11 Feb 2015

アゲインスト風(Headwind)とフォロー風(Tailwind)の影響 // TrackMan Golf




向かい風(Headwind,いわゆるアゲインスト)と追い風(Thailwind,いわゆるフォロー)がどれぐらいショットに影響を及ぼすか,について解説した,TrackManによる「TrackMan University」シリーズの映像。

ちなみに,「フォロー」と「アゲインスト」は和製英語で,正しくは「Tailwind」と「Headwind」。「Tail(尾っぽ)に風を感じるのが追い風,Head(額)に風を感じるのが向かい風」と私は覚えています。Tailwind は Downwind とも言いますね。しかし,向かい風のときは球が上がるから,「アゲている」という言い方は,なかなか絶妙です。

さて,この映像によると,一般的には「追い風で得する距離よりも向かい風で損をする距離の方が長い」ということで,例えば140ヤードのショットに対して,

  • 風速5mph(2.2m/s)の場合,追い風でプラス4.4yd,向かい風でマイナス5.4yd
  • 風速10mph(4.5m/s)の場合,追い風でプラス7.7yd,向かい風でマイナス11.9yd
  • 風速15mph(6.7m/s)の場合,追い風でプラス10.1yd,向かい風でマイナス19.6yd
  • 風速20mph(8.9m/s)の場合,追い風でプラス11.7yd,向かい風でマイナス28.4yd
  • 風速25mph(11.2m/s)の場合,追い風でプラス12.5yd,向かい風でマイナス38.4yd

ということで,風速があがるについてれ,向かい風の影響は追い風の2倍以上になるということです。

ようするにバックスピンとそれによる揚力の問題で,向かい風になるとボールに対する相対的な風速があがるので,よりボールに揚力が働いて,ボールが前ではなく上に進む,それでキャリーが落ちてランも短くなるということですね。なので「向かい風のときは同じ番手で強く振るのではなく(そうするとスピン量が増えるだけでさほど効果なし),ロフトが立ってる番手に変えましょう」と言っています。

No comments:

Post a Comment