27 Aug 2014

タイガー・ウッズのスイングの分析 // Golf Digest

タイガー・ウッズがスイングコーチのショーン・フォーリーと契約を解消,というニュースでにぎわっていますが,2000年のときのタイガーのスイングと2014年のタイガーのスイングがどこでどのようにどれぐらい違っているのか,それをさまざまなコーチが分析している,Golf Digest の記事です。




Golf Digest: What should Tiger Woods do to fix his swing? We ask top teachers to weigh in
http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2014/08/swing-theory-what-would-tiger.html

"The most obvious thing to see is that he has a tremendous forward lean with the shaft down through impact now," says Jacobs, who was the 2012 Metropolitan New York PGA Teacher of the Year. "The more that angle between the lead arm and club is increased, the more you're going to hit down on the arc, and the more you're going to skew the path to the right. With the driver, it's even more pronounced. That's why you're seeing him have to aim so far to the left and make a violent contortion with his body to try to shove the ball out to the right."

「明確に見受けられるのは,ダウンスイングからインパクトにかけて,シャフトがものすごく前に傾いているようになった」と,Michael Jacobs (2012 Metropolitan New York PGA Teacher of the Year)は語る(いわゆるハンドファーストがきつい状態)。「左腕とクラブとのあいだの角度が増えるほど,より打ち下ろす度合いが強くなる,そしてより軌道が右に寄るようになる。ドライバーでは,それがより顕著になる。だから,タイガーはかなり左に狙い,恐ろしいほど体をねじって右にボールを押すことになっている」


上の写真で,青いのは2000年のタイガーのスイング,黄色いのは2014年現在のスイングです。明らかに今のスイングではハンドファーストがきつくなっています。

ハンドファーストが強まれば,インパクトでロフトが立つので,ボールスピードは増して飛距離は伸びます。しかし,クラブが長くなればなるほど,ボールの高さとコントロールを得るのは難しくなります。ドライバーや3番ウッドでは,右へのフケ球か左へのプルフックという,両方のミスが出ます。
"On iron shots, he still returns the club to impact pretty close to where he sets up," says top teacher Bernie Najar, who is based at Caves Valley Golf Club in Owings Mills, Md. "But with the driver, he comes in with his hands much higher, and a lot of forward lean on the shaft. I haven't seen too many good drivers of the ball with that relationship.

「アイアンショットでは,インパクト時のクラブの位置はセットアップのときと非常に近い位置にあります」と語るのは,トップティーチャーの Bernie Najar。「しかしドライバーでは,手はかなり高い位置にあり,シャフトはとても前に傾いています。そのような位置関係にあるいいドライバーショットというのは,まず目にしませんね」

"I'm sure he sees his numbers on TrackMan, and he's trying to zero out his swing path," says Top 50 teacher Brian Manzella, referring to the TrackMan measurement that indicates the club is coming through impact exactly square to the path. "If you're trying to zero out your path and you're hitting down on it like he does, you have to aim left to compensate. That's something that TrackMan doesn't show."

「タイガーがTrackManの数値を目にしているのは間違いないでしょう。そして彼は完全にスクエアなスイングを目指している」と語るのは,トップ50ティーチャーの Brian Manzella。「もしスクエアな軌道にしようと思って,そして今のタイガーのような打ち下ろすスイングをしていると,左に狙いを定めないといけなくなる。それはTrackManからは読み取れないことです」
タイガーのドライバーのスイングとアイアンのスイングはかなり違っているともいいます。タイガーの今の体の状態だからこそこのようなスイングをせざる得ないのか,あるいはこのようなスイングをしているからこそ腰などをいためているのか,それはタイガーとフォーリーにしか分からないわけですが,後者の可能性が強いでしょう,という見立てもあります。

この元記事は8月7日付けで,「もし来年タイガーがメジャーを穫れなかったら,次のアイデアはショーン・フォーリーから来るのか,あるいは他の誰かから来るのか」という予言的なことも書かれていました。

26 Aug 2014

本 // 坂田信弘・かざま鋭二『風の大地』 // (16)運命,迅る

  • 「フェスキュー草一本のために,若者達の人生を変えてはいけない。20年前,私達の青臭い正義感が,ミスター・クランプトンの御子息を追いつめた。」(ハーバー)
  • 「5アイアンのパンチショットは俺の得意中の得意のショットよ。166ヤードだったらピンに絡ませることが出来る。」(河内)
  • 「ゴルフへの愛と冷静さと臆病さがあれば,少々のトラブルは越えてゆけるものだ。愛する人と冷静さと臆病さがあれば…… ニック……」(クランプトン)
  • 「よく転がるボールだ。プロが打てば永遠にでも転がり続けるのか!?」(木曽)
  • 「沖田さんの優しさに似合った美しい人。」(麗子)
  • 「クソッ,たかが風如きに俺の芸術ショットの邪魔をされてたまるか!」(河内)
  • 「来い,沖田! ここへ来いッ!! 触ってないぞ! 球は俺の靴に触ってないぞ!!」(河内)
  • 「総ては自己申告の問題であり,それ以上でもそれ以下でも無い問題です。」(沖田)
  • 「分かったか,沖田! 運はこういう具合に使うもんだぜ!!」(河内)
  • 「ロイヤル アンド エイシェントクラブより2ペナルティを課します。」(ハーバー)
  • 「打つんだよ,旦那,打たなきゃオシメエだ。旦那のボールはスパイクに触れていたんだよ。」(河内のキャディ)
  • 「当たり前さ! イングランドの奴等は大嫌いだよ。何百年も北アイルランドやスコットランドに偉そうな顔してきたんだよ!」(リリィ)
  • 「明日のバンカーの砂は重くなるぞ。プレッシャーが重くするんだ。」(クランプトン)
  • 「アンプレアブルにする……」(ニック)
  • 「所詮は野菊… 野菊の命を救い,そして死んだ青春があった……」(ハーバー)
  • 「爺ちゃんは言ったよ。この世に,絶対と言い切れることは二つしかない。生と死だって。」(リリィ)
  • 「ターンベリーの怖さは,4番から8番ホールに宿る。この「礼拝堂への道」と称されるアゲンストの5ホールで,ほとんどの者が己のスウィングに自信を失くす。そして,9番からの左横風に翻弄される。」(クランプトン)
  • 「爺ちゃんが言ってた。単純な風には単純な心で立てばいいって。」(リリィ)

タイガー・ウッズはコーチのショーン・フォーリーと決別 // Golf Digest

タイガー・ウッズがスイングコーチのショーン・フォーリーと決別したというニュースが入ってきました。ふたりの関係は約4年間続いていました。他のコーチと契約する予定は今のところないようです。



Golf Digest: Tiger Woods announces he's splitting with coach Sean Foley
http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2014/08/tiger-woods-announces-hes-spli.html
"I'd like to thank Sean for his help as my coach and for his friendship," Woods said. "Sean is one of the outstanding coaches in golf today, and I know he will continue to be successful with the players working with him. With my next tournament not until my World Challenge event at Isleworth in Orlando, this is the right time to end our professional relationship."

「コーチとして,そして友人としての,ショーンの尽力に感謝したい」とタイガーは語った。「ショーンはこんにちのゴルフ界でも有数のコーチのひとりであり,彼のもとでプレーヤーが成功を収め続けるだろう。World Challenge まで次の出場大会がない今こそ,私とショーンとのプロフェッショナルとしての関係を終えるにはもっとも適したタイミングだろう」
ショーン・フォーリーは,タイガー・ウッズにとって,ブッチ・ハーモン,ハンク・ヘイニーに続く,3人目のコーチだった。彼らが最初にともに望んだ大会は,2010年の全米プロ選手権だった。偶然にも,このニュースは,フォーリーのもうひとりの生徒であるハンター・メイハンがザ・バークレイズで6度目のPGAツアー優勝を飾った翌日のことだった。
"My time spent with Tiger is one of the highlights of my career so far, and I am appreciative of the many experiences we shared together," Foley said in a statement. "It was a lifelong ambition of mine to teach the best player of all-time in our sport. I am both grateful for the things we had the opportunity to learn from one another, as well as the enduring friendship we have built. I have nothing but respect and admiration for him."

