7 Sep 2017

スピースがテキサス大学にショートコースの設計をするそうで // GolfWRX



テキサス大学のチャンピオンシップコースを設計した Roy Bechtol もプロジェクトに加わるものの,スピースはレイアウトからグリーンポジションまですべてに関わるとのこと。6ホール,各ホールの長さは80ヤードから125ヤード,グリーンのサイズは2800から4000平方フィート。4つの異なる芝を使用。

「ショートゲームの神」であるスピースが果たしてどんなコースを設計するのか,彼の思想がつまっているであろうコース,興味ありますね。

Jordan Spieth co-designed a short course at the University of Texas // GolfWRX
http://www.golfwrx.com/469212/jordan-spieth-co-designed-a-short-course-at-the-university-of-texas/

2 comments:

  1. 大学のスケールが違うね。たまたま今テキサス関係の仕事してて、そっち方面からスピースに微妙な親近感。大学時代ゴルフ部入っておけばよかったなぁ・・。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 大学時代,自分がゴルフやるなんて(テニスも),夢にも思わなかったよ。

      しかし,こんな大学で育ったやつらと,アメリカ以外の国のゴルファーは戦わないといけないんだからねぇ。ヨーロッパ人もゴルフのためにアメリカの大学に行くのがよく分かるわ。

      Delete