7 Dec 2017

動画 // スイング中の左ひじは伸ばすべきか曲げるべきか // Athletic Motion Golf

もともとはGolfWRXでその存在を知ったのですが,「Athletic Motion Golf」なるグループが,3D動作解析をもとにしたプロとアマチュアとのスイングを比較する動画をYouTubeにあげているようです。

これは「Left Arm Bend In The Golf Swing: Pros vs Ams」ということで,スイング中の左肘は伸ばすべきか曲げるべきかという問題に対して,プロとアマチュアとの数値を比較したものです。



これによると,プロはアドレス時には左肘が少し反った状態にあって,そこから基本的にはストレートをキープしたまま,しかし少しずつ曲がっていくかたちでインパクトを迎え(インパクト時には8度の曲がり),フォロースルーでシャフトが地面と平行になる時点では4.4度の曲がりに抑えられている。

それに対してこの比較対象になっているアマチュアは,左肘をストレートにしようという意識でいるものの,トップオブスイングではプロよりも数度肘の曲がりが大きくなり(柔軟性の問題など),そして面白いのはダウンスイングあるいはインパクト時には左肘がストレート(か少し反るかたち)になっており,動画中ではこれは「スイングのスピードを殺す動きである」と。そしてフォロースルーでは20.9度の曲がりになっていて,いわゆる「チキンウィング」という状態ですね。

「だから何をどうしろ」というインストラクションがないのがこの動画(シリーズ)の残念なところですが,まぁでもこうして数値でプロとアマチュアとの違いが見れるのは面白いと思います。しかし,こうやって並べて見ると,肘だけじゃなく大きな違いがいっぱりありそうですね,プロとアマチュアとでは。

3 comments:

  1. 腕伸ばしてインパクトなんかしたら肘壊れちゃう!

    ReplyDelete
    Replies
    1. ははは,いろいろと大変な体をお持ちでいらっしゃる。

      Delete
    2. これって腕を押してインパクトするか、引いてインパクトするかで違ってきそう。と書きながら、押すなんてことする人がいるかもしれないことに驚くが。

      Delete