29 Feb 2016

イギリスゴルフ #116 // Trent Park Golf Club // ロンドン駐在仲間とラウンド

この日は,最近ゴルフを始めたという,ロンドン駐在仲間のT氏夫妻とラウンドでした。他の人と一緒にまわるのは久しぶりですし,なにより「グループの中で自分がいちばん上手い」というのには慣れていないので,緊張感がありますね。

ロンドンに来てから同じタイミングでゴルフを始め,奥さんと一緒にレッスンを受け始めたというT氏。コースでは性格を反映してか,慎重なT氏に対して,気楽にどんどん打ち進めていく奥様,という対比が面白かったです。

最初の18ホール,心身ともに疲れたでしょうが,これをきっかけに,どんどんゴルフにハマってほしいと思いました。ロンドン駐在という,これ以上ない機会ですし!

そういえば,久しぶりに訪れたTrent Parkは少し改装がなされていまして,かつて10番ホールだったところが1番ホールに,そして1番パー5だったところはパー3に変わっていました。結局,この旧1番ホールではいちどもパーがとれなかった…。

29 Feb 2016

28 Feb 2016

WITB // アンヘル・カブレラのクラブセッティング // 2016年2月18日現在 // Northern Trust Open

マスターズが近づいてきて,カブレラの季節到来と言えるのではないでしょうか。たぶん。



2016年2月18日現在 // Northern Trust Open
  • ドライバー // PING G / ロフト 9.5度 / シャフト True Temper Project X HZRDUS Yellow 85 6.5X / 長さ 45.25インチ (1インチ チップカット) / スイングウェイト D4
  • 3W // Ping G Stretch / ロフト 13.25度 / シャフト True Temper Project X HZRDUS Yellow 85 6.5X / 長さ 43インチ (1.5インチ チップカット) / スイングウェイト D3
  • ユーティリティ // Ping Crossover / ロフト 18度 / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue with Cushin Insert / 長さ 39.25インチ
  • アイアン // Ping S55 (4-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue Black Onyx / 長さ +0.25インチ / スイングウェイト D3
  • ウェッジ // Ping Glide (54-SS, 58-TS) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue (Black Onyx) / 長さ +0.25インチ / スイングウェイト D6 (54), D7 (58)
  • パター // Ping Anser Milled 1 / 長さ 36インチ / ライ角 68度 / ロフト 2度
  • ボール // Titleist Pro V1X

カブレラは Ping G ハイブリッド(17度)をテスト中。シャフトは True Temper Project X HZRDUS 105 6.5。

ソース:
http://www.golfwrx.com/355382/angel-cabrera-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // アンヘル・カブレラのクラブセッティング // 2014年6月30日現在 // グリーンブライアークラシック

WITB // ブラント・スネデカーのクラブセッティング // 2016年1月28日現在 // Farmers Insurance Open

TaylorMadeの古いBurnerを使っていたスネデカーですが,ドライバーを新調したようです。



2016年1月28日現在 // Farmers Insurance Open
  • ドライバー // Bridgestone JGR / ロフト 9.5度 / シャフト Fujikura Speeder Evolution 661 (X-Flex)
  • 3W // Callaway X Hot / ロフト 15度 / シャフト Aldila Tour Blue 75X
  • 5W // Tour Stage X-FW / ロフト 18度 / シャフト Fujikura Pro Tour Spec 83X
  • アイアン // Bridgestone J15CB (4-PW) / シャフト Aerotech SteelFiber i95 S-Flex
  • ウェッジ // Bridgestone J15 (52度を51度に,56度を55度に), Titleist Vokey TVD Prototype (60-3 K Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • パター // Odyssey White Hot XG Rossie / 長さ 34インチ
  • ボール // Bridgestone 2016 B330
  • グリップ // Lamkin Crossline ACE

ソース:
http://www.golfwrx.com/346152/brandt-snedeker-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // ブラント・スネデカーのクラブセッティング // 2015年5月31日現在 // AT&T Byron Nelson
WITB // ブラント・スネデカーのクラブセッティング // 2015年2月15日現在 // AT&T Pebble Beach National Pro-Am