フォーリーは声明でこう語っている。「タイガーとともに過ごした時間は,私のキャリアの中でもっとも輝かしいときのひとつであり,ともに経験できた多くの物事に対して感謝している。ゴルフ史上最高のプレーヤーのコーチをすることは私の長年の望みだった。互いに学び会える機会をもてたことに感謝しているし,また,私達が築いた友情にも感謝している。タイガーに対しては,尊敬と賞賛の言葉以外みつからない。」
タイガー・ウッズがショーン・フォーリー時代に成し遂げた最大の偉業は,2013年シーズンの5勝が挙げられるだろう。

25 Aug 2014

WITB // ハンター・メイハンのクラブセッティング // 2014年8月24日現在 // ザ・バークレイズ

FedExカッププレーオフシーズンの第1戦,ザ・バークレイズを制したのは,最終組のジェイソン・デイでもジム・フューリックでもなく,ハンター・メイハンでした。メイハンといえば,2013年のRBSカナディアンオープンで2日目を終えて2打差の首位だったのに奥さんの出産に立ち会うために棄権,ということがあっただけに,こういうビッグタイトルをとってよかったなぁと切に思います。



2014年8月24日現在 // ザ・バークレイズ
  • ドライバー // Ping G25 / ロフト 9.5度 / シャフト Aldila Rogue 70X / 長さ 45.25 inches (tipped 1 inch) / バランス D4
  • 3W // Titleist 913 F.d / ロフト 15度 / シャフト Fujikura Motore Speeder 757 X
  • ハイブリッド // Ping i25 / ロフト 17度(アクチュアルロフト 18度) / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana White Board 90X / 長さ 40.75インチ / バランス D3
  • アイアン // Ping S55 (3-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue / バランス D2
  • ウェッジ // Ping i25 / ロフト 54度,59度 / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 / バランス D4 (54), D5 (60)
  • パター // Ping Scottsdale TR Anser 2 / 長さ 34 inches (2-degrees flat) / ロフト 3度
  • ボール // Titleist Pro V1x
PGAでオレンジといえばリッキー・ユタカ・ファウラーの専売特許みたいなところがありますが,メイハンのこのグリップ(Golf Pride MCC ブラック・オレンジ)もずっと気になっていたり。



DGツアーイシューのUSチームバージョンを挿しているんですね。ライダーカップにかける思いかな。



ソース:
http://www.golfwrx.com/100528/hunter-mahan-witb/


24 Aug 2014

イギリスゴルフ #5 // Finchley Golf Club // ちょっと高めだけどクオリティは高いフィンチリー

ロンドン北部にある Finchley Golf Club に行ってみました。地下鉄の Northern Line の West Finchley か Mill Hill East 駅が最寄り。地下鉄に乗っている時間は短いという意味では近いのですが,駅からはちょっと歩きます。West Finchley からは20分弱,Mill Hill East からは10分ほど。週末ビジター12時ティーオフでグリーンフィーはひとり45ポンドなので,高めといえば高め。トローリーのレンタルは4ポンドかかりました。

入り口


週末にビジターでもプレーできるとはいえ,基本的にはメンバーシップのしっかりしているゴルフクラブであるという印象を受けました。クラブハウスは立派で,レストランエリアはゴルフウェアではなくスマートカジュアルに着替えないと入れないみたいです。それとは他にバーエリアがあって,ここはラウンド前・中・後に軽食やドリンクが買えます。当然スルーでラウンドですが,12番を終わってクラブハウスに戻れるようになっているので,そこで一休みしました。

クラブハウスは瀟洒な雰囲気


コースは基本的にフラットですが,フィニッシングホールズの16番から18番までははっきりとしたアップダウンがあります。というか,このあたりは「ティーショットは打ちおろし,2打目が打ち上げ,長めのパー4」という感じで,単調といえば単調。記憶に残っているのは1番ホール(短めパー4,グリーンがまできれいに見渡せる打ちおろし),10番ホール(黄色ティーから240ヤードのパー4,1オンを狙いたいがバンカーが阻む),12番ホール(クラブハウスに向かって打つパー3,アゴの高いバンカーが気になる),あたりです。

芝質は良好。特にグリーンはコンパクションが硬めでボールの転がりも良く,アンジュレーションというよりは傾斜が強い。なかなか打ってて楽しいグリーンでした。

絶好のゴルフ日和

練習場がないかわりに,こんな鳥かごが

バーエリア

ラウンド前にバーエリアでサンドイッチを購入

12番パー3はクラブハウスに向かって打つ

芝質は良好です

野生のリスに遭遇

隣のホールとは距離が近い

ピン位置によって旗の色が違います

12番のバンカーからクラブハウスを望む

左が13番のティー,右が18番のグリーン


駅から歩くのと値段が高めなので気軽にはいけないですが,ぜひまたプレーしたいコースでした。


Sat 23 Aug 2014

21 Aug 2014

ライダーカップ不出場に関するタイガー・ウッズのコメント

数日前のニュースなので遅きに失した感はありますが,念のため。タイガー・ウッズが,ライダーカップには出ませんということを自ら表明しました。

Tiger Woods didn't think he could win a point if he played in the Ryder Cup
http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2014/08/tiger-woods-didnt-think-he-cou.html
"Physically I just couldn't do it. I wouldn't be ready and not being ready for my teammates, for the captain, assistant captains and everyone who's involved in the event, I just wouldn't be ready and I just couldn't help the team. Every time your name's called -- and when you're on that team your name could be called five times and trust me, I've played all five sessions, some guys have played one -- but when your name's called, your name's called and you need to be able to go out there and get a point. And I just didn't feel like I could be ready enough where I could get a point, and with that being said, it was time to shut it down, get stronger and get more explosive again and get back for next year."

「肉体的に,どうしようもありません。しかるべき準備ができなく,キャプテンやチームメイト,副キャプテンやその他このイベントに関わるすべての人たちに対して見合う準備ができません。チームの力になることができない。名前が呼ばれるときはいつも,そしてチームにいるときは5回名前が呼ばれる可能性がありますが,そして私は5セッションすべてをプレーし,あるプレーヤーは1回だけですが,とにかく,名前が呼ばれ,名前が呼ばれ,そして試合に望んでポイントを稼ぐ必要がある。そして私はただ,ポイントを稼ぐための十分な準備ができているように思えないのです。ということで,ここで幕を閉じ,より強く,より爆発的な力をつけて,来シーズンに臨みます」

ということで,悔しさがにじみ出ながらも,非常に真摯なコメントだと思います。USチームキャプテンのトム・ワトソンもタイガーの側から率直な表明が出されることを待っていたけれど,果たしてその通りになりましたね。タイガーが出ないのは残念ですが,USチームの顔ぶれには期待したいと思います。

20 Aug 2014

マキロイがホールアウトしたときは,本当に真っ暗だった(テレビでは伝わらない) // PGA

こないだマキロイがが全米プロ選手権でホールアウトしたときは暗かったですが,その暗さはテレビでは伝わらなかったよ,というのを伝える写真がこちら。



PGA: It was really, really dark at Valhalla when Rory McIlroy won on Sunday
http://www.pga.com/news/golf-buzz/it-really-really-dark-valhalla-when-rory-mcilroy-finished-out-pga-championship-win

