Header Ads

評価 // テーラーメイド RSi アイアンのフェーススロットは本当に機能するのか // GolfWRX



前にテーラーメイドの RSi アイアンの記事を紹介しましたが,今回は GolfWRX による,その検証記事。

アイアンソールの「スピードポケット」が縦のミスヒットに対する許容度を増したのに対してフェースに垂直に入ったスロットは「横のミスヒットに対する許容度を増す」というのがテーラーメイドのウリ文句ですが,それって本当なのか,と。

プロゴルフインストラクターのTom Stickney IIが,RSi2の7番アイアンと5番アイアンを打ってみています。


GolfWRX "Do TaylorMade's RSi Face Slots actually work?"

http://www.golfwrx.com/249677/do-taylormades-rsi-face-slots-actually-work/



まずこれが7番アイアンでのショット。黄色い方が芯で打ったショットで,白い方がミスヒット。どちらもヘッドスピードの平均は85mph,ボールスピードは 115 mph vs. 111.4 mph ということで,smash factor(ミート率)でいえばわずか0.04の違い。ミスヒット時には左右のブレがあるものの,キャリーの差は平均で4.8yd。



次に,5番アイアン。ピンクがいいショット,水色がミスショット。ヘッドスピードの平均はどちらも88pmhで,ボールスピードの違いは平均で1.3mph,ミート率にして0.02の違い。キャリーは平均で179yd対174.4ydと,その差は5yd弱。


ということで,本来であれば普通のアイアンでどれぐらいミスヒットとそうじゃないショットとの差が出るのかを見て,それと比較した上でフェーススロットの効果の有無を判断したいところですが,とりあえずテスターはこの結果に満足したようです。


関連リンク
評価 // テーラーメイド RSi 1 / RSi 2 / RSi TP アイアン // 今度はフェースにスロット

No comments