25 Feb 2015

セントアンドリュースオールドコース14番の "Hell Bunker" が改装中 // St Andrews Links Blog

冬のセントアンドリュースは,バンカーの改装の時期なんだそうです。今年7月に第144回全英オープンがセントアンドリュースで開催されますが,それに向けて,この "Hell Bunker" を含めた50のバンカーを改装中しています。

地獄のバンカー


オールドコースには巨大バンカーが4つあり,それらを1年にひとつずつ改装しているそうです。この "Hell Bunker" の改装は,去年の11月中旬に始まりました。

バンカーを安定させるためには,30cm x 50cm のサイズのターフを使います。まず4分の3ほどの高さまで作り,そこから数週間寝かせてから残りを仕上げます。全部で3000平方メートルのターフが必要になることでしょう。

バンカーのフェースは,65度の角度になるように作られます。

これまでは17番の Road Hall バンカー(あるいはトミーズ・バンカー)だけにテレビカメラ用のダクトが仕込まれていましたが,この冬の改装で,Hell Bunker にもそのダクトを導入します。全英オープンのテレビ中継で視聴者の目を楽しませることでしょう。

バンカーの改装は,ただ作りなおすだけではありません。これまではベースの土壌が粘土混じりだったので,ひとたび雨が降ると,特に冬のあいだは水がはけるまで時間がかかったのですが,今回の改装ではそのベースに砂を混ぜて,水はけをよくしています。

バンカーは3月末には使用可能になります。

St Andrews Links Blog "Rebuilding Hell Bunker"




65度の角度だとか……。

テレビカメラ用の筒?

No comments:

Post a Comment