Twitter@Bsterba
https://twitter.com/Bsterba/status/499674112777003008

18 Aug 2014

イギリスゴルフ #4 // Trent Park Golf Course // ロンドン北部のパブリックコース

先週末は,ロンドン北部にある「Trent Park Public Golf Course」でラウンドしました。地下鉄 Piccadilly Line の Oakwood 駅から歩いてすぐ。僕が住んでいるところからは,バスと地下鉄を乗り継いで,1時間弱で着きます。

13時半ティーオフで,グリーンフィーは18ホールで24ポンド,ほかにトローリーが4ポンドかかりました。レギュラーティー(黄色ティー)からでトータル5842ヤード,パーは70。レディースティー(赤ティー)からだと5587ヤードのパー72になります。全体的に,イギリスの赤ティーは日本のコースのように極端に前にある(ヤーデージが短い)ということはなく,黄色ティーの近くに自然な流れで置かれ,パーを調整している(たとえば黄色がパー4で赤だとパー5とか)というように見受けられます。

ドライビングレンジは75球で6ポンドぐらい。スクールも併設しているというか,コーチがレッスンしている光景も見られました。あと,いままで見た中では,ここのプロショップはとても広く,充実しています。「次の火曜日はキャロウェイのフィッティングイベントを16時からやるから,遊びにきなよ」とか言われました。

クラブハウス横にある憩いの場


コースは全体的にストレート。ちょっとだけアップダウンがありました。フェアウェイ上にある数本の木がティーショットのラインを狭めているような,トリッキーなホールがいくつかありました。それ以外は,フェアウェイも広く(というかフェアウェイとラフの区別がほとんどなく),割と気楽に打っていけるホールが大半です。

バンカーの砂もふかふかしていたので,普通にバンカーショットが打てました。スルーザグリーンの芝質はぼちぼち。グリーンの芝もそこそこいい感じでしたね。ただ前にカップが切られていたところは明らかに段差があったり土が見えていたりというのが残念。

1番ホールは左ドッグレッグのパー5。2打目から打ち下ろし

これで17時すぎ

2番ホール。ティーショット打ち下ろしてからの打ち上げ。長いパー4

6番パー4。これもティーショットのラインを木が遮っている例

木の雰囲気が日本とは違いますね。1番パー5のアプローチ。


アクセスもよく,値段も手頃で,プレーしていてもなかなかおもしろいので,また近々行くと思います。


Sun 17 Aug 2014

15 Aug 2014

本 // 坂田信弘・かざま鋭二『風の大地』 // (15)運命の序章

  • 「二日目迄は全英オープンのセレモニーみたいなものだ。全英オープンの初日は三日目だ。明日は今日以上に丁寧にやれ。」(クランプトン)
  • 「ラグビーボールを100ヤード飛ばせる様な本当の馬鹿力のある奴は,サンドウェッジなど使わん。7アイアンだ。フェスキュー草をブチ抜くもんだ。」(クランプトン)
  • 「俺に迷惑かけるなと言った筈だ。」(河内)
  • 「ああ…… 悔しさはバーディの数に換えて行け。」(クランプトン)
  • 「痛さなんてのは集中力で薄めることが出来る。しかしシビれてる内はどうにもなるまい。不運な奴よ。」(クランプトン)
  • 「僕はアンタのためにゴルフをしてるんじゃない。勘違いしないでくれ。」(沖田)
  • 「横風のボールは転がせ。前後の風は上げて行け。それがターンベリーの攻め方だ。」(クランプトン)
  • 「この馬鹿者が! 痛い時は痛いと言え,苦しい時は苦しいと言え,それが人間だ!! 我慢すりゃ悲しみが残るだけだ! 我慢なんてクソの役にも立たねえ!!」(クランプトン)
  • 「そういえば今,何か硬いものを踏んだ様な気がしたが,日本から来た客人のボールだったのかな?」(クランプトン)
  • 「貴男の御子息,クランプトン・ジュニアと同じクラスであり,貴男にゴルフを教わったジェームス・ハーバーです。」(ハーバー)
  • 「イングランドの侯爵が,どうして競技委員としてコースに立っているんだ!? 帰属の肩書きをつけたお前達は,白いテントの中かクラブハウスの中でふんぞり返ってりゃいい。それが似合いだ!」(クランプトン)
  • 「昨日迄と違うメンテナンスさ。多分,傾斜面を叩いたんだと思うよ。芝目が滑り台みたいにツルツルだ。」(リリィ)
  • 「予選ラウンドよりもいつもは気付かない部分の難度を上げてきてるのか?」(沖田)
  • 「周りの音や人声がよく聞こえる時は,心が守りの態勢に入っています。そんな時は,プレー速度を変えなさい。空を眺め,深い呼吸をして,肩と背中の力を抜きなさい。」(小針)
  • 「絶対という言葉は口に出すな。絶対なんてのは生と死だけだ。この世に,特にスポーツに絶対は無い。1㎝のパットでも外す可能性はある。」(木曽)
  • 「今,卒業論文を考えています。少し静かにして下さらない?」(麗子)
  • 「風だ! 風の方向を読み切った者が全英では勝つ。」(クランプトン)
  • 「貴男は突然いなくなった! 貴男がゴルフ界を去られた理由が分からない! 貴男は間違いなく世界の頂点に立った人だった。なのに何故,突然に!?」(木曽)
  • 「日本人とゆうのは限度を知らない民族のようだな。その辺り,ゲルマン民族に似たところがある……」(クランプトン)
  • 「プレッシャーが来た時,風の音もインパクトの音も途切れることがある。音を求めて行け。音の彼方に最終ホールが待っていると思え。」(クランプトン)
  • 「この大地は悲しすぎる……」(木曽)
  • 「今迄,日本のプロにこの1番ティの余裕が無かった。四日間,同じ気構えで1番ティに立つ難しさは分かる。でも,それが出来なければ世界の頂点は遠い。」(木曽)
  • 「俺は…… 7年間,この位置で撮ってるが,キャリーでバンカーに入れた奴は,初めてだ!!」(TVカメラマン)
  • 「小馬鹿は駄目だが,大馬鹿には期待出来るものがある。大馬鹿は立派な才能だ…」(クランプトン)
  • 「ニックの死んだ翌年,ターンベリーのコースに異常とも思える程の野菊が咲いた。あれは弔い咲きだったのか……!?」(クランプトン)
  • 「音で分かる。飛距離も方向もな。時にはスウィングさえも分かる。音だけが,俺のゴルフ仲間よ。」(クランプトン)
  • 「オキタに言っておけ。風の大地に生きるつもりなら,音を捨てるなと……」(クランプトン)

14 Aug 2014

「改善」がつねにいい結果を生むわけではない // GolfWRX

Is trying to get better always a good thing?
http://www.golfwrx.com/237847/its-not-always-good-to-try-and-get-better/

タイガー・ウッズはかつて“I don't want to be the golfer I was in 2001, I want to be better”(僕は2001年のときの自分のようなゴルファーになりたくない。もっと上手くなりたいんだ)と語ったようですが,その「もっと上手く」を求めたことがアダになっているのが今のタイガー・ウッズだ,ということを言っています。マキロイはその「2001年のタイガー」(いわゆる「タイガースラム」を達成した年ですね)に近い状態にあるというのが筆者の見立てですが,そのマキロイに対する筆者のアドバイスは,「さらに上を目指すな」ということ。「改善」ではなくて「維持」で十分であるし,タイガーもそれをやっていたら今ごろグランドスラムは25勝ぐらいしていたんじゃないの,と。

面白かったのは,このくだり。
During the broadcast on the Sunday of Rory's 2014 PGA Championship victory, Ian Baker Finch made reference to a time in his career that he made a grip change and it "ruined my career, really." That was after he had won the British Open. Stewart Cink had a similar experience after his Open Championship win. So did David Duval. John Mahaffey, a fine tour player and major winner, has said the same of his game: "too much tinkering." Bill Rogers, the leading money winner on Tour in 1981 and The Open Champion, decided he needed to hit the ball further. He never won again. And then there's the story of Raplh Guldahl, a back to back US open winner in the 30's, who lost his game after writing a "how to" book on golf! The irony is biting.

