Header Ads

テーラーメイドのR15とエアロバーナーとの違いがようやく分かりました // GOLF.com の評価も

最近勉強不足なので,テーラーメイドのR15とエアロバーナーはどういう違いがあるのだろうと思っていたのですが,この GOLF Magazine の記事を読んで,なんとなく分かりました。


GOLF Magazine "TaylorMade Unveils R15, AeroBurner Drivers"
http://www.golf.com/equipment/taylormade-r15-driver-taylormade-aeroburner-driver-drivers-2015


これによると,まずR15は
  • ロフトと重量をいじりたかったらR15
  • 12.5グラムのスライディングウェイトがふたつ(計25グラム)がソールに
    • SLDRドライバーのウェイトは20グラム
  • 新しい可変ホーゼルは上下2度ずつロフト調整が可能
    • いままでのドライバーは上下1.5度ずつ
  • 40グラムあるソールのトラックが,SLDRに比べて12mmほどリーディングエッジに近づいた。これによって,より重心が低く浅くなった。
  • テーラーメイドのテストでは,これによって打ち出し角が0.7度高く,スピン量が100rpm少なくなる(SLDR460との比較)
  • SLDRに比べてヘッドの重量は9グラム減。
  • 色は白と黒,体積は460ccと430cc,ロフトは9.5°,10.5°,12°,14°
  • 値段は$429と$499(TP shaft)

で,エアロバーナーの方は,
  • 空気力学を利用して,ヘッドスピードを向上させる
  • ヘッド重量は300グラムを下回る
  • テーラーメイドのテストでは,JetSpeedやSLDRドライバーに比べてヘッドスピードが1mphほど速くなる
  • スピードポケットが長くなり,JetSpeedドライバーに比べてスイートスポットが10%拡大
  • ホーゼルは固定
  • テーラーメイドの発表では,ソールの可変ロフトスリーブはスピードポケットのパフォーマンスにネガティブな影響を与えていただろうということ
  • ロフトは9.5°,10.5°,12°,HL(17°)
  • 値段は$299と$369(TP shaft)

ということです。ヘッドが軽いなら,空力とか関係なく,それだけでヘッドスピードが上がりそうな気がしますが。いろいろなところで書かれているように,PINGのG30から始まって,エアロダイナミクスがトレンドになっているようですが,それよりも300グラム未満のヘッドということで,むしろキャロウェイのビッグバーサVシリーズを思い出しました。


えーと,R1でひとつの極みに達したアジャスタビリティがSLDRを経由してR15に辿り着き,一方でSLDRの陰で存在感のなかったJetSpeedのスピードポケット(もとをたどればRBZに単を発する)をフィーチャーしつつ,流行りの「エアロダイナミクス」と昔の看板の「バーナー」とをミックスして存在感を高めようとしているのがエアロバーナー,という解釈でいいのでしょうか。解釈する必要もないと思うけど。


で,GOLF.com に,それぞれのモデルをもうちょっと詳しくレビューしたページがあって,まず印象的なのは,R15が「BETTER-PLAYER DRIVER REVIEWS」にカテゴライズされている一方,エアロバーナーは「GAME-IMPROVEMENT DRIVER REVIEWS」に属しているということ。


まずR15のレビューですが,目についたのは
  • 飛距離性能は抜群にいい
  • 打感はソリッドで心地よい
  • フィードバックが十分に得られるので,フェースのどこに当たったかが分かりやすい
  • 中弾道,低スピン
  • 構えやすいヘッドの形状
  • ストレートボールを打つのには向いているが,左右にボールを操るのは難しい
といった点です。オフィシャルサイトには,「Golf Digest の Hot List 2015 で,唯一20点満点を獲得」というのが自慢気に書かれています。


かたや,エアロバーナーのレビューで目についたのは,
  • 滞空時間が長く,球が上がらなくて困っている人には最適
  • スライスをフェードに,フックをドローに変える,寛容性
  • オフセンターのヒットでも飛距離が落ちない
  • 打感はハードでホット
  • クラウンのセンターが盛り上がっており,アライメントがしやすい
  • ヘッドが軽く,コントロールしにくいと感じる人もいる
  • 高弾道,高スピン
ということで,すみません,知れば知るほどR15とエアロバーナーとの違いが明確になりました。

No comments