27 Feb 2016

WITB // K.J.チョイのクラブセッティング // 2016年2月20日現在 // Northern Trust Open

K.J.チョイのクラブセッティングです。アイアンが三浦です。



2016年2月20日現在 // Northern Trust Open
  • ドライバー // TaylorMade M2 / ロフト 10.5度 / シャフト Matrix Ozik TPHDe 6X
  • 3W // TaylorMade M1 / ロフト15度 / シャフト Matrix Speed Rul-Z A-Type 70X
  • ハイブリッド // Tour Edge Exotics EX9 Tour / ロフト18度 / シャフト Matrix Ozik Altus Hybrid X-Flex
  • アイアン // 三浦技研 CB-1007 Y-Grind (4-PW) / シャフト Nippon N.S. Pro Modus 3 Tour 120X
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM5 (50-08 F-Grind), Titleist Vokey SM6 (54-10 S-Grind), Titleist Vokey Prototype (59-08) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400
  • パター // Odyssey Tri-Hot 2 / グリップ SuperStroke Flatso 3.0 (Black/White)

ソース:
http://www.golfwrx.com/352592/kj-choi-witb-2016/

WITB // セルジオ・ガルシアのクラブセッティング // 2016年2月18日現在 // Northern Trust Open

セルジオ・ガルシアのクラブセッティングです。



2016年2月18日現在 // Northern Trust Open
  • ドライバー // TaylorMade M1 460 / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver TiNi XTS 80X
  • 3W // TaylorMade M1 / ロフト 15度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver XTS TiNi 80X
  • 5W // TaylorMade M1 / ロフト 19度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver XTS TiNi 80X
  • アイアン // TaylorMade PSi Tour (3-PW) / シャフト Nippon N.S. Pro Modus3 Tour 130X
  • ウェッジ // TaylorMade Tour Preferred EF Tour Grind (52-09, 56-12) / シャフト Nippon N.S. Pro Modus Tour 130X / スペック 52-09は50度に,56-12は58度に
  • パター // TaylorMade Monte Carlo Prototype / グリップ SuperStroke Midnight Pistol GT 1.0 with Counter Core (75 grams)
  • ボール // TaylorMade Tour Preferred X

注:ガルシアは TaylorMade M2 の3Wと5Wをテスト中。シャフトは Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver TiNi 80X。SuperStroke の S-Tech グリップを使用(blue)。

ソース:
http://www.golfwrx.com/282347/sergio-garcia-witb-2015-2/

過去のWITB:
WITB // セルジオ・ガルシアのクラブセッティング // 2015年2月24日現在 // Honda Classic
WITB // セルジオ・ガルシアのクラブセッティング // 2014年4月5日現在 // シェルヒューストンオープン

関連記事:
ガルシアとダスティン・ジョンソンがテーラーメイドのプロトタイプウェッジ「Rシリーズ」を使用中 // GolfWRX

WITB // ブランデン・グレースのクラブセッティング // 2016年2月24日現在 // Honda Classic

ブランデン・グレースのクラブセッティングです。



2016年2月24日現在 // Honda Classic
  • ドライバー // Callaway Big Bertha Alpha 816 DBD / ロフト 9度 / シャフト Fujikura Six Tour Spec 60X
  • 3W // Callaway Big Bertha Alpha 816 / ロフト14度 / シャフト Oban Kiyoshi HB 75X (05 Flex)
  • ユーティリティ // Callaway Apex UT / ロフト21度 / シャフト True Temper Project X 6.5
  • アイアン // Callaway X Forged (4-PW) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 Tour Grind (52-10, 56-11, 60-9) / シャフト True Temper Project X Rifle 6.5
  • パター // Odyssey Versa V-Line

ソース:
http://www.golfwrx.com/267201/branden-graces-winning-witb/

過去のWITB:
WITB // ブランデン・グレースのクラブセッティング // 2015年10月8日現在 // Presidents Cup
WITB // ブランデン・グレースのクラブセッティング // 2015年1月24日現在 // カタール・マスターズ

