃的なラインは低いスコアの可能性というリワードがあるが,そのトレードオフとして,ハザードがからんでくる。
  • 守備的なラインはハザードがからまない安全なショットであるが,そのトレードオフとして,通常は長いアプローチショットが残る。
  • 平均レベルのゴルファーがドライバーを取り出してリスキーな戦略をとるのをよく目にする。その理屈はたいてい,「ドライバーじゃないとグリーンにふたつで乗らないでしょ」というものだが,私の反応は,「そうだね,だけど,それがパーをとるための唯一の道じゃないよね」。
  • 設計家が難しい要素をホールに持ち込むとき,通常はそれが,そのホールの「強み」や「守り」と呼ばれる。ハザード,ドッグレッグ,マウンド,窪み,フェアウェイの傾斜,木,そして風向きさえも,ホールの潜在的な「強み」になる。そしてそれらは,ゴルファーの攻めに対する設計家側の守りなのだ。
  • 一方で,広いランディングエリア,フェアウェイの平らな部分,グリーンの平らな部分,ハザードや障害物がからまないアプローチのライン,これらはすべてそのホールの「ソフト」な要素,あるいは「弱み」である。このエリアこそが,ゴルファーが攻めていくべきところ。
  • ホールには,「戦略的」「ペナル」「ヒロイック」の3種類がある。自分がプレーしているホールがそのどれに当たるかを判断することが重要。
  • 一般的に,戦略的ホールは,プレースメントに重きを置く。一般的に,少なくともひとつの適度に安全なルートがあるが,それは普通最も長いルートになる。他のルートはハザードや障害物によって守られている。ドライバーでのティーショットが正しい選択になることはめったになく,なぜならミスショットの代償が高くつくから。ポジショニングが大切。
  • ペナル・ホールでは,ひとつの選択肢しかない。求められるショットを打つこと。ミスれば死亡。TPCソーグラスの17番パー3は典型的なペナル・ホール。実行力とコミットメントが重要なのが,ペナル・ホール。
  • ヒロイック・ホールでは,いくつかの選択肢がある。ペブルビーチの18番が典型例。安全なのは,右から攻めて2打目をグリーン手前にレイアップ。ヒロイックなショットは海超えのショートカットで,成功すれば2オンの可能性がある。
  • ショットにも「戦略的」「ペナル」「ヒロイック」があり,それは状況によって変わる。
  • ホールを「ショート」「ミディアム」「ロング」で分類することも有益。ショート・ホールは戦略的であることが多く,しっかりした守りの要素(狭いフェアウェイ,きついバンカリング,ハザード・コンプレックス,グリーンのきつい傾斜など)を持つ。ミディアム・ホールはショート・ホールに比べれば守りは比較的強くなく,ひとつだけ顕著な守りの要素を持つことが多い。ロング・ホールでは,距離自体が守りの要素になる。ティーショットにも選択肢が複数あり,アプローチショットも同様であり,高さを使う他に転がしでもってグリーンに乗せられる道がある。
  • グリーンだけを眺めない。グリーンを取り囲むすべての要素を見る。バンカー,木,水,スウェイル,マウンド,そしてラフ。これらすべてが固有の目的を持つ。そしてこれらすべてが合わさって,「グリーン・コンプレックス」と呼ばれるものを形成する。
  • 自らに問いかける3つの質問は,「そのショットが求めるものはなにか?」「自分はそのショットが打てるか?」「それにコミットできるか?」
  • ゴルフのことわざに,「Aim small to miss small」というのがある。(目標が小さければミスも小さい)
  • 多くのPGAツアープロが採用しているコースナビゲーション戦略に,「ライン」という概念がある。フェアウェイに想像上の縦の線を引いて,その片側だけ(安全なサイド)でプレーするというもの。
  • ストロークインデックスが1や2にようなタフなホールには,打ちのめされないことを考える。
  • まとめ:
    • 次のショットができるだけ簡単になるように,今のショットを計画する
    • カップからティーに逆算して,ホールごとに戦略を立てる
    • 簡単なピンだけアタックする
    • ホールの弱い部分に対して,自分の強みでもってプレーしていく
    • 特定のターゲットに向かって打つ
    • コースの中の最も難しいホールに対して,明確な戦略でプレーする,あるいは少なくとも戦略を持つ