マキロイが全米プロ選手権2014を制した日曜日のテレビ中継で,イアン・ベーカーフィンチは自らのキャリアに触れて,グリップを変えたことが「自分のキャリアを本当に台無しにした」。それは彼が全英オープンを制したあとのことだった。スチュアート・シンクも,全英オープン優勝後に同様の経験をしている。デビッド・デュバルもしかり。ツアーの名選手でメジャー優勝者でもある John Mahaffey は,「あまりにもいじくりすぎた」と振り返っている。1981年の賞金王で全英チャンピオンのビル・ロジャースは,もっと飛距離が必要だと決断したが,その後はまったく勝てなかった。1930年代に全米オープンを連覇した Raplh Guldahl は,ゴルフの「ハウツー本」を著したあとに自らのプレーを見失った。なんとも皮肉なものだ。
ジャック・ニクラウスやサム・スニード,あるいはゲーリー・プレーヤーが上位にいつづけられたのは,プレーを「維持」したからだろうと,筆者は語っています。ベン・ホーガンも「秘密」を発見したと言ったが,いちど発見したあとは決して変えることがなかったと。

アマチュアプレーヤーも同じで,筆者はいわゆる「片手ハンデ」の人から「どうしたらハンデをゼロにできるか」と訊かれることがあるけれど,片手ハンデは十分にすばらしく,そこから何かを変えようとするときは注意しなければいけない,えてして必要なのは「大改造」などではない,ということです。
We all have a core golf move, so you have to work within that basic structure. One of the secrets to Butch Harmon's success with tour players is that he embodies a style of teaching that fits the individual. I've spoken with him about this, and he has said many times: "If a player does something very naturally, just stay with it; make that the basis around which you work."

私たちには動作の核がある,その基本構造に沿わなければならない。ブッチ・ハーモンの成功の秘訣のひとつは,個々のプレーヤーにあったティーチングのスタイルをかたちにしているということ。このことについて彼と話す機会があったが,ブッチ・ハーモンは何度もこう語っている。「もしプレーヤーが何かをとても自然に行なっていたら,tだそのままにしておく。それを基礎にして,そこからスイングを築いていく。
バンドエイドで十分なときに手術をする必要がないよ,ということですね。モンティ・パイソンの「蚊をバズーカ砲で殺す」スケッチを思い出します。


"Strokes Gained" の観点から,全米プロ選手権2014でのマキロイ優勝を分析する // PGA Tour

先の全米プロ選手権でマキロイを優勝に導いたのはどんな要素か。『ゴルフデータ革命』の著者でもあるマーク・ブローディの分析です。もちろん"Strokes-Gained" の観点からの分析です。



PGA Tour "Total strokes gained at the PGA"
http://www.pgatour.com/statsreport/2014/08/11/strokes-gained-at-the-pga.html

McIlroy led in strokes gained from the long game (shots starting outside of 100 yards from the hole), gaining nearly three strokes per round on the field. That represented 70 percent of his total gain of 4.1 strokes per round against the field. He was second in strokes gained-driving and fifth in stokes gained from approach shots, with each contributing a gain of 1.4 strokes per round. (About the only reason McIlroy wasn't first in strokes gained-driving was his tee shot on the fourth hole in the third round that led to a penalty stroke.)

マキロイはロングゲーム(ホールから100ヤードより長いショット)の strokes gained がトップで,1ラウンドで約3打の差をフィールドとつけた。これは,フィールドに対してトータル4.1打差の70%を占める。ドライバーの strokes gained は2位で,アプローチショットの strokes gained は5位,それぞれ1ラウンドで1.4打差をつけたことになる。(マキロイがドライバーの strokes gained で1位にならなかった唯一の理由は,3日目4番ホールのティーショットでペナルティが発生したことによる)

On the front nine of the final round, McIlroy's 36 strokes lost 1.7 strokes compared to the field average of 34.3. He closed out the tournament with a 32 on the back nine, gaining 4.1 strokes against the field average of 36.1. On the back nine, McIlroy's putting gained zero strokes on the field, so all of the gain came from his off-green shots.

最終日のフロントナインで,マキロイの36打はフィールド平均の34.3に対して1.7打多い。バックナインは32打で,これはフィールド平均の36.1打から4.1打少ない。バックナインでのマキロイのパッティングによる strokes gained はゼロなので,この4.1打の差はすべてグリーン外でのショットから生まれている。

Several of McIlroy's shots on the back nine were strokes gained standouts. From the fairway on the par-5 10th hole, McIlroy gained 1.2 strokes with his 280-yard second shot, which left him a 7-footer for eagle. McIlroy said the "eagle to get back to one behind with eight holes to play was massive." On the par-4 13th hole, McIlroy gained 0.8 strokes with his shot from 91 yards that left him a 2-footer for birdie.

バックナインにおけるマキロイのショットのいくつかは,素晴らしい strokes gained をもたらしている。10番パー5ホールのフェアウェイから,マキロイは280ヤードのショットを放って1.2打の strokes gained を獲得した。このショットではピンまで7フィートの2オンに成功した。「残り8ホールでトップに1打差につけたイーグルは,とても大きかった」と,マキロイは語っている。13番パー4ホールで,マキロイは91ヤードのショットをピンまで2フィートにつけ,0.8打の strokes gained をした。

On the par-4 17th hole, McIlroy's birdie gained 1.2 strokes on the field, with the gain split nearly equally between his 150-yard shot from the sand to 10 feet and his holed putt. McIlroy said, "My fairway bunker play has not been great over the past couple of years. But I was able to produce a great shot at the right time. To hole that putt on 17 was huge and just to give me that little bit of a cushion going up the last made the tee shot slightly easier on 18."

17番パー4ホール,マキロイはバーディーを獲得して1.2打の差をフィールドとつけた。これは主にフェアウェイバンカーからの150ヤードのショットをピンまで10フィートにつけたのと,そのあと1パットでバーディーを決めたことによる。「僕のフェアウェイバンカーからのショットはここ数年良くなかったけど,しかるべきときにいいショットが打てた。17番でパットを沈めたことはとても大きかったし,18番のティーショットにかかるプレッシャーを少し軽くしてくれた」と,マキロイは語っている。

Two other strokes gained standout shots were his 210-yard tee shot on the 11th to 13 feet (gain 0.5 strokes) and his 176-yard approach on the 12th to 8 feet (gain 0.6 strokes), but he didn't convert either birdie putt.

