27 Dec 2015

イギリスゴルフ 番外編 // ロンドン近場のゴルフコース,M25の内側の10選 // Ver.2

1年以上前に「ロンドン近場のゴルフコース,M25の内側の10選 // Golfmagic.com」という記事を書きました。このときは英語の記事を翻訳しただけですが,1年経って少しだけ得た知識をもとに,自分なりのリストを作ってみます。カネに糸目はつけない前提です。

1. Walton Heath
Old と New の2コースがあって,Old Course は M25 の内側にふたつだけある World Top 100 コース のうちのひとつ。New Course も GB&I の Top 100 にランクインするクオリティ。戦略性と自然美を兼ね備えたインランドコースで,その名が示す通り,夏になるとヒースが咲き誇りなんとも美しい光景に。ビジターでも週末はプレー可能だが,12時以降のみ。
Postcode: KT20 7TP
http://www.waltonheath.com/

2. St George's Hill
Harry Colt 設計,1912年。ロンドン南西部 Weybridgeのプライベート超高級住宅のエリア内にあって,そのエリアへの入口のゲートをくぐるときは緊張した。Red/Blue/Greenの3コース(各9ホール)で,Red & Blue は上記の Walton Heath (Old) と並んで World Top 100 コース。Wanton Heath よりは地形の高低差があり,ホールごとのバラエティがより豊かな印象を受けた。GreenコースはRed/Blueに比べると明らかにクオリティが落ちるが,18ホールでも27ホールでのグリーンフィーは変わらなかった。ビジターは平日のみプレー可能。
Postcode: KT13 0LN
http://www.stgeorgeshillgolfclub.co.uk/

3. The Addington
John Frederick Abercromby 設計,1912年。基本的にはそのときからコースは変わっていないらしい。打ち上げパー3の1番ホールから始まり,ブラインドのティーショットあり,有名な谷超え13番230ヤードパー3など,モダンなコースではありえない大胆で楽しいホールが楽しめる。ロンドンの南,East Croydon 駅からタクシーでアクセス可能。ビジターは週末でもプレー可能。
Postcode: CR0 5AB
http://www.addingtongolf.com/

4. Hadley Wood
Dr Alister Mackenzie 設計,1922年。あの Augusta National を設計したマッケンジーのコースが北ロンドンで楽しめる,というだけで訪れる価値があると思います。戦略的に配置されたバンカー,メモラブルなパー3ホールの数々,バラエティに富んだグリーンなどなど,楽しめて苦しめられる要素がいっぱい。地下鉄 Piccadilly 線の北端,Cockfosters 駅からタクシーでアクセス可能。ビジターは週末でもプレー可能。
Postcode: EN4 0JJ
http://www.hadleywoodgc.com/

5. The Grove
スコットランドの Kingsbarns や Dunconald Links,あるいは韓国の世界トップ100コース South Cape を手がけた Kyle Phillips 設計,2003年。2006年の WGC 開催地で,2016年の British Masters 開催地。と,なんとも「good on paper」なコースですが,実際はちょっと魅力に欠けるコース(もちろん Kyle Phillips ならではの戦略的で知的なレイアウトですが)。とはいえ,ここはホテル併設のいわゆる「Getaway」で,「夫がゴルフのあいだに奥様はスパ」的な過ごし方ができます。ビジターは週末でもプレー可能。
Postcode: WD3 4TG
http://www.thegrove.co.uk/

6. Hendon Golf Club
Hadley Wood がロンドンの Dr Alister Mackenzie 設計コースなら,こちら Hendon は Harry Colt 設計のコース。設立は1903年だが,Colt がコースを今のかたちに変えたのは 1925年。もちろん Sunningdale (New) や Swinley Forest などには劣りますが,それでも北ロンドンで Colt ならではの知的で自然で美しいレイアウトを気軽に楽しめるのは,なんとも嬉しい。Northern Line の Finchley Central からタクシーでアクセス可能。ビジターは週末でもプレー可能。
Postcode: NW7 1DG

7. Finchley Golf Club
ロンドンに移り住んでからいちばんプレーしていちばん愛着のあるコースかもしれません。Northern Line の Finchley Central からバスでアクセス可能。全英オープンを5回制した James Braid 設計のパークランドコース。サマーシーズンはグリーンがピュアでとても美しい仕上がりです。瀟洒なクラブハウスのスパイクバーで食べるクラブサンドイッチがなんとも美味しい。ビジターは週末でもプレー可能。
Postcode: NW7 1PU

8. Selsdon Park
上記の The Grove 同様,ホテル併設のゴルフコースが Selsdon Park。これも ロンドン南の East Croydon 駅などからタクシーでアクセス可能。ゴルフコースとしては特筆すべきものはないですが(というかプレーしたことがないです...アップダウンの激しいコースだとは聞いていますが),週末でも20ポンド程度でラウンドできるのが魅力でしょうか。Teeofftimes.co.uk で簡単に予約が可能です。
Postcode: CR2 8YA

9. Trent Park Golf Course
このブログで何度も書いた Trent Park。設計上は特筆すべきことはあまりないパークランドコースですが,週末も早朝からプレーできるのが嬉しいところ。Piccadilly Line の Oakwood 駅から歩いていけるので,まぁ便利なコースです。
Postcode: N14 4UW

10. Farleigh Golf Club
これまたロンドン南 East Croydon 駅からタクシーでアクセス可能。Red / Blue / Yellow の,9ホール☓3ホールからなる。ここも特に何がというわけではないですが,クラブハウスがキレイなのと,グリーンフィーが手頃なのとで,「ちょっとロンドンでゴルフをしてみたい」という日本からのお客さんを連れて行くにはちょうどいいかも。

番外編-M25のちょっと外側だけど,特筆すべきコース
1. Sunningdale
Old Course と New Course の2コース,計36ホール。2コースとも World Top 100 コース というのは,世界に数あるコースの中でここだけじゃなかろうか。Old Course は Willie Park Jnr 設計,New Course は Harry Colt 設計。1日で両コースをプレーできるお得なプランもあり(ウィンターシーズンなら£160,ただし平日のみ)。
Postcode: SL5 9RR
http://www.sunningdale-golfclub.co.uk/

2. Swinley Forest
強烈なプライベートクラブで,ロイヤルファミリーのあの方とかこの方とかもメンバーという。聞くところによると,メンバーの決まった額の年会費というものがなく,毎年末にその年にかかった経費を精算して,それをメンバーの頭数で割って負担するのだとか。World Top 100 コース であります。Harry Colt 設計。
Postcode: SL5 9LE

3. Woking
GB&I Top 100 コース。Tom Dunn 設計,1893年。1926年には Walker Cup をホストし,ボビー・ジョーンズが率いるUSチームを迎い入れた。ビジターは平日ならプレー可能。
Postcode: GU22 0JZ
http://www.wokinggolfclub.co.uk/

No comments:

Post a Comment