WITB // ザック・ジョンソンのクラブセッティング // 2016月2月25日現在 // Honda Classic

PXG契約となったザック・ジョンソンですが,パターはSeeMoreのままです。



2016月2月25日現在 // Honda Classic
  • ドライバー // PXG 0811 / ロフト 9度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana S+ 73X
  • 3W // Titleist 913Fd / ロフト 15度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 8.0X
  • 5W // PXG 0341 / ロフト 18度 / シャフト Project X HZRDUS Red 75X
  • ハイブリッド // PXG 0317 / ロフト 19度 / シャフト Fujikura Motore Speeder Hybrid 8.8X
  • アイアン // Titleist 712 AP1 (4), PXG 0311T (5-9) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM4 (48-06, 54-12), PXG 0311T (60) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • パター // SeeMore FGP

ソース:
http://www.golfwrx.com/345504/zach-johnson-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // ザック・ジョンソンのクラブセッティング // 2015月10月8日現在 // Presidents Cup
WITB // ザック・ジョンソンのクラブセッティング // 2015年5月31日現在 // AT&T Byron Nelson

WITB // パドレイグ・ハリントンのクラブセッティング // 2016年2月25日現在 // Honda Classic

パドレイグ・ハリントンのクラブセッティングです。ミニドライバーはもうバッグに入れていないようで。



2016年2月25日現在 // Honda Classic
  • ドライバー // TaylorMade AeroBurner TP / ロフト 9度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver XTS 60X
  • 3W // TaylorMade AeroBurner TP / ロフト 15度 / シャフト Accra Concept Series CS1
  • 4W // TaylorMade SLDR 3HL / ロフト 16.5度 / シャフト True Temper Project X 7A3 7.0
  • ハイブリッド // Wilson Staff D200 / ロフト 17度 / シャフト Accra Tour Z X-Flex
  • アイアン // Wilson Staff FG Tour V4 (4), Wilson Staff C200 (5), Wilson Staff FG Tour V2 (6-PW) / シャフト Accra Tour Z X-Flex (4), Accra 110i X-Flex (5), KBS Tour-V 125TX (6-PW)
  • ウェッジ // Wilson Staff FG Tour (52-06), Ping Eye2 Gorge (60) / シャフト KBS Tour-V 120X
  • パター // Wilson Staff Infinite Southside

ソース:
http://www.golfwrx.com/357956/padraig-harrington-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // パドレイグ・ハリントンのクラブセッティング // 2015年3月2日現在 // Honda Classic

WITB // マシュー・フィッツパトリックのクラブセッティング // 2016年2月25日現在 // Honda Classic

2015年の British Masters を制したマシュー・フィッツパトリックのクラブセッティングです。



2016年2月25日現在 // Honda Classic
  • ドライバー // Callaway Big Bertha Alpha 815 DBD / ロフト 10.5度 / シャフト Graphite Design Tour AD-MT 6X
  • 3W // Ping G25 / ロフト 15度 / シャフト Aldila Tour Blue 75X
  • 7W // Ping G25 / ロフト 21度 / シャフト Ping TFC 189 Tour Stiff
  • アイアン // Ping i25 (3-5), Ping S55 (6-9) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue
  • ウェッジ // Ping Tour Gorge (47SS), Titleist Vokey SM5 (54-10 S-Grind, 58-07 S-Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour issue
  • パター // Yes! Tracy II

ソース:
http://www.golfwrx.com/357734/matthew-fitzpatrick-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // マシュー・フィッツパトリックのクラブセッティング // 2014年4月16日現在 // RBCヘリテージ

26 Feb 2016

WITB // マット・クーチャーのクラブセッティング // 2016年2月18日現在 // Northern Trust Open

くーーーーーーち。マット・クーチャーのクラブセッティングです。いつまでSM4使っているのよ。



2016年2月18日現在 // Northern Trust Open
  • ドライバー // Bridgestone J815 / ロフト 9.5度 / シャフト Fujikura Speeder Evolution 661X
  • 3W // Callaway XR / ロフト 15度 / シャフト Fujikura Speeder 757X
  • ハイブリッド // Ping Anser / ロフト 17度 / シャフト Aldila Tour Blue Hybrid 85X
  • ハイブリッド // Ping Anser / ロフト 20度 / シャフト Accra Tour Z ST 85 (M5 Flex)
  • アイアン // Bridgestone J15 CB (5-PW) / シャフト Aerotech SteelFiber i95S
  • ウェッジ // Bridgestone J40 (52), Cleveland 588 RTX (58-12 2 Dot), Titleist SM4 (63-07) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue (52,63), KBS Tour Wedge 120S (58)
  • パター // Bettinardi KM2 D.A.S.S.

