動画 // ルーク・ドナルド Mizuno Masterclass // (6) ダウンヒルでのピッチショット

  • 状況としては,グリーンを少しだけはずして,深いラフにボールがある状態
  • ショートピッチでボールを転がす
  • ライの判断が重要。ボールが芝の上に浮いていたら,チップショットでボールをフラットに打っていくが,そんなラッキーなことは少なくて,たいがいがボールが芝に沈んだ状態にある
  • 60度のウエッジを使って,手首のヒンジを使う,ボールは少し前
  • フォロースルーを大きくとろうとせずに,クラブの重みをつかってボールを打ち出す
  • よく見る間違いは,ボールを上げようとして大きなスイングになって,重心が右足にかかること
  • ライを確認して,ランディングエリアを確認して,そこからのグリーンの傾斜を確認する


ルーク・ドナルド Mizuno Masterclass

(1) スピン量を抑えて打つ112ydのPWショット
(2) グリーン手前のピンに対して上げて止めるピッチショット
(3) ラフからバンカー越え,高さで止めるピッチショット
(4) いいライでのバンカーショット
(5) グリップの基本
(6) ダウンヒルでのピッチショット
(7) 長い距離のバンカーショット
(8) さまざまなライからの,長い距離のバンカーショット
(9) グリーン左のピンを狙うドローボールのアイアンショット
(10) グリーン手前から奥のピンに向かって打つランニング・ピッチ
(11) グリーンとカラーとの境目に止まったボールをリーディングエッジで打つ方法
(12) 向かい風の中での168ヤードのパンチショット
(13) グリーン右サイド,175ヤードのピンに向かうフェードボール
(14) 目玉になったバンカーから少しでも高い球を打つ方法
(15) 距離に応じてグリップを変えるチップ&ラン


No comments