その他, strokes gained に大きな貢献をしたショットはふたつあり,ひとつは11番の210ヤードのティーショットをホールまで13フィートにつけたこと(0.5打の strokes gained)と,12番での176ヤードのアプローチショットを残り8フィートにつけたこと(0.6打の strokes gained)だ。しかしいずれもマキロイはバーディーパットを決められていない。

Here's how McIlroy's play in the PGA Championship compares to his play throughout the season:

以下は,マキロイの全米プロ選手権でのプレーを,彼の今シーズンのプレーと比較したものだ:


Here's a strokes gained breakdown of the top 12 finishers at the PGA Championship:

以下は,全米プロ選手権の上位12名の strokes gained の内訳である:



関連リンク:
「パット・イズ・マネー」はもう古い?
本 // Broadie, "Every Shot Counts"
本 // マーク・ブローディ『ゴルフデータ革命』プレジデント社

ゴルフ データ革命
ゴルフ データ革命
posted with amazlet at 14.08.13
マーク・ブローディ
プレジデント社
売り上げランキング: 5,074

ゴルフバッグの正しい担ぎかた // Golf Digest

クルマで移動する人にはほとんど関係ない話でしょうが,電車で移動し,担ぎでラウンドするような人にとっては,重要な問題。



Golf Digest: How to carry your carry bag
http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2014/08/how-to-carry-your-carry-bag.html
Walking and carrying your bag is a solid workout, but sometimes walkers complain of back pain. If you're feeling some pain, don't give up on walking and carrying: The way you're carrying your bag could be contributing to the problem. I talked to Seth Enes, the chief designer at bag manufacturer Sun Mountain, to see how carry bags should be carried. Here are five tips he passed along that are a must for anyone carrying their own bag:

ゴルフバッグを担いで持ち運ぶのは立派な運動だけど,たまに背中の痛みをうったえる人がいる。もし痛みを感じていても,あきらめないで。バッグの担ぎかたに問題があるかもしれないから。バッグメーカーである Sun Mountain のチーフデザイナー Seth Enes に,バッグをどう担ぐべきか話をきいた。5つのコツを紹介します:

1. Adjust the straps on the bag so you feel that "the weight is evenly distributed on each shoulder."

1. ストラップの長さを調節して,両肩に感じる重さが均等に感じられるようにすること。

2. The bag should be leaning at a 20-to-25-degree angle across your back.

2. バッグは20度から25度の角度で背中にかかるようにすること。

3. Feel the bag resting against the small of your back—no higher or lower.

3. 背中のくぼんだ部分にバッグが当たるようにすること。それよりも高くても低くてもダメ。

4. Always walk tall.

4. 常に背筋を伸ばして歩くこと。

5. Avoid carrying with only one strap because this can lead to muscular-imbalance injuries.

5. 片方のストラップだけを肩にかけるのはやめること。なぜなら,筋肉のバランスがくずれてケガをする恐れがあるから。
僕はストラップを右肩だけにかけていました(両肩にかけるとクラブの重さでバッグが右に傾いてクラブがこぼれ落ちそうになるから)。ストラップの長さを調節すればいいんですかね。さっそくやってみます。

12 Aug 2014

全米プロ選手権終了後の,ライダーカップUSチームキャプテン トム・ワトソンのインタビュー

全米プロ選手権終了後に,トム・ワトソンのインタビューが行なわれました。ライダーカップUSチームの選考について語っています。もちろんタイガー・ウッズに話題は集中するわけですが,それ以外にも興味深いやりとりがありました。かいつまみます。

PGA: 2014 U.S. Ryder Cup team interview with: CAPTAIN TOM WATSON
http://www.pga.com/pgachampionship/interviews/2014-us-ryder-cup-team-interview-captain-tom-watson
TOM WATSON: it's been a pleasure over the last couple years, especially this last year, to get to know some players out there, some of the younger players ‑‑ in fact, all of them are younger, and to have a chance to get inside their heads, be able to play golf with them and to get to understand who they are as a person and really create some new friendships, some new understandings.

トム・ワトソン:ここ数年,特に昨年は,何名かのプレーヤーを知り得たこと,特に若いプレーヤーを知り得たことを,喜ばしく思います。実際,彼らはみな若い。彼らの頭の中身を知る機会をえたこと,彼らとともにプレーをし,彼らがどのような人物なのかを理解できたこと,新たな友情や相互理解を気づけたことを,嬉しく思います。
いまなおメジャーで若いプレーヤーと同じ舞台に立つトム・ワトソンらしいコメントですね。
My job as a captain is to inspire them, if I can, and the motivation is there. And I can tell you without hesitation that the motivation is there in each one of these players. I've talked with them, I've been with them, I've played with them. Their comments to me, the conversations I've had about how they feel about The Ryder Cup have left it very clear that these players are motivated to the nth degree to win this Ryder Cup. And that's all I ask of them. That's all you can ask of a player.

キャプテンとしての私の役目は,彼らを鼓舞すること。もし私がそれをできれば,モチベーションはすでに彼らの中にある。ひとりひとりのプレーヤーがしっかりとモチベーションを持っているということは,ためらいなく言うことができる。私は彼らと話し,彼らとともにすごし,彼らとともにプレーをしてきた。彼らが私に語ってくれたこと,彼らがどのようにライダーカップについて感じているかということからは,彼らがいかにライダーカップでの勝利に燃えているかということを,非常に明確に物語っていた。それこそが,私が彼らに求めるすべてだ。

With that said, you look at The European Team, and yes, on paper they look stronger than the American Team. But our team, they have got that motivation from 2012 that I'm going to lay on them as I've said in the past. But I think that's a great motivator.

とはいえ,ヨーロピアンチームを見るに,数字の上では彼らがUSチームをうわ待っているように見える。しかしわれわれのチームは,2012年の雪辱に燃えるモチベーションがある。

As far as Tiger is concerned, I will continue to speak with Tiger over the next three weeks to monitor his situation. Obviously he has not been playing well, but I think it's been a result, as you well know, of his injury and his coming back from back surgery. Again, I will monitor his situation and be continually talking with him.

タイガーに関しては,この先3週間,彼の状況を見守るために,彼と話し続けるつもりだ。明らかに彼の調子はよくないが,それはみなさんご存知の通り,怪我のせいだし,手術からも回復していない。繰り返すけど,私は彼の状況を見守って彼と話し続けるよ。

Well, the most important thing is his health. I've said it consistently all the way through the issue with Tiger after his injury. If he's healthy and is playing well, I'll pick him. Right now, his health is not good. And whether that can change in the next three weeks, as I said, I'll monitor the situation. I'll be talking with him, and as far as his playing ability is concerned, I'll monitor that, as well.

そう,もっとも重要なのは,タイガーの健康面だ。彼が手術したあと,私はことあるごとに話してきた。もし彼が健康で調子がよければ,私は彼を選ぶ。今現在は,彼の体調はよくない。それがこの先3週間で変わるかどうか,言ったとおり,私は状況を見守るつもりだ。
というタイガーの話のあとで,記者とのこんなやりとりも。
I want the players that are in the best form by September 2, and these players, they know that. They know that. I got a text last night from one of the players who is not on the team and it said, "I am playing well, I've got a new driver and I'm going to make you pick me." That's the type of attitude I've consistently had from a lot of players; I want to make you pick me, and I like that.

私は9月2日までに最高の状態にあるプレーヤーがほしい。プレーヤーの側もそれを知っている。昨晩,まだチーム入りしていないプレーヤーのひとりから,テキストメッセージをもらった。何が書かれていたかというと,「僕は調子がいいです。新しいドライバーも手にしました。あなたが私を選ぶようにします」。これこそが,私が多くのプレーヤーからずっと受け取ってきたタイプの姿勢だ。私を選んでほしい,そういうのは好きだね。

Q. That text wasn't from Tiger, was it? (Laughter).
TOM WATSON: Actually Tiger said that to me in our conversation: "I want you to pick me."
Q. Did he say anything about the driver?
TOM WATSON: Didn't say anything about the driver.

Q. そのメッセージはタイガーからではなかったですか?(笑い)
トム・ワトソン:実際,タイガーは私に「僕を選んでほしい」と言ってきたよ。
Q. タイバーはドライバーについて何か言っていましたか?
トム・ワトソン:ドライバーについては何も言っていなかったね。
USチームでポイントランキング外でドライバーが新しい……,誰でしょうね。
I think it really directly comes from Tiger, how he assesses himself, because Tiger, he has a directness to him. He's just like me. I'm direct and he's direct. The main thing is I can't really ‑‑ I can't assess his medical condition and I honestly can't assess how he's playing. It really is going to be having to come from information from Tiger himself.