ソース:
http://www.golfwrx.com/355648/matt-kuchar-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // マット・クーチャーのクラブセッティング // 2015年2月現在
WITB // マット・クーチャーのクラブセッティング // 2014年4月20日現在 // RBCヘリテージ

24 Feb 2016

イギリスゴルフ 番外編 // 南西イングランド遠征 // Burnham & Berrow Golf Club // こんにちは,さようなら,またいつか

南西イングランドへの旅,最終日はSomersetにあるBurnham & Berrow Golf Clubでラウンドの予定だったのですが,急遽ロンドンに帰らなければいけない用事ができたので,立ち寄ってグッズだけ買いました。

http://burnhamandberrowgolfclub.co.uk/


こういうときに限って,天気がよくなるものです。


クラブハウス裏の練習グリーンから,コースの方向を眺めたところ。なんとも期待の持てる光景ではないですか!

またいつの日か,ここを訪れることができましたら……。


24 Feb 2017

WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2016年2月18日現在 // Northern Trust Open

Northern Trust Open で優勝を逃したアダム・スコットのクラブセッティングです。



2016年2月18日現在 // Northern Trust Open
  • ドライバー // Titleist 915D3 / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver TiNi XTS 70X / セッティング A2(スタンダードロフト,1.5度アップライト)
  • 3W // Titleist 915F / ロフト 16.5度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 9.2X Tour Spec / セッティング A1(スタンダードロフト,スタンダードライ)
  • アイアン // Titleist 716 T-MB (3), Titleist 680 MB (3-9) / シャフト True Temper Project X LZ 6.5
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 (48-08 F-Grind=>49度に, 54-10 S-Grind, 60-06 K-Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold AMT X100 Tour Issue
  • パター // Scotty Cameron Rev X10 Xperimental Prototype

ソース:
http://www.golfwrx.com/355808/adam-scott-witb-2016/

過去のWITB:
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2015年10月8日現在 // Presidents Cup
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2015年5月24日現在 // Crowne Plaza Invitational
WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2014年2月24日現在 // ホンダクラシック

関連記事:
アダム・スコットがショートパターを使い始めるかもしれない件 // GolfWRX // Golf Digest

23 Feb 2016

イギリスゴルフ #115 // 南西イングランド遠征 // Royal North Devon Golf Club // 通称「Westward Ho!」,イングランド最古のゴルフクラブ

南西イングランドへの旅,3日目後半。午前のTrevoseでのラウンドを終え,そのまま北に向かって再びNorth Devonの街へ。滞在するのは,ゼロ日目の夜と同じ安宿。そしてプレーするのは,Royal North Devon Golf Club,通称はその土地の名から「Westward Ho!」です。

https://www.royalnorthdevongolfclub.co.uk/

設立は1864年。設計はオールド・トム・モリス。驚くことに,これがイングランドで最古のゴルフクラブなのだそうです。それがどうしてロンドンでもなく,スコットランドに近いところでもなく,このNorth Devonの地なでしょうか。


クラブハウスも年季が入っています。


1番パー5でスタート! フェアウェイに羊の群れがいます。こちらを気にするそぶりはありません。


2番,3番とプレーンなホールが続き,4番パー4のこのフェアウェイバンカーがひとつの目玉。Prestwickの3番ホールを思い出します。


5番パー3。アンジュレーションもでてきて,リンクスの雰囲気が高まってきました。


6番パー4は,高いところからのティーショット。うねるフェアウェイが一望できます。


8番パー3。カラフルなおべべを着たお馬さんたちが,グリーン近くで草をはんでいます。


9番のティー。ゴルファーを気にする様子はまったくなく…こちらの方が怖くなります。


馬から離れ,10番から12番はプレーンな印象。13番パー5で,再び羊の群れに遭遇します。


16番パー3。なかなか見事な光景。


17番パー4。グリーン手前を公道が横切っています。


18番。スタートしたときに会った羊たちと,再びこんにちは。というか,ティーショットが右にそれ,1番ホールから2打目を打ったのでした。


イングランド最古のゴルフクラブらしく,クラブハウスの中も興味深いものでいっぱいです。


さすがは「Royal」。

草をはむ馬を筆頭に,なんともユニークな要素がいっぱいのゴルフクラブでした。ゴルフの歴史に触れたいのであれば,このコースでプレーしないわけにはいかないでしょう。


23 Feb 2016

イギリスゴルフ #114 // 南西イングランド遠征 // Trevose Golf & Country Club - Championship Course // 冬に行くところではなかった

