30 Apr 2014

本 // 古屋晋一『ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム』春秋社

もちろんこの本はゴルフとは直接的な関係はないし,この本の内容自体(ピアニストの身体技法は脳科学的見地からどのように分析されるのか)に興味があって読んだのですが,同じ身体技法として,もしかしたらゴルフスイングにも何か参考になる点があるかもしれないです。

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム
春秋社 (2013-01-18)
売り上げランキング: 11,125
  • 1990年代以降,脳を研究することを可能にするさまざまな実験装置や研究手法が開発され,世界中で,この分野の研究が長足の進歩をとげています。
  • 筋力の違いではないとすると,ではいったい,ピアニストの「超絶技巧」を可能にしているものは何なのでしょうか? 実は,ピアニストとそうでない人の決定的な違いは「脳」にある。そのことが,1995年頃から徐々にわかってきました。
  • 同じ速さで同じ指の動きをしているにもかかわらず,活動している神経細胞の数は,ピアニストのほうが,音楽家ではない人よりも少ないということがわかったのです。
  • 「ピアニストの脳は,たくさん働かなくても複雑な指の動きができるように,洗練されている」。
  • ピアニストの手指を動かす神経細胞は,長年の練習によって,複雑な指の動きを生み出しやすいように特殊な変化をとげていたのです。
  • 私たちの脳というのは,一般に「使えば使うほど増え,使わなければ減る」という性質を持っています。
  • たとえばオーディオのケーブルを高品質のものに変えると音質が良くなるように,脳の中のケーブルを包む鞘が発達すると,運動技能が向上するといったことが起こるのです。
  • 11歳までにおこなう練習は,すればするほど鞘を発達させるが,12歳以降は,練習をたくさんすれば鞘が発達する,というわけではないということです。
  • 最近では,自分の身体の動きを頭の中で鮮明にイメージすることによって,運動機能が実際に高まる,ということも知られています。
  • 両手を動かすときには,脳が左右両方が働いています。実はこのとき,左右の脳をつなぐ「橋」の役割をするところ(脳梁)を通って,脳から筋肉に送られる信号の一部が,反対の脳に漏れているのです。
  • ピアニストがピアノの音を聴いているときには,音を聴くための神経細胞だけでなく,なんと,指を動かすために働く脳部位の神経細胞も同時に活動していることがわかりました。
  • かのショパンも,「最良の先生は,自分の耳だ」という言葉を残しています。
  • 「楽器を弾けば弾くほど,耳が良くなって,わずかな音色やハーモニーの違いが聴きとれるようになり,音楽を深く繊細に感じられる」というわけです。
  • 学校教育の中で音楽の時間が減らされてしまうと,これまでは当然とされてきた子供の認知機能や感覚機能,あるいは言語機能などの発達に,思いがけない悪影響が出てくるおそれがあります。
  • いわば,楽譜の情報を「圧縮」することができるのです。
  • ピアニストにも3代疾病と言えるものがあります。腱鞘炎,手根幹症候群,フォーカル・ジストニアです。
  • ゴルフでは,パッティングのときだけ身体が固まって動かなくなる「イップス」という病気がありますが,これもフォーカル・ジストニアとの関連が指摘されています。
  • 現在主流になりつつあるのは,「不適切な身体の使い方や弾き方(ミスユース)が,演奏によって身体を傷める引き金となる」という考え方です。
  • 研究の結果,ピアニストのほうが,音楽家でない人よりも,遅筋が発達していることを示唆する結果が得られたのです。
  • 脱力というと,単に,筋肉を弛める,リラックスさせる,というふうに語られることが多いのですが,それだけでは身体はそもそも動きません。
  • ピアニストは,手を持ち上げるために収縮した力こぶを弛めることで,重力に任せて腕を落下させ,打鍵していたのです。
  • 脳にとっては,筋肉を収縮させるよりも弛めるほうが,大変な作業なのです。
  • ピアニストのほうが,初心者よりも,肩の筋肉(三角筋全部,大胸筋)の仕事は大きいということです。
  • これから鳴る音をイメージせずに打鍵すると,必要以上に強く鍵盤を叩いてしまうということです。
  • 指同士が独立に動かない原因は,腱同士や筋肉同士が結合していることだけではなく,脳の神経細胞同士も独立していないこととも関係しているのです。
  • 私たちの研究グループが用いた(モーションキャプチャ)システムは,アニメ『のだめカンタービレ』における演奏シーンのCGを作成する際にも使用されました。
  • 私たち人間の脳は,言葉を話しているときにも,次にどんな音を発音するかによって,あらかじめ口の動かし方を変えるということをおこなっています。
  • 脳が筋肉に「収縮しなさい!」と送る指令にはノイズが混ざりますが,その量は,筋肉が大きな力を発揮するときほど増えるという性質があります。
  • 「1日練習しないと自分が気づき,2日しないと批評家が気づき,3日しないと聴衆が気づく」
  • 鍵盤の加速のしかたによって,ハンマーのしなりかたが変わるので,ピアノの弦とハンマーが違った当たり方をする可能性が出てきたのです。
  • 音楽を聴いてゾクゾクするときに働く脳部位は,食事や,非合法ドラッグの摂取,性的な刺激によって快楽を感じるときに働く部位と同じだったのです。