タイガーが自分自身をどう思っているか,それはタイガーから直接来るものと思う。なぜならタイガーは自分に関して率直だからね。彼は私みたいだね。私も率直だし,彼も率直だ。私ができないのは,彼のメディカルコンディションを調べることだし,正直に言って,彼のプレーの調子をはかることもできない。そういう情報は,タイガーから直接出てくるべきものだと思う。

Yeah, that was wonderful. That was wonderful. I love Phil. A lot of times you don't know what you're going to get; it's like that old box of chocolates thing. You never know what you're going to get with Phil.

(ミケルソンが全米プロ選手権で活躍したことに関して)ああ,素晴らしかったね。私はフィルが大好きだ。多くの場合,何が起こるか分からない,古いチョコレートボックスみたいなものだ。フィルからは何が飛び出すのかまったく分からない。

When you look at how confidence works, confidence works from you hitting good shots and then confirming you hit good shot after good shot after good shot. And Rickie's there right now. That's the type of player that you want on your team, a guy that has confidence in what they are doing. Now when they hit a bad shot, it's not the, ‘oh, no, what's going to happen next’. It's that he can brush it off and say, okay, that's just a bad swing, which we all have in a round of golf.

(リッキー・ファウラーの今シーズンのメジャーでの活躍について)いいショットを打ってそれを確認してそしてまたいいショットを打ってというのを繰り返して,ようやく「自信」というのは力になる。そしてリッキーは今まさにその状態にある。そういうタイプのプレーヤーがチームにほしい,自分のしていることに自信をもっているヤツを。悪いショットを打っても,「あーあ,次は何が起こるのやら」というようなのじゃなくてね。リッキーなら,悪いショットもさらっと流して,「オーケー,今のはただ悪いスイングだった,ゴルフをやってたらみんなこんなことがあるさ」と言えるね。

I wish he was playing for my team, I can tell you that. He's playing great.

(優勝したマキロイについて訊かれて)言っちゃうけど,私のチームの一員だったらと思ってしまうね。彼のプレーは素晴らしかった。
Again, Rory is ‑‑ I just like the guy a lot. I mean, I like his manner. I like the way he plays. He reminds me of me, the way I play. He just picks it up, gets on with it. He's ready to go. He plays his shot and takes the consequences. Finds it and hits it again. Right now, he's driving the ball better than anybody in the game. He has confidence in the driver ‑‑ when you have confidence in the driver that he has right now, and you have the ability to hit the ball as far, the game is easy. And he knows it and everybody else knows it.

マキロイは,私は彼のことが好きだ。つまり,彼の立ち居振る舞いが好きだ。彼のゴルフが好きだ。私のプレーを思い起こさせるね。さっとプレーして,どんどん乗っていく。ショットをして,結果を受け止める。そしてまた次のショットをする。今現在,彼のドライバーは他のどのゴルファーよりもいい。マキロイはドライバーに自信を持っている。今の彼のようにドライバーに自信を持っているときは,そして遠くに飛ばせる力があるときは,ゲームは簡単になる。彼はそれを知っているし,他のみんなもそれを知っている。

11 Aug 2014

WITB // ロリー・マキロイのクラブセッティング // 2014年8月10日現在 // 全米プロ選手権

「手に汗握る」とはまさにこのことかという,全米プロ選手権2014の最終日でした。ウェットなコンディションでランが出ないなか,10番パー5でマキロイは2打目グリーンまで282ヤードを3番ウッドでピン左2メートルと,しっかりとバーディー奪取。本人も語るように,これが流れを変えて盤石のサンデーバックナインとなりました。それにしても,ウォズニアッキとの婚約破棄したあとのマキロイは強いですねぇ。

2014/3/1現在からはおおむね変化がないですが,マキロイの優勝クラブセッティングです。


2014年8月10日現在 // 全米プロ選手権
  • ドライバー // Nike Covert Tour 2.0 / ロフト 8.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Silver TiNi 70TX
  • 3W // Nike VRS Covert 2.0 / ロフト 15度 / シャフト Fujikura Rombax Pro 95(X-Flex)
  • 5W // Nike VR_S Covert / ロフト 19度 / シャフト Fujikura Rombax Pro 95(X-Flex)
  • アイアン // Nike VR Pro Blades(4-9) / シャフト Royal Precision Project X 7.0
  • ウェッジ // Nike VR Forged / ロフト 46度,52度,56度,59度 / シャフト Royal Precision Project X 6.5
  • パター // Nike Method 006 Prototype
  • ボール: // Nike RZN Black

ソース:
http://www.golfwrx.com/186417/rory-mcilroy-witb-2014/

関連リンク:
BMW選手権での勝利に貢献したマキロイの新ウェッジ

WITB // ヘンリク・ステンソンのクラブセッティング // 2014年8月10日現在 // 全米プロ選手権

今年の全米プロ選手権は,大接戦で面白かったですね。最終的にはマキロイの勝利となりましたが,ヘンリク・ステンソンの健闘も素晴らしかったです。



2014年8月10日現在 // 全米プロ選手権
  • ドライバー // Callaway X2 Hot / ロフト 9度 / シャフト Oban Kiyoshi Tour Limited / 長さ 45.5インチ
  • 3W // Callaway Diablo Octane Tour / ロフト 13度,ブルー / シャフト Grafalloy Blue / +0.5インチ
  • 5W // Callaway X Hot Pro / ロフト 17度 / シャフト Grafalloy Blue / +0.5インチ / グリップ Golf Pride Tour Wrap Full Cord(テープ2重巻)
  • アイアン // Callaway Legacy Black Irons(3-PW) / シャフト N.S. Pro Modus3 120X / +0.5インチ / グリップ Golf Pride Tour Wrap Full Cord(テープ2重巻)
  • ウェッジ: Cleveland 588 RTX(52度,58度) / シャフト N.S. Pro Modus3 120X / +0.5インチ / グリップ Golf Pride Tour Wrap Full Cord(テープ2重巻)
  • パター // Odyssey White Hot #7
  • ボール // Titleist ProV1X
ソース:
http://www.golfwrx.com/186275/henrik-stenson-witb-2014/

一説には,ドライバーより飛ぶといわれるステンソンのスプーン。青いシャフトが気になっていたのですが,グラファロイブルーだそうで。


10 Aug 2014

WITB // フィル・ミケルソンのクラブセッティング // 2014年8月7日現在 // 全米プロ選手権

全米プロ選手権3日目を終わって気づいたら10アンダーまでスコアを伸ばしていたミケルソン。セッティングは頻繁に変えていると思うのですが,全米プロ選手権でのセッティング情報がありました。



2014年8月7日現在 // 全米プロ選手権
  • ドライバー // Big Bertha Alpha / ロフト 8.5度 / セッティング ライ角ニュートラル,ロフト1度プラス,グラビティコア down / シャフト Mitsubishi Rayon Fubuki J 60X
  • 3W // Callaway X Hot Pro 3Deep / シャフト Mitsubishi Rayon Fubuki K 70X
  • ハイブリッド // Callaway X2 Hot Pro / ロフト 18度 / シャフト Mitsubishi Rayon Kuro Kage Black 90X / 長さ 41インチ
  • アイアン // Callaway X-Forged '13 (4-PW) / シャフト KBS Tour-V 125X
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 Tour Grind (56-11T), Callaway Mack Daddy 2 (60-12U), Ping Eye2 XG (64) / シャフト KBS Tour-V 125X
  • パター // Odyssey Versa #9 / グリップ SuperStroke Slim 3.0 (Black/White)
  • ボール // Callaway SR-3
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=50&witb=%2F93446%2Fphil-mickelson-witb-2%2F

