練習なしでゴルフが上達する3つのステップ // GolfWRX

いかにも胡散臭いタイトルの記事ですが,いわゆる「ラウンド技術」の話。

ちょうど今読んでいる本に出てくるキャディのセリフで「アマチュアゴルファーがグリーンの奥に外すなんて十中八九ない。だからアプローチショットはひとつ上の番手で打て」というのとシンクロするなぁと。

と同時に,こないだのラウンドで快心のアイアンショットが3つともグリーンに届かなかったので,そういう意味でも個人的にタイムリーな記事でした。



GolfWRX "Three steps to better golf with no practice"
http://www.golfwrx.com/290873/three-steps-to-better-golf-with-no-practice/

(拙訳&抄訳)

1.グリーンセンターではなく,バックエッジの距離を打とう


つまり,グリーンセンターまで150ヤードでバックエッジまで165ヤードだとしたら,165ヤード打つつもりで番手を選ぼうということ。

ゴルフにおけるすべてのショット(フルスイング,チップ,パット)の約90パーセントは,ショートしている。ナイスショットしてグリーンをオーバーした経験ってどれぐらいありますか? とっても稀じゃないですか?

グリーンのバックエッジまでの距離が分からない場合は,センターから10やら15ヤードプラスだと思っておけばいい。


2.パッティングではスピードのコントロールに注力する


スピードのコントロールはパッティングでもっとも大事な要素。グリーンの読みと狙った方向に打つことはもちろん大事だが,スピードがいちばん大事。特にシーズンの最初では。

注意してほしいのは:
ラウンドを始める前に,超ロングパットの練習をしておくこと
グリーン上で素振りをするとき,ホールを見るかターゲットとなるスポットを見ながらすること。誰かにボールを投げるとき,その人を見ますか,それとも自分の手やボールを見ますか?


3.グリーンのセンターを狙うこと


これはシンプル。あなたがいつもアンダーパーでまわるようなプレーヤーでない限り,ピンをデッドに狙うのではなくグリーンのセンターを狙うこと。これは統計上も確かな話。100ヤードから外のしょっとはすべて,グリーンのセンターを狙うこと。

No comments