15 Apr 2017

ラウンドの記録 // ゴールド栃木プレジデントカントリークラブ // kkとの月例

kkとの月例,4月はゲストふたりを交えて,ゴールド栃木プレジデントカントリークラブにて。ジャック・ニクラウス設計。昔kkがここの友の会会員だったり,僕も好きなコースだったりして,ふたりでラウンドするのはもう3回目ぐらいかも。前回は僕がロンドンに移る年の春で,結果は引き分けでした。

http://www.president-cc.jp/

コースは東OUT,東IN,西OUTという9ホールが3コースの計27ホールで,今回は(というかいつも)東OUT・INをプレーしました。


クラブハウスから見える光景は,いつもいいなと思います。池を挟んで右が東OUTの9番,左が東INの18番ホール。


東1番,パー4。左ドッグレッグって,スタートホールとしては優しいなと思います。ティーショットがスライスしても,2打目でまたグリーンが見えますし。


東2番,パー4,今度は右ドッグレッグで,ティーショットのランディングエリアからグリーンまで右一帯がバンカー。


この距離のバンカーショットってまず成功しない。


東3番,パー3。手前と右が池,左にバンカー,グリーンは左から右の傾斜と,奥から手前。


もう少しグリーンに寄った写真がこれ。


東4番,左ドッグレッグのパー5。ウォーターハザードは気にならない距離。kkはティーショットで左のショートカットを狙って失敗するけど,必ずボールが見つかる。


東5番,パー4。2番ホールと似たような,右ドッグレッグで右に大きなバンカー。ティーショットが狙った距離だけしっかり打てるかが問題でしょうね。


東8番,パー5。ティーショットが打ち下ろしで,そのあと右へ。ここはグリーンの幅が狭く,さらに傾斜が急です。


東9番,パー4。ホウライ,の11番ホールに似て,グリーンへのアプローチがウォーターハザード越え。ただホウライよりはシビアじゃないです。が,この日はティーショットがフェアウェイ左のバンカー,そこからグリーンを狙うもののダフってショートしてウォーターハザード,という展開。


東10番,パー4。ストレート。ティーショットは軽い打ち下ろし。グリーンが右奥に伸びてて,その右手前にウォーターハザード。フェアウェイ左にバンカー。という,実に設計者の意図が分かりやすいレイアウトです。


東11番,パー3。一応右の方もグリーンが使えるはずだけど,使われているのを見たことがないです。


東12番,パー4。ダラーっと打ち上げていく,ストレートなホールです。西コースだともうちょい打ち上げホールがある印象です。



東13番,パー4。右ドッグレッグで,ランディングエリアがブラインド。右に打ちすぎても岩で跳ね返ってきそうな安心感はありますが。


これが2打目地点からの光景。けっこうな打ち下ろしで,グリーン手前に大きなグラスバンカーあり。


東14番,パー4。ここも軽い打ち上げですね。


東15番,パー3。けっこうな打ち下ろしで,谷越え。距離感を合わせるのが難しいです。


東16番,パー4。kkもブログに書いていますが,グリーンの向きを考えたらティーショットはフェアウェイの左に置きたい,でも左にはずっとクリークが走っている,と。


東17番,パー4。ティーからグリーンまでずっとダウンヒル。構造は16番と似てて,グリーン右手前にウォーターハザードがあるから左から攻めたい,でもフェアウェイ左にはバンカーが。

そして18番ホールではプレーがひどくて,写真をとる心の余裕がありませんでした。

楽天GORAの情報から計算すると,コースレートは東OUTが34.8,東INが35.6,西OUTが35.1。実感としても東INがいちばん難しいと思います。

No comments:

Post a Comment