Header Ads

イギリスゴルフ #75 // Musselburgh Links // 世界最古のゴルフコース,マッセルバラ

kkとのスコットランド遠征。マクリハニシュをあとにし,一路エディンバラへと向かいました。その流れで,ベタな名門コースばかりをめぐるのも味気ないかと思い,世界最古のゴルフコースと言われる Musselburgh Links に立ち寄ってみました。「Edinburgh」と書いて「エディンバラ」と発音するように,「Musselburgh」と書いて「マッセルバラ」と発音するのでしょう。(Wikipediaにあるように,「Burgh」は「town」に相当するような地域の単位,ってことでいいんですかね

場所的には,エディンバラ市内からミューアフィールドやノースベリックに行く人であれば,その途中に寄れるところにあります。

http://www.musselburgholdlinks.co.uk/


1874年から1889年までのあいだには,全英オープンを6回開催していたという,9ホールコース。いまは周囲を競馬場に囲まれています(というか,競馬場の中にコースがあるかたち)。いまやミューアフィールドに居を構える Honourable Company がもともとホームにしていたのが,この Musselburgh です。などという薀蓄。


クラブの貸出もしていまして,「モダン」なクラブは20ポンド,そしてヒッコリーのクラブは36ポンド。いろいろと古いゴルフに染まってみたい方はどうぞ,ってところでしょうか。なんなら昔のウエアの貸出もやってほしい。


1番は230ヤードぐらいあるパー3。その競馬場の馬が走るべきところを越えて打つ。


これが1番のグリーンで,その後ろに2番のティーで左の方に進んでいく,なんですが,そのフェアウェイの右端に,歴史を物語る写真がいくつか飾ってある。


例えばこんな感じで,世界最古のゴルフ場ですよ,とか。


2番のティー。こうやってゴルフの歴史を知るのも,ゴルフ旅行の醍醐味だなと思います。


全英オープンを6回も開催したコースでプレーする優越感たるや。


こんな感じで,しっかりバンカーが効いておりますよ。


3番。


深いバンカー。


4番,長めのパー4。これまた,馬が走るべきところを越すティーショット。


で,右に曲がると,こんなところから打たなきゃいけない(というか,ここから打ってよかったんだっけ)。すごく強い芝です。

その4番のグリーン近くにあるパブ。これがゴルフ史上最初の「ハーフウェイ・ハウス」だったのだとか。窓越しに飲み物を売ってたんですと。


すぐ外を道路が走って,すぐそこに街並みがあります。


こんな感じで,見た目が楽しいわけではないですね。


最終9番パー4は左ドッグレッグ。


ってな感じで,生きた博物館で遊んだような気分でした。正味1時間半のラウンド。話のネタには最高の訪問先だと思います。


Mon 14 Sep 2015

No comments