11 Mar 2015

TaylorMade が AeroBurner ラインにアイアン・ボール・ミニドライバーを投入 // Golf Digest


Golf Digest "TaylorMade adds irons, balls to AeroBurner line"
http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2015/03/taylormade-adds-irons-balls-to.html

  • 昨年11月にメタルウッドで導入された,TaylorMade の AeroBurner ラインが,アイアンとボールを加えてフルラインになろうとしている。
  • AeroBurner ラインにはミニドライバーも加わったが,ライン全体のターゲットとしては飛距離を追及するアベレージゴルファー
  • AeroBurner のアイアンは,寛容性を高め,ワイドソールでオーバーサイズの飛距離の出るアイアンとなる方向。
  • AeroBurner のアイアンの新しいソールスロットは,ボール初速を高めるだけでなく,高い打ち出しを実現するよう設計される。
  • 現在のRSiアイアンにあるフェースのスロットは,AeroBurner アイアンには搭載されない。その理由として,フェーススロットはあくまでコンパクトなフェースサイズのアイアンの寛容性を高めるものであり,AeroBurner アイアンのようなオーバーサイズのフェースには必要ではない,とのこと。また,コストもその理由のひとつであるとのこと。
  • inverted cone と呼ばれる,厚さが均一でないフェース設計になる。これで,ボールが右に飛び過ぎるのを防ぐ。
  • AeroBurner アイアンのフェースの厚さは1.7mm。柔軟性を高めるため,ロングアイアンは450ステンレススティール,ショートアイアン(8番からPW)には17-4が用いられる。
  • グラファイトシャフトのセットは800ドル,スティールシャフトは700ドル,3月18日に発売開始。
  • 飛距離性能の追及は,新しいミニドライバーでも継承。バージョン2となる AeroBurner ミニドライバーは,3月22日発売,価格は280ドル。ソールのスロットが広くなったほか,SLDRミニドライバーよりはわずかにヘッドサイズが小さくなった(操作性の向上のため)。フェースは少しシャローになり,クラウンの盛り上がりとホーゼルのフィンで,空力を考慮。
  • AeroBurner ボールは,性能と価格の観点から2種類が発売される。
  • AeroBurner Soft (1ダース20ドル,3月6日発売)は,2ピースモデルでソフトなコア,アイオノマーカバー。高弾道を実現。
  •  AeroBurner Pro(1ダース27ドル)は,3ピース。通常のアイオノマーカバーよりソフトなフィーリング。



No comments:

Post a Comment