ウェッジのセッティングが,さすがミケルソンといったところですね。

WITB // ベルント・ウィスバーガーのクラブセッティング // 2014年2月18日現在 // WGCアクセンチュア

全米プロ選手権初日を6アンダーで終えたもうひとりが,オーストラリアのベルント・ウィスバーガー

GDOによれば,「オーストリアの男子プロゴルフ界をリードする存在。アマチュア時代は母国で数々のタイトルを獲得し、2006年にプロ転向。2010年に欧州2部ツアーで2勝して頭角を示すと、以降はレギュラーツアーに定着。12年には「バランタイン選手権」でツアー初勝利を飾ると、母国開催の「ライオネスオープン powered by グリーンフィニティ」も制してシーズン2勝を挙げるブレイクを果たした」そうです。



2014年2月18日現在 // WGCアクセンチュア
  • ドライバー // Titleist 913D3 / ロフト 7.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana W-Series 80X
  • 3W // Titleist 913 F.d Low Spin / ロフト 13.5度 / シャフト Fujikura Rombax P95 X-Flex
  • アイアン // Titleist 712U (2,3), Titleist CB Forged (4-PW) / シャフト Royal Precision Rifle Project X 6.5
  • ウェッジ // Titleist Vokey TVD (51, 56 bent to 55), Titleist Vokey SM4 (60) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • パター // Scotty Cameron Select
  • ボール // Titleist Pro V1X
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=2727&witb=%2F185083%2Fbernd-wiesberger-witb%2F

タイトリスト契約。ドライバーのスプーンもロフトが立ってますね。

トム・ワトソンはライダーカップのキャプテンピックで誰を選ぶか // GolfWRX

全米プロ選手権でタイガー・ウッズが予選落ちをし,かつ腰の状態が良くないことが明らかだったので,「トム・ワトソンはライダーカップのプレーヤー選考での悩みがひとつ減ったね」という記事がありました。このGolfWRXの記事はタイガーの予選落ちが決まる前に書かれていたものではありますが,選考に際しておさえるべき点などが書かれており,読む価値がある記事だと思いました。



Analyzing Tom Watson's Potential Ryder Cup picks
http://www.golfwrx.com/234937/analyzing-tom-watsons-potential-ryder-cup-picks/

以下が全米プロ選手権終了前のUSチームのポイントランキングであり,ランキング上位9名は自動的にチーム入り,残り3名を,キャプテンであるトム・ワトソンが指名するかたちになります。
  1. Bubba Watson
  2. Jim Furyk
  3. Jimmy Walker
  4. Rickie Fowler
  5. Matt Kuchar
  6. Jordan Spieth
  7. Patrick Reed
  8. Jason Dufner
  9. Zach Johnson
  10. Phil Mickelson
  11. Keegan Bradley
  12. Brendan Todd
  13. Ryan Moore
  14. Chris Kirk
  15. Webb Simpson
  16. Harris English
このうち8位のダフナーは全米プロ選手権初日終了後に首の痛みを理由に棄権,クーチャーも大会直前になって背中の負傷で棄権を発表と,USチームはいろいろ困難を抱えています。

そして記事では,ライダーカップのプレーヤー選考にあたってのポイントを5つ挙げています。

1. 多彩さ(versatility)が重要
ライダーカップのチームは,フォーボールとフォーサムの形式に適したゴルファーを必要とする。そういうゴルファーがいれば,あるゴルファーの調子が悪くてもチームはそのプレーヤーに頼る必要はない。

2. 迷ったときは,経験より若さを重視
近年のUSチームのキャプテンの多くは,他のどんな要素よりも経験を重視してきた。しかし経験があっても,ライダーカップのプレーヤーとして使えなければ意味がない。「若さ」の何がいいかというと,もし若いプレーヤーがノッている(hot hand)場合,キャプテンは彼のスタミナを心配することなく使い続けることができるから。

3. パットの名手よりもショートゲームの名手を選ぶこと
パットの名手は確かに役立つが,歴史的にみてライダーカップで活躍したのは,ショートゲームがうまい人。というのも,すべての局面でパットに頼るわけにはいかないが,ショートゲームの実力というのは安定しているので。パーを拾い続けて相手チームにプレッシャーをかけることが,マッチプレーでは大事。

4. フォーボール形式ではバーディーが重要
筆者の好きなフォーボールのチームは,2008年のブー・ウィークリーとJ.B.ホルムズの組み合わせ。

5. フォーサム形式ではボギーを避けることが大事。互いを補完する関係の組み合わせがいい
個々のプレーヤーがボギーを叩かないからといって,組み合わせたときにうまくいくとは限らない。たとえばフィル・ミケルソンとジム・フューリックのように。

そこで,現在のポイントランキング9位以下のプレーヤーのスタッツを見てみる。


この中でまず,ザック・ジョンソンは間違いなく選ばれるべき。前回のライダーカップでもいいプレーをしたし,今年はラフからのプレーもいい。飛距離がある方ではないが,パー5でのプレーも素晴らしい。

以下のプレーヤーは好ましくないだろう。
  • Matt Every (poor driving and par-4 play).
  • Erik Compton (poor driving, poor iron play, poor bogey rate).
  • Webb Simpson (poor 175-to-225 yards play)
  • Brendon Todd (poor 175-to-225 yards play)
  • Kevin Stadler (poor par-4 play)
ライダーカップのコースは基本的に175から225ヤードのショットが大事になるので,そこからのプレーがよくないプレーヤーは外す。また今回はパー4のホールが11あるので,パー4でのプレーがよくないプレーヤーもはずす。

ということで,ピックアップすべきプレーヤーは以下に絞られるのではないか。
  • Phil Mickelson
  • Keegan Bradley
  • Ryan Moore
  • Kevin Na
  • Harris English
  • Brian Harman
この中でキーガン・ブラッドリーは選ばれるべき。ドライバーもいいし,長いアプローチショットもショートゲームもパッティングもいい。筆者は,フィル・ミケルソンも選ばれるのではないかと見ている。そして,ケビン・ナにも注目。

9 Aug 2014

ロンドンでインターネット手配するならRelishがラクだと思う

仮住まいのサービスアパートメントはWi-Fiがあるから問題ないんですが,新しくアパートメントに引っ越すにあたり,インターネットを手配する必要がありました。

イギリスでは BTVirgin Media といったところが,「bundle」と呼ばれるかたちで,ネットからテレビから固定電話からをセットで提供するサービスがあり,これにしようかと思ったのですが,でも絶対工事の手配に手間がかかって時間もかかるだろうしなー,ということで棄却。

その代わりに契約したのが Relish で,日本だと WiMAX が提供しているような,いわゆるモバイルインターネットです。



こんな感じで,サイトの作りが親しみやすくその上洗練されており,郵便番号を入力するとだいたいどれぐらいの速さのコネクションが得られるか分かり,夕方4時だったかまで申し込むと,翌日にはルーターを届けてくれます。なんともスピーディーでハンディーなサービス。

ルーターが届いたら,電源入れるだけで,設置は完了。いろんなプランがありますが,12ヶ月契約で初期費用なしの月々20ポンドとか,そんな感じ。ただし申込時に銀行口座の入力が必要です。

ロンドンではいろんなところで日本にくらべてサービスのレベルが低いと感じることがありますが,その一方で日本よりだいぶ進んでいるなと感じる物事もあり,この Relish も,そのうちのひとつです。

2014/8/10 追記:
しかし,アパートに届いて初日は快適に使えていたけれど,2日目以降はまるでつながりが悪く,契約をキャンセルしなきゃいけない状況。

ということでコールセンターに電話して,さっさとキャンセルしてしまいました。封筒が送られてくるので,それを郵便局に持っていけばいいみたい。

とりあえずのインターネット接続は BT wifi with FON の1ヶ月契約にしておいて,その間にケーブルテレビと合わせてブローバンドの契約をします……。

8 Aug 2014

評価 // PINGドライバーG30 // GolfWRX

GolfWRXのPING G30ドライバーの評です。

長所として「G25より許容度が増して,低スピン。タービュレーターは本当に働き,テストでは約1mphほどヘッドスピードが向上」,短所として「アダプターが前のモデルとの互換性がないこと,スピン量の多いゴルファーはG30でも最適なスピン量にはならないこと」を挙げ,「なぜPINGはG25に比べて飛距離が7ヤード伸びる」ことを謳わないのか,とまで言っています。星は5点中4.9と,ほぼ満点。



