Header Ads

動画 // ルーク・ドナルド Mizuno Masterclass // (12) 向かい風の中での168ヤードのパンチショット

  • 風に向かって打つ168ヤードのショット。普通であれば7番アイアンのフルショット。
  • 風の下にボールを通したい。フルショットでボールを打ち上げると,どこにボールが行くか分からない。
  • プロとして,ボールをコントロールしたい。風まかせにするのではなく,自分でボールの行き先を決めたい。
  • ここで僕は5番アイアンを選ぶ。普通の晴れた日であれば,200ヤードを打つクラブ。パンチショットを打つときに,長いクラブを選ぶのは重要。
  • 長いクラブを短く持って,軽く振る。これらはすべてスピン量を減らすため。弾道の高さを下げて,風の影響を減らす。
  • ボールは少し右足寄り。


ルーク・ドナルド Mizuno Masterclass

(1) スピン量を抑えて打つ112ydのPWショット
(2) グリーン手前のピンに対して上げて止めるピッチショット
(3) ラフからバンカー越え,高さで止めるピッチショット
(4) いいライでのバンカーショット
(5) グリップの基本
(6) ダウンヒルでのピッチショット
(7) 長い距離のバンカーショット
(8) さまざまなライからの,長い距離のバンカーショット
(9) グリーン左のピンを狙うドローボールのアイアンショット
(10) グリーン手前から奥のピンに向かって打つランニング・ピッチ
(11) グリーンとカラーとの境目に止まったボールをリーディングエッジで打つ方法
(12) 向かい風の中での168ヤードのパンチショット
(13) グリーン右サイド,175ヤードのピンに向かうフェードボール
(14) 目玉になったバンカーから少しでも高い球を打つ方法
(15) 距離に応じてグリップを変えるチップ&ラン


No comments