31 Mar 2015

イギリスゴルフ #39 // Finchley Golf Club // 同じコースでラウンドする楽しさ

ロンドンに来てから「同じコースで何度もプレーする」のが増えていますが,Finchley Golf Club もそのひとつ。

http://www.finchleygolfclub.com/

ここの印象的なホールのひとつに,7番パー3があります。



バックティー(白)からは210ヤード,レギュラーティー(黄)から198ヤー,レディースティー(赤)からも171ヤードドある,ロングパー3。グリーンは右奥に伸びていて,右手前をバンカーがガード。左手前はグリーンからちょっと離れたところにバンカーが待っています。ティーからの見た目は,この写真が近いイメージ。グリーンの傾斜は左から右。



ということで,パーを取るためには,フェードで攻めたいところであります。

前に24度のハイブリッドでティーショットしたときは,曲がりはばっちりだったけど距離が足りなかったので,今度は新しく買った21度のハイブリッドで攻めたら,狙い通りにグリーン右手前に乗せられて,しっかりパーが取れました。5ラウンド目にして,初めて。同じコースで何度もラウンドしていると,こういうかたちでスキルや道具や攻め方やらを試せるのが面白いですね。

何度か書いていますが,イギリスは長いパー3が多いので,パーを取るのも必死。ロングアイアンへの憧れはすっかりなくなり,いかに今ある技量のまま道具のチカラをかりつつスコアを縮められるか,ということを考えてゴルフを楽しんでおります。


Mon 30 March 2015

No comments:

Post a Comment