29 Apr 2014

「河口湖カントリークラブ」で再び100切れず!

たまには千葉以外のゴルフコースに行ってみよう,日本を去る前に富士山を眺めておこう,ということで,河口湖CCに行きました。

河口湖CCに興味をもった理由はふたつあって,ひとつは以前書いた通り,映画『ロスト・イン・トランスレーション』のなかでビル・マーレイがプレーしたコースだから,そしてもうひとつはコース設計がロバート・ボン・ヘギ―(ホウライCCや西那須野CCの設計でもおなじみ)だから,です。

せっかくなんで,ビル・マーレイのプレーする映像を再掲します。河口湖CCは東・西・南の3コース計27ホールあるなかで,これは南コースの2番ホール,Par5。


都心からの旅程としては,新宿駅西口から出ている高速バスで富士急ハイランドまで行き,そこからタクシーでだいたい2500円。10時半ティーオフで,ランチは40分ぐらい(短い),ホールアウトが15時半すぎ。帰りはコースから河口湖駅までタクシーでだいたい3000円弱,ほうとうを食べたあとまた高速バスで帰ってきました。
山小屋風。
古いけど雰囲気のあるクラブハウス。

で,クラブハウスは間違いなく古い建物なんだろうけど,古臭くなく,むしろ歴史の積み重ねを感じさせる雰囲気がありました。いいコースに来たんだな,という期待感が高まります。
練習場から富士山を臨む。

クラブハウスから練習場まではちょっと歩きますが,目の前に広がるこの富士山! 午前中は曇っていたので空と富士山の雪がなじんで写真はきれいに撮れなかったですが,見慣れていない者にとっては圧巻です。チッピンググリーンとバンカー練習場も充実してたので,できるだけ早めにコースについてたっぷり練習したいところ。 ちなみに,練習場と南コースは近いので,南コースからティーオフの場合は,練習場からそのままコースに行くのがよろしいかと。(カートの移動はキャディーさんにまかせておいて)
グリーンは8.0フィート。遅い!

グリーンはスティンプメーター8.0フィートでした。先週知人がラウンドしたときは7.8フィートだったとか。このへんはメンバーさんの意向が反映されているのか,先日の雪の影響で芝にダメージを与えないようにしているのかは,さだかではありません。上りで逆目だとほんとにボールが止まります。
標高1075メートルでございます。

標高が高いから,理屈の上ではボールは飛ぶんでしょうけどね。残念ながらそれは感じなかったですが。
富士山に向かって打っていくのはいいもんだ。

コースは,さすがロバート・ボン・ヘギー設計だけあって,自然をうまくいかしつつ,バンカーが随所に配置されていて,パーをとるのは容易ではなかったです。 Par3ホールは,地形の高低差を生かした(といえばいいのか,単調といえばいいのか)打ち下ろしになっているところが少なからずあって,舞う風と併せて距離をあわせるのが難しいですね。Par5ホールも,距離が長くて打ち上げていってさらにドッグレッグ,あるいは(南の2番のように)フェアウェイ途中からグリーン脇までしっかりバンカーがあったりで,ティーショットからアプローチショットまで飛距離と正確性が試されるようなホールがあったり。 そういえば,いわゆる「前4」の特設ティはなかったです。これがあるべき姿ではありますが,ティーショットがOBくさいときの暫定球を打つときの緊張感は,なかなかたまらないです。そして暫定球が会心のあたりでフェアウェイをとらえたときの悔しさといったら。
後半は晴れて富士山もくっきり見えてきた。

