19 Feb 2015

True Temper XP 115 の分析 // Hireko Golf Blog

AMTが出てくれればそれに越したことはなさそうですが,いちおう True Temper XP 115 もフォロー……。

以下のブログに載っていた比較表などが有益でした。

Hireko Golf Blog "Introducing the True Temper XP 115 Taper Tip Iron Shaft"
http://blog.hirekogolf.com/2015/02/introducing-true-temper-xp-115-taper-tip-iron-shaft/


以下の表は,横軸がミドルアイアン用シャフトのカット後の重量,縦軸がボールの高さ。XPシリーズと,他のTrue Temperの製品と比較している。



XPラインの各モデルは同じステップパターンだが,各重量で高さが異なってくる。いちばん軽いX95がもっとも高く,スムーズなスイングの人向き。XP105はそれより重くまたそれより少し硬く,X95よりは弾道は低いが,それでも True Temper / Project X に比べると十分に高い弾道。


XP 115はさらに中弾道で, X105との大きな違いはミドルセクションの硬度が高いこと。なので,もっとフィーリングが欲しいけれど正確性を犠牲にしたくない人は,X115を検討してもいいかも。でもまたこれゆえに,X115が「bridges the gap」,製品マトリックスの隙間を埋めるポジショニングになる。

True Temper の過去のシャフトに詳しい人なら,True Temper XP 115 と Dynalite Gold XP は重量と弾道という点で非常に似ていると思われるだろう。下のグラフは,その2モデルの比較。XP115の方がわずかに(周波数的に)軟らかく,かすかにさらならるフィーリングが得られる。



おまけ。"XP Series - Intro"。

No comments:

Post a Comment