GolfWRX: Review: Ping G30 Driver
http://www.golfwrx.com/226339/review-ping-g30-driver/

まず記事では,「G25はかなり許容度の高いドライバー(most forgiving driver)だったけれども,G30の許容度はさらにそれを上回っている」としています。

で,当然とりあげるべきポイントは,タービュレーターですね。



クラウンについた,6本の畝,といえばいいのかしら。この働きは下のビデオを観ていただくとして,このタービュレーターのおかげで,460平方センチメートルのクラブヘッドにかかる空気抵抗は,それよりも約100平方センチメートル小さいヘッドと同じぐらいだというのです。PINGのテストによると,G25と比べたときに平均して0.7mph(0.3m/s)ほどヘッドスピードが上昇するのだとか。


G30はG25にくらべて約150rpmほどの低スピンを実現しているそうですが,やり方としては近年のテーラーメイド(低浅重心)とは異なり,その重心を低く深く配置したようです。T9Sというチタンフェースのマテリアルは,G25に採用された Ti 8-1-1 よりも軽くて強度が高く,その分4グラムの重さを自由に配置できるようになったのだとか。



基本的には,重心が浅くなると慣性モーメント(MOI)が小さくなって,オフセンターでのヒット時にボールスピードが落ちる,とうことで,他の条件が一緒であれば,深重心のクラブというのは,一般的に以下の3つの利点があります。
  1. 慣性モーメントを増やすので,オフセンターでのヒット時にもボールスピードが落ちにくい
  2. インパクト時にフェースが上を向く,これはドライバーでの飛距離を出す方法のひとつである
  3. インパクト時にフェースが閉じる(つまり「球がつかまりやすい」),これによってスライスやフェードの可能性が減る
ってな感じで,G30に有利な材料が出揃ってきましたね。



G30ドライバー(ロフトは9度,10.5度,12度)は,PINGのカウンターバランスシャフトTFC 419D が純正でささっており,長さは45,75インチ,シャフトの重さはフレックスによって53グラムか63グラム,フレックスは Soft R,R,S,X。アジャスタブルホーゼル(いわゆるカチャカチャ)で,ロフトがプラスマイナス1度ずつ調整できます。

悪いニュースとしては,スリーブにこれまでのモデルと互換性がない,ということだそうです。



ルック&フィールですが,クラウンのタービュレーターは「気にしない」という人と「嫌い」という人とにわかれているようです。



打球音は,G25よりも小さくなっているようです。


ってな感じで,この GolfWRX の記事ではG30を絶賛,「このドライバーがこの先数年の中でベストなドライバーじゃないとしたら,ショックを受けるよ」とまで言っております。



WITB // ライアン・パーマーのクラブセッティング // 2014年3月2日現在 // ホンダクラシック

全米プロ選手権初日を6アンダーで終えたもうひとりが,アメリカのライアン・パーマー

彼は,1976年生まれで,プロ転向は200年。テキサス A&M 大学出身。PGAツアーではキャリア通算3勝,FedExカップランクは現在38位,世界ゴルフランキングは63位。今年の彼のスタッツを見ると,ドライビングディスタンスで24位,ホールあたりのイーグル数で12位,フェアウェイバンカーからのGIRが64.1%で3位,175-200 ヤードからのGIRが65.38%で2位,などというのが目につきます。



2014年3月2日現在 // ホンダクラシック
  • ドライバー // TaylorMade Burner SuperFast 2.0 / ロフト 9.5度 / シャフト UST Mamiya VTS 1700,69グラム
  • 3W // TaylorMade Rocketballz Stage 2 HL / ロフト 16.5度 / シャフト Accra AXIV XE80
  • 5W // TaylorMade R9 / ロフト 19度 / シャフト Accra AXIV XE80
  • ハイブリッド // Callaway X2 Hot / ロフト 20度 / シャフト UST Mamiya Proforce VTS 100HX
  • アイアン // Fourteen Driving Iron (3), Titleist AP2 710 (4-9) / シャフト Aldila Prototype (3), KBS Tour (4-9)
  • ウェッジ // TaylorMade ATV (50度,54度), TaylorMade xFT (60-06) / シャフト KBS Tour (50, 54), True Temper Dynamic Gold Tour Issue (60)
  • パター // Odyssey Dual Force Rossie II
  • ボール // Titleist Pro V1
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=550&witb=%2F180131%2Fryan-palmer-witb%2F

契約ついてないのかな。中古ショップめぐりが好きな人,みたいなセッティングですね。

全米プロ選手権2014 初日 // バルハラGC 7Hの攻め方 // ルーク・ドナルドとロリー・マキロイ

今の住まいでは全米プロのテレビ中継が見れないので,PGAツアーのサイトで地味にスコアを追っています。

面白かったのが,バルハラGC 7番ホールでの,ルーク・ドナルドとロリー・マキロイとの対照的な攻め方の違いが見れたことです。結果はどちらもバーディーでしたが。

そもそもバルハラGCは,ジャック・ニクラウスの設計。その造形が「人工的だ」ということで批判的な記事を見かけました。全長は7458ヤードで,7番ホールは約600ヤードの設定。





GDOの記事の記事によると,
ティグラウンドからグリーンまでホールを縦断するように走るクリークによって分けられた、左右2つのルートが用意されている。セーフティな3打目勝負を求めるなら、クリークを右から回りこむようにフェアウェイが続く右ルート。果敢に2オンに挑むなら、ハザードが囲む狭いフェアウェイから最短距離を狙う左ルート。
ということになります。コースのサイトによると,
Hole No. 7, with its split fairway, offers a definite risk vs. reward approach. The shorter route to the left fairway shortens the hole by more than 50 yards. However, the landing area is only 24 yards wide and the entire left fairway is surrounded by bluegrass rough and a water hazard. The approach from this island fairway will be a carry of 210 to 230 yards, all over water. The fairway to the right is the longer but safer route, although this route too has been made more challenging by narrowing the fairway by 15 to 20 yards. The fairway bunkers on the right side of the fairway have been enlarged and moved closer the fairway. The water hazard has been expanded to the very edge of the green to surely drown any approach shot missing to the left.

ふたつに分かれるフェアウェイは,まさに「リスク対リワード」の構図。短いルートの左のフェアウェイから攻めれば,50ヤードはショートカットできるが,着地点は24ヤードの幅しかなく,ブルーグラスのラフとウォーターハザードに囲まれている。アイランドフェアウェイからのアプローチショットは,キャリーで210から230ヤードが必要。右ルートは長くて安全だが,フェアウェイの幅が15やら20ヤードのところも。フェアウェイ右サイドのバンカーは大きく,フェアウェイに近い。ウォーターハザードはグリーンのエッジぎりぎりまで広がり,アプローチショットを左にミスすると水の餌食に。

で,マキロイの場合。左ルートで,ティーショットが300ヤード,残り225ヤードから2打目229ヤードで,ホールまで18フィート。そこから2パットでバーディー。





次にルークの場合。右ルートで,ティーショットが269ヤードで残り316ヤード。2打目はレイアップで211ヤード,残り115ヤード。3打目をホールまで3フィートに寄せて,バーディー。





ってな感じで,攻めのルートがいくつか用意されているのは面白いですが,でもあまりスケール感を感じないのは,やっぱり設計が作為的に見えるからかな。