そんなコースのタフさはさておき,光景は最高でした。富士山の裾野の自然の中で遊ばせてもらっている感じは,たまらないです。 そういえば,ラフの芝はねばっこく感じました。グリーンまわりからの寄せも距離感がつかみづらく,寄せワン狙いの自分のプレースタイルに持ち込めなかったです。
2グリーンだけど木でセパレートされたPar3ホール。

スコアは50+50のちょうど100,パット数は18+17の35と,なんとも凡庸な結果でしたが,いつもとは違った環境の中でゴルフを楽しめて,そういう点では大満足でした。

28 Apr 2014

TPCネットワークプロが教える,ゴルフ場でのエチケット // The Golf Travel Guru

ゴルフ規則の第1章は「エチケット」,というのはよく知られた話ですが,ゴルフにとってマナーとエチケットはないより優先されるべき,とはいえ,口うるさくガミガミネチネチいうのも気持ちよくないもの。スマートにさらっと振る舞いたいものですわね。

ということで,TPCネットワークのプロたちが教える,ゴルフ場のエチケット,10のコツ,だそうです。

TPCといえば,まずはソーグラスか。


The Golf Travel Guru: Etiquette Tips by the TPC Network Pros
http://www.thegolftravelguru.com/2014/03/etiquette-tips-by-tpc-network-pros.html
1. “Play from the tee box where you'll have the best chance for success. Don't be shy or embarrassed. Playing the 'tips' when your ability level isn't suited for them will be frustrating not only to you, but to those around you as well.” – Rob Nader, TPC San Antonio
1. いちばん成功の確率が高いティーボックスからプレーすること。(距離の短いティーボックスからプレーすることを)ためらったり恥ずかしく思わないこと。自分の技術に合っていないティーボックスからプレーすることは,自分自身をイライラさせるだけでなく,周囲の人間もいらいらさせます。
2. “There is no need to rush shots – efficient play consists of getting ready to hit every shot without wasting time. Take several clubs to your ball and hit a provisional ball if you feel you need to.” – Brian Riddle, TPC Sawgrass
2. 急いでショットをする必要はない。効率よく準備して,すべてのショットを時間を無駄にすることなく行なうこと。クラブを何本か持ってボールのところに行き,必要であれば暫定球を打つこと。
3. “Respect your playing partners; talking and playing music at an appropriate volume should be taken into consideration. Ask others in your group if music is welcome. Players should always be aware that it relaxes some and disturbs others. These distractions could not only delay your group but also the play of all other golfers behind you.” – Michaelyn Bradford, TPC Southwind / Jim Calhoun, TPC Craig Ranch
3. 同伴競技者をリスペクトすること。適切なレベルで話したり音楽をかけることを考慮に入れるべき。音楽をかけていいか,同伴者にたずねること。音楽でリラックスする人もいるし,音楽に気を取られる人もいることを認識すること。こういった耳障りなものは,自分のグループの進行を遅らすだけでなく,後ろの組の人たちすべての進行を遅らす可能性がある。
4. “Silence your cell phone. Nothing is more of a nuisance to a golfer than a ringing phone while in mid-swing. In some cases calls are unavoidable; if one needs to be answered – or made – do so away from the group.” – Tom Smith, TPC Harding Park
4. 携帯電話はサイレントモードに。スイングの途中に呼び出し音が鳴るほど,ゴルファーにとって迷惑なものはない。携帯電話が手放せないというケースもあるだろうが,電話に出なければいけない,あるいは電話をしなければいけないときは,グループから離れてすること。
5. “Allow staff to do their job, including carrying clubs, giving out information, etc. The great majority of people want to do their job well and they take pride in their work. Let them make your time on the course enjoyable.” – Greg Wolf, TPC Scottsdale