南西イングランド遠征3日目。B&Bを6時ぐらいにあとにして,まず朝イチでラウンドしたのは,Trevoseのメインコース(Championshipコース)です。Trevose Golf & Country Clubは,ゴルフコースの他にテニスコートなども併設された,リゾート施設。ゴルフコースはメインであるChampionshipの他に,HeadlandコースおよびShortコースというふたつの9ホールコースがあります。

https://trevose-gc.co.uk/


これが全体のコースマップ。広大な敷地の大部分をメインコースが使い,周辺にHeadland,一角にちっちゃくShortコースが配置されていることがわかります。

メインコースは1925年に開設。設計はハリー・コルトということで,いわゆる「リゾートコース」ではない,骨のあるコースが期待されます。このリンク先の写真,僕が体験したコースとはぜんぜん違ってとてもいい雰囲気なんですが……(そもそもCornwallは冬に行く場所ではないということですが)。

https://trevose-gc.co.uk/champion-course-est-1925/


まだ暗いうちに到着し,第1組でのスタートを狙います。


1番ホール,打ち下ろしのパー4。これはなかなか気持ちのいい光景した。


2番パー4。打ち下ろしてから,軽く打ち上げていく。なんとなく,ハリー・コルトっぽさを感じます。


3番パー3。グリーン右手前のスロープにある3つのバンカーは,むしろ救済でしょうか。


4番,左ドッグレッグのパー5。この日は冬ならではのテンポラリーグリーンでした。その奥に,荒れ狂う冬の海。


すぐに海を背にして5番から7番をプレーし,その途中で迷ったりしながらも,8番パー3に到着。距離は長めです。


10番パー4。長いです。フェアウェイをクリークが横切ります。

この先しばらくは,雨が強くなり,コースも変化が乏しくなり,意識が朦朧としてきます。


17番パー4。あとは遠くに見えるクラブハウスに向かって進むだけです。


18番パー4,グリーン左から。ここだけ思い出したように,ソッドウォールバンカーがあります。

こんな天気じゃなかったら,もっと楽しめたんでしょうけどね。ここは他のコースとは逆で,クラブハウスに近いホールほど印象が強く,遠くに行くほどプレーンに感じました。

でも,ロンドンの同僚に聞けば,「Trevoseは好き,夏に(家族と一緒に)行くのが楽しみ」って言うヤツもいるんです。ということで,ここは冬に来るべき場所ではなかった,としておきます。

ラウンドを終えたあとは,すぐにクルマに乗って北上,North Devonのコースを目指します。


23 Feb 2016

22 Feb 2016

イギリスゴルフ #113 // 南西イングランド遠征 // St Enodoc Golf Club - Holywell Course // サブコースは半分しかプレーできず

メインコースのChurchコースを午前中にプレーしたあとは,サブコースであるHolywellコースをまわります。9つのパー3ホールと9つのパー4ホールからなるコースで,パー63,トータル4082ヤード。

http://www.st-enodoc.co.uk/the-club/holywell-course.html

なのですが,またしても前日までの雨の影響で,コースの半分はクローズドされた状態。


このコースプランでいえば,左側半分だけがプレーを許されたかたちです。ということで,コース名の由来になっている,12番ホールの「聖なる井戸」も見ることができない。残念…。


1番,打ち上げのパー4。といっても距離は非常に短い。


2番パー3。親子で一緒に遊ぶにはちょうどよさそうですね。


3番パー4。ストレートでシンプルなホールですが,景色としては面白いものがあります。


そして飛んで13番パー4。


14番パー4。アプローチはだいぶ打ち上げです。


15番パー3。


16番パー3。軽い打ち上げで,こんなグリーンコンプレックス。15番よりは難しいです。


17番パー4。


最後,18番パー3。

ということで,サブコースで半分しかできないのなら他のコースに行けばよかった,という気がしますが,ただいずれにしろ,タフなメインコースの隣にこんなサブコースがあるのは,なんともいいですね。


