Header Ads

ドライバーの飛距離を伸ばすための4つの実験 // TrackMan Golf

我ながら食傷の「飛距離」ネタで,TrackManが書いているからといって特に目新しいこともないのでザックリ書きますが,飛距離を伸ばすポイントは「打点」と「ティーの高さ」と「ドローvsフェード」と「ボール」だそうです。

まず「打点」。センターからちょい上で打とう,というのは周知の事実として,ある実験によれば,打点が違えばボールの初速は8-9mphも違うことがあるよ,と。

「ティーの高さ」はちょっと面白い視点だと思うのですが,いわく,多くのゴルファーはテンプラしたくないがために,あるべき高さより低くティーアップしている,それゆえにレベルスイングになって(結果的にはスピン量が増えて飛距離を損している)と。TrackManの実験によると,クラブヘッドスピードが100mphの人が,アタックアングルをマイナス5度からプラス5度にすると,トータルの飛距離は255ヤードから281ヤードに伸びるらしい。

「ドローvsフェード」は,よくある話。「ボール」も,いろんな種類があるから,フィッティングした方がいいですね,ということ。


TrackMan Golf "EXPERIMENT TO ADD DRIVER DISTANCE"
http://blog.trackmangolf.com/experiment-add-driver-distance/

No comments