5. 餅は餅屋。クラブを運ばせるとか,情報を伝えるとか,コースのスタッフに働いてもらうこと。大多数の人間は自分の仕事をうまくこなすし,自分の仕事に誇りを持っているもの。彼らに働いてもらって自分の時間を作り,コースでのプレーを楽しむこと。
6. “Always be aware of your pace and never be the slowest player in the group. The best way to remedy slow play is to play 'ready golf': be prepared to play your shot when it's your turn – whether you're on the tee, fairway or green.” – Brian Long, TPC Louisiana
6. 自分のペースをつねに把握し,グループのなかでいちばんプレーが遅くならないこと。スロープレーを改善する方法は,準備をしっかりすること。自分の番が来たらすぐにプレーできるように準備をしておくこと。ティーインググラウンドでも,フェアウェイでも,グリーン上でも。
7. “Always take care of the course you're playing. Repair your ball mark and at least one other on the green, replace divots (or fill divots with seed mix if supplied), and rake bunkers after every shot. Care of the course will make the round much more enjoyable for the golfers behind you. Also, if you have decided to pick up or not play a hole, speed up play by taking it upon yourself to rake bunkers for others playing the hole.” – Andy Stoterau, TPC Deere Run
7. プレーしているコースをつねにいたわること。グリーン上ではボールマークを少なくともひとつは直し,ディボット跡もなおすこと(目土があればそれで埋める)。バンカーもレーキでならすこと。コースをいたわることは,自分の後ろの組でプレーしている人たちのラウンドを,より楽しいものにする。さらに,ホールアウトしたりギブアップした場合は,他の人のためにバンカーをならしてあげること。
8. “Presentation is key on the course. Take pride in your appearance. Arriving with a shirt un-tucked, hat turned backwards or attire meant for jogging is no way to dress on the golf course. A golfer's attire or appearance leaves a lasting impression – make certain it's a positive one.” – Chris Weinhold, TPC Twin Cities
8. コース上では,見栄えが重要。自分の身なりに誇りを持つこと。シャツをパンツの外に出していたり,帽子を後ろ向きにかぶっていたり,ジョギング用に格好で現われるのは,ゴルフコースにふさわしくない。ゴルファーの身なりは他の人の記憶に残る。その記憶をいいものにすること。
9. “Observe the good habits of seasoned golfers. Those that play often will know when it's their turn to play a shot, where to stand when others are hitting, and how to take care of the course throughout the round. Following their lead and learning from them will form good habits for the less experienced golfer.” – Mike Messner, TPC Summerlin
9. 熟練のゴルファーのよい行ないを観察すること。プレー慣れしている人は,自分のショットを打つべきタイミングを知っているし,他の人が打つべきに立っている場所を知っているし,ラウンド中にコースをどういたわればいいかを知っている。彼らの教えに素直にしたがえば,そのよい行ないは経験の少ないゴルファーにも伝わっていく。
10. “Always enter and exit bunkers at the lowest point, never climbing the face of a bunker. Although it's very temping to jump in, every bunker is shaped in a manner specific to its course; if the sand is dis-positioned it could alter the lay of the course.” – David Corrado, TPC Boston
10. バンカーには,必ずいちばん低いところから出入りすること。バンカーに跳ね入りたい気持ちもわかるけど,すべてのバンカーはある意味でそのコースに特有なもの。もし砂が欠けていたら,それはコースの形状を変えることになる。