22 Feb 2016

イギリスゴルフ #112 // 南西イングランド遠征 // St Enodoc Golf Club - Church Course // 目玉は6番ホールの巨大バンカー

南西イングランド遠征2日目は,St Enodocで2ラウンドです。旅程としては,ゼロ日目にロンドンからNorth Devonへ移動。1日目にNorth DevonにあるSaunton Golf Clubで2ラウンドし,その日のうちにさらに南下してCornwallまで移動。2日目にCornwallでの滞在先からクルマで10分程度のところにあるSt Enodoc Golf Clubでまた2ラウンド,というかたちです。

そのSt Enodoc Golf ClubのメインコースであるChurchコースは,世界TOP100にランキングされています。そしてラウンド中もラウンド後も,そのランキングに値するクオリティはあるな,と思ったのでした。一部ウィークなホールはあるのですが,それ以外のホールがなんとも個性的でメモラブルで,何よりラウンドしていて楽しかったのです。

http://www.st-enodoc.co.uk/


1番は,ストレートなパー5。アップヒルなので,オープニングとしては少しタフに感じましたが,アンジュレーションのきいたフェアウェイや,グリーンの先に見える海など,この先に期待の持てるオープニングです。


折り返して2番パー4のあと,この3番パー4がユニーク。左ドッグレッグで,ティーショットは打ち下ろし。そしてグリーンへのアプローチは,ご覧の通り,道路を越えるかたちになります。


4番パー4。距離は短いのですが,グリーンの右が石垣でOB,左はこのスロープとバンカー。面白いグリーンコンプレックスです。


その4番のグリーンを背にして,5番パー3。打ち下ろしで,さっき横切った道路をまた横切ります。


6番パー4。このChurchコースの名物ホールのひとつです。フェアウェイの先に鎮座する大きなDuneと,その中腹にある巨大バンカー。グリーンへのアプローチはブラインドになります。緊張感いっぱいの2打目はグリーンに少しだけ届かず,寄せワンのパー。


7番,ストレートなパー4。高い位置にあるティーから,このモシャモシャを越えて1打目を打っていきます。


8番のティーから後ろを眺めたところ。少しだけ気が休まる光景です。


その8番は,パー3。リンクスによくある,グリーンが砲台,かつ,傾斜に深いバンカーがいくつも並んでいるかたちです。


9番はグリーンに向かって真っ直ぐ打ち下ろしていく,シンプルなホールですが,ご覧のように,土地のうねりがハザードの代わりになっています。


10番パー4,左ドッグレッグで,フェアウェイが狭い。グリーンの先に,コース名の由来である教会が見えます。


11番パー3は,その奥に海が見えているにしても,ちょっとウィークな印象。


12番パー4も,ちょっと印象が薄いですね。


ところが13番,アップヒルで右ドッグレッグのパー4。しかもこの日は向かい風だったので,果てしなく長く感じます。


14番のティーから右を向くと,さきほどの教会が間近に見えます。


14番パー4は軽い右ドッグレッグで,左から右に傾斜しつづけているフェアウェイを進んでいきます。その先にあるのは,こんなファンキーなグリーン。


15番,打ち下ろしのパー3。写真からの印象以上に,実際は高低差があります。


あがり3ホールはちょっとウィークですかね。この16番は,なだらかに登りつづけるパー5。


17番。これまたアップヒルで,今度はパー3。


18番,ストレートなパー4。少し高くなったティーからグリーンがまっすぐ先に見えるという点で,他にもこういう最終ホールあったよなぁ,Wallaseyだったかな,と思ったり。

といったところで,11から12番と16から17番(あるいは18番まで)の印象の薄さを除けば,どのホールも印象深く,さらにそれらのつながりまでも想起できる,とてもメモラブルなコースでした。

午後のラウンドに備えてバーでサンドイッチを食べていたら,スタッフに「6番ホール,どうだった?」と声をかけられました。やっぱり6番,気になりますよね。


22 Feb 2016