Header Ads

TaylorMade AeroBurner ミニドライバーを打ってみた

ランチタイムに会社近くのゴルフショップに行ったらエアロバーナーのミニドライバーが目に入ったので,試しに打ってみた。

モデルはTPじゃないスタンダードの方で,シャフトは純正のフレックスはS。

まず見た目は,SLDRミニドライバーより打ちやすそうに変わっている。SLDRミニドライバーはトゥがプクっと膨らんでいて「ドライバー下手だからミニドライバー買ってるのになんでこんなフェース返しにくそうな形なのよ」って感じでしたが,エアロバーナーミニドライバーのヘッドは,普通のフェアウェイウッドに近づいて,打ちやすそうに感じた(実際の重心位置距離とかは知らないから,あくまで印象。でも印象って大事ですよね)。

たしかにフェースの厚さはSLDRミニドライバーより微妙に薄くなっていますが,これは気にならない。

そしていちばん気になっていた純正シャフト(TM MATRIX SPEED RUL-Z 60)のフィーリングですが,先も走るんだけど,手元も切り返しでぐっとしなる感覚があった。Fariwaygolfの人ともメールのやりとりしたんですが,この純正シャフトのスペックに関する公式のデータがないもんだから困るんですよね。ということで,いまドライバーやFWやハイブリッドにささっているALDILAのBLUEやROGUEなんかとはフィーリングが違うから,このままでは使いたくないです。

ってな感じでございました。

関連リンク:
いつのまにか,TaylorMade エアロバーナー ミニドライバーが発売されているようで // Fariwary Golf USA

No comments