27 Apr 2014

本 // 青木功『賢者のゴルフ』カッパ・ブックス

  • かつての自分は下半身が異常に発達し,そのわりには上半身が小さい特殊な体つきをしていた。太モモまわりが60センチで,自転車の世界チャンピオンだった中野浩一選手とほとんど同じ太さ。
  • 「道具(クラブとボール)が技術を超えてしまっている」のがいまの時代。
  • 体の左への回転とともに,できるだけ長くグリップエンドがヘソから外れなければ,体の中心にあるクラブがそのままターンしているわけで,インパクトゾーンの長いスイングができるのだ。
  • アメリカのティーチングプロ,デビッド・レッドベターは「構えたときからインパクトを過ぎるまで,左右の足の裏は地面から離さない」と言っている。自分も30年も前からやっていた「ベタ足打法」である。
  • 「プロのインパクトの写真を真似するな!」
  • 左右の手が一体になって振れるようなバランスが大事。だから左手主導なのだ。
  • 自分はショットが悪くなると,右手の親指と人差し指をシャフトから外してスイングすることがある。
  • ボールを遠くへ飛ばすには,シャフトのしなりを利用することが不可欠。そのシャフトのしなりを生かすには,左手の小指がしっかりとクラブを支えていなければならない。
  • シャフトの「しなり」を生かして打つには,左の小指の締めがポイント。グリップエンドがを3センチぐらい余して握ると「テコの原理」でシャフトの「しなり」も生かせる
  • よく「スクエア」にこだわって,左手の甲を目標に向けて握っている人がいる。こういうアマチュアは,ほとんどスライスを打っている。
  • 自分と仲のいいトム・ワトソンはよく「アオキにはいつも騙される。レンジで打っているときはひどいショットばかりで,今日は調子が悪いのかなと思うと,一番ホールからびっくりするようないい球を打っていく」と文句を言っていた。
  • その日のラウンドは練習場からすでに始まっている。それはともかく,コースでは球筋に逆らわないこと。
  • もう30年もトーナメントに出ている自分でも,一番ホールは確実に2オンするまで緊張するものなのだ。
  • ドッグレッグのホールで「コースなり」のボールを思い浮かべたら,その時点で設計者の罠にはまったと同じ,と思っていい。
  • 今は大きいショットがグリーンに乗っていってしまう。パー5でも2オンするし,200ヤード以上の距離でもアイアンで届いてしまう。だからアプローチとパットが下手になったと思うことがある。それだけアプローチをする回数が少なくなってきたからだ。
  • 多くの場合,技術のミスショットは認めても,頭の中(判断)のミスショットは認めたがらないもの。
  • 刻むと決めたときには「1ヤードでもグリーンに近づけたい」という甘さを断ち切って,120パーセントのフルショットでも絶対に届かないクラブを選ぶこと。これがゴルフというゲームの鉄則なのだ。
  • スコアをまとめる特効薬などというものはどこにも存在しないが,100叩く人が90台で回れる近道はある。それは得意なショートアイアンをつくるということだ。
  • 物事には順番というものがある。バンカーに入ったら,まず確実に出すだけ。これに徹することが第一歩だ。
  • グリーンのすぐ近くから転がすときに4番アイアンからピッチングまで使い分けるのと同じで,バンカーだからといって,何もサンドウェッジで打たなければいけない理由はない。
  • ロングパットは距離感だけ。ショートパットは方向性だけ。それ以外は捨ててしまう。そうすれば集中しやすい。
  • 下りの速いパットは寄せに行くより入れに行く。
  • 「お先に」と言ったからといって慌てることはない。「お先に」は,本来あとからプレーすべき順番を先にさせてもらうだけで,大急ぎで打たなければいけないものではない。
  • コースに隣接する酪農場の臭いで「あ,北風が吹いているんだな」と,危うく風の計算違いを免れたこともあった。
  • フェアウェーでもグリーンでも,歩いている足の裏からその硬さ,そして水をどれだけ含んでいるかどうかまで分かる。
  • 言いたいことは「どうせゴルフをやるなら,もっとコースの中のいろいろなものをよく観察してみたら?」ということ。
  • よく,電車の切符売場の前で財布を取り出し,やおら頭上の行き先案内図と値段表に目をやる人がいる。列に並ぶ前によく見ておいて小銭を用意しておけば,後ろで待つ人に迷惑をかけずにすむものを,準備しておかなかったがために後ろで待つ人をイライラさせる。たぶん,こういう人はコースでも同じことをやってしまうのだろう。
  • 「コース管理はゴルフ場の仕事。オレたちは金を払って遊びに来てるんだ」こう言う人もなかにはいる。しかし,それではゴルフはうまくならないし,ゴルフの本当の面白さも分からない。
  • グリーン上に落ちたボールでできた凹み,つまりボールマークというやつ。これをキチッと直して平らにしておくことはゴルファーの当然のマナーなのだが,最近直していく人が少なくなったのはどういうわけだろうか。
  • ターフを取ったら,カートに備えてある目土を,その穴の中に埋めておく。足でいま入れた砂(目土)を軽く踏んで平らに均しておく。このひと工夫を忘れないで欲しい。

