動画 // ルーク・ドナルド Mizuno Masterclass // (5) グリップの基本


  • グリップはスイングのいちばんの基礎で,もっとも大事なものだと信じている。
  • グリップは体とクラブとの接点。グリップが正しくないと,スイングに苦しむことになる
  • 正しいグリップができているアマチュアを見ることは少ない
  • 僕が小さいときは今のグリップとは違って握っていた。昔はストロンググリップだった。子供は力が弱いから,ストロングに握ってボールを飛ばそうとしていた
  • 大きくなるにつれて,僕のグリップはトラディショナルになっていった
  • シャフトは左手の中にこう収まる(映像を参照)
  • 正しく握れていると,左手だけでヒンジができる。これがスイングで力を生むもとになる
  • 僕はインターロックで握っている。ジャックもタイガーもそうだね
  • オーバーラッピングで握っている人は多いけれど,僕はインターロックの方が,安定したフィーリングを得られる
  • 右手も同様(映像を参照)。親指と人差し指のあいだの「V」が右肩を指すように
  • 両手でグリップしても,上下にヒンジができるように。ヒンジはスピードの源
  • いつも,グリップとスタンスとポスチャーを確認するようにしている。3つの基礎で,スイングにといてもっとも大事なもの
  • ニュートラルに握るほど,ボールがコントロールできる。飛距離はそれほど気にしていない。より気にしているのは,ライン。「遠くに飛ばす」のではなくて,「正しい距離を飛ばすこと」。距離をコントロールすること
  • 左手は小指と薬指,右手は薬指と中指に力を入れる
  • グリップは適度な力で握る。クラブを支えられる程度の力で。手首が自由に使えるように
  • 僕の場合,クラブをタイトに握ると,テイクバックがインサイドになって,フェースがシャットになってしまう。適度な力で握りると,ヒンジが使えてテイクバックでトゥが上を向く


ルーク・ドナルド Mizuno Masterclass

(1) スピン量を抑えて打つ112ydのPWショット
(2) グリーン手前のピンに対して上げて止めるピッチショット
(3) ラフからバンカー越え,高さで止めるピッチショット
(4) いいライでのバンカーショット
(5) グリップの基本
(6) ダウンヒルでのピッチショット
(7) 長い距離のバンカーショット
(8) さまざまなライからの,長い距離のバンカーショット
(9) グリーン左のピンを狙うドローボールのアイアンショット
(10) グリーン手前から奥のピンに向かって打つランニング・ピッチ
(11) グリーンとカラーとの境目に止まったボールをリーディングエッジで打つ方法
(12) 向かい風の中での168ヤードのパンチショット
(13) グリーン右サイド,175ヤードのピンに向かうフェードボール
(14) 目玉になったバンカーから少しでも高い球を打つ方法
(15) 距離に応じてグリップを変えるチップ&ラン


No comments