Header Ads

プロとアマチュアのショットの精度の比較 100ydと150ydから // GolfWRX

プロとアマチュアはどれぐらいショットの精度が違うのか,というのを試してみた,GolfWRXの記事です。

被験者は以下の4人。
  • William McGirt, PGA Tour Player
  • Tom Stickney, Teaching Professional/Scratch Player
  • John, 10-Handicap
  • Howard, 15-Handicap
プロとして,PGAツアープレーヤーのウィリアム・マクガートが参加。他に,ティーチングプロフェッショナルでスクラッチプレーヤーのTom,ハンデ10のJohn,ハンデ15のHoward,という顔ぶれです。

この4人に,それぞれ100ヤードからと150ヤードから,3球ずつ打ってもらって,結果はどれぐらい違うか,という実験。

GolfWRX "Pros v. Amateurs: Shots from 100 yards and 150 yards"
http://www.golfwrx.com/271279/pros-v-amateurs-shots-from-100-yards-and-150-yards/



こちらが100ヤードの結果,水色がプロ,ピンクがスクラッチ,黄色がハンデ10,ピンクがハンデ15。使った番手はそれぞれ,54度,54度,50度,54度。

プロは平均飛距離が100.9ydで,バラつきが少ない上に,距離も正確,いちばんはずれて3.6ヤードのズレ。対してスクラッチはいちばんズレたのが5.8ヤード。そしてハンデが増えるにつれて,飛距離のコントロールができていないのが分かる。


こちらが150ヤードの結果,水色がプロ,黄緑がスクラッチ,黄色がハンデ10,オレンジがハンデ15。番手はそれぞれ,8番,8番,7番,8番。

プロの平均飛距離は150.8yd。スクラッチも飛距離はそろっているが,横のズレが見える。ハンデが増えると,縦にも横にもばらつく。そして,ベストなショットは150ヤードに近いけれど,それ以外は飛距離が足りていない。

ちなみに,これらはすべてキャリーでの飛距離。


No comments