17 Feb 2015

ニクラウスが語る「feel good par 3」 - The TPC Snoqualmie Ridge の13番を例にとり // Golf Digest

この The TPC Snoqualmie Ridge の13番パー3の設計については,とある本(Tom Doak "Then confidential guide" だったかな)で読んだことがありますが,設計したジャック・ニクラウスが,その背景について語っています。

Golf Digest "Working the Angles - Use the slope to feed the ball toward the pin" by Jack Nicklaus

http://www.golfdigest.com/golf-instruction/2015-02/jack-nicklaus-playing-downhill-slopes
  • ゴルフコースの設計者はゴルファーに「勘違い」をさせることでコースをタフにしようとしている。
  • いくつかのホールはチャレンジングであるべきで,だからこそゴルフは楽しいのだが,次のホールに気分よく向かっているときもまた楽しい。
  • それが,私が「"feel good" par 3」と呼ぶホールをたまに作る理由だ。
  • シアトルにある The TPC Snoqualmie Ridge の13番パー3(下図)では,飛距離がなくてもグリーンに届かせることができる。
  • グリーン右手前が下り傾斜,かつ右からの傾斜もあるので,ここにボールが転がれば,傾斜をいかしてグリーンに乗せることができる。


あと,上の図に書かれているコメントとしては,
  • ピンを直接狙うのは上級者のみで,その際は高く力強い球が求められる,
  • 中級者はバンカーをキャリーしなくともグリーン右手前に乗せることで,右から左の傾斜がボールをピンまで運んでくれる,
  • ゴルフを楽しむためには正しいティーを選択すること,距離が長けりゃいいってもんじゃないですよ,
など。

No comments:

Post a Comment