26 Apr 2014

ゴルフ部品総合問屋,ってのがあるんですね

いや,ご存じの方には「なにをいまさら」「そりゃそうだろ」と言われる話なんですが,ALDILA JV ツアーブルーの情報が欲しくてググっていたらこのようなサイトに出会いまして,関心したり感動したりしている次第。(いままでメーカーとショップと工房の存在しか知らなかった身としては。といいつつ,僕の本職もB2Bの取引を仲介する役割だから,自らの想像力の無さを恥じるばかりですが)。

ゴルフ部品総合問屋 渡辺製作所
http://www.watanabe-golf.co.jp/shaft/aldila/index.html

もうこれでいちいち,シャフトのスペックを調べるときに,各メーカーのサイトを見る必要がないわけですよ(というのも大げさか)。振動数までは載っていないけど,フレックス別に

  • 長さ(inch)
  • 重量(g)
  • キックポイント
  • トルク(ft/bs(°))
  • シャフト径(inch)Butt,Tip

が一覧できる。

あと,古いシャフトの情報もしっかり残されているところが素晴らしいです。初代ATTASも,メーカーサイトでは情報見つけられなかったし。ダイナミックゴールドCPTは,ツアーイシューも含めてしっかりカバーされているし。

もちろん,シャフトだけじゃなく,グリップやスリーブやスペーサー(太いホーゼルに細いシャフトを挿すときに隙間を埋める小道具)などもあったりして,ここでいろいろ知識をつけておけば,工房に注文するときに役立つかもしれません。

25 Apr 2014

LEDで光るゴルフボールが届いた!

前に書いたように,ショットするたびにLEDで光るボールというのがあるんですが,USのAmazonで発注して,10日間で手元に届きました!



試しにクッションの上にボールを置いて,練習用アイアンのヘッドで叩いてみたら,本当に光った! そういう商品なんだから光らないと困るけど,笑える。




来週のナイターゴルフに投入してみます!

プロアバンセに電話してALDILAツアーブルーについて訊いてみた(USモデルとJVモデルとの違い)

先日書いたように,ALDILAのツアーブルーはJVとUS版でスペックが違うのかどうかを確認したく,日本での輸入元であるプロアバンセに電話して確認してみた。



で,確認できた内容としては,
  • US版とJVのスペックは基本的に同じ。
    • だからUS版のフレックスRがよかったらJVでもフレックスRにすべき。
  • 50グラム台があるのはJVだけ。
  • コスメは違う。
  • US版の値段は知らん。だからUS版とJVの値段が違うか?と聞かれても答えられない。
    • JVの定価は35,000円でやんす。

(2014/5/27 追記)
USモデルが入手できたので,JVと両方の写真を挙げます。いちいち白抜きにしなくていいのになー。

ALDILA ツアーブルー JV

ALDILA ツアーブルー US版

本 // ピア・ニールソン,リン・マリオット『ビジョン54』

前から興味があった本ではあったけど,通っているスクールのモニターで,宮里藍とピア・ニールソンとリン・マリオットが出ていた番組の録画したやつを流していて(「GET SPORTS」だと思うんだけど),それを見ていよいよちゃんと買って読まなきゃという気になりました。スイング技術の話ではなく,基本的にはメンタルに関する話しかないけれど,でも先日フェニックスCCで自己ベストを更新できたのは,この本を読んだおかげだと思っています。

ゴルフ「ビジョン54」 あなたの能力を出しきるための8つの必須プレー技能
ピア ニールソン&リン マリオット ロン シラク
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 402,523

  • ビジョン54とは,自らの達成できることは,自分が達成できると信じるものに大いに影響を受ける,という信念である。
  • よりよいスコアは,自らの最高のスイングを繰り返すことによって生まれる。
  • 「8つの必須プレー技能」とは,以下の通り:
    • 心を持ち込まない。PlayボックスとThinkボックスの分離。
    • 決断し,コミットすること。
    • 自分のバランスを見つけること。
    • 自分のテンポを感じ,そのリズムに合わせて踊ること。
    • 緊張感を飼い馴らすこと。
    • ミスを引きずらないこと。
    • うまい記憶の仕方を身につけること。
    • 内なる声をかき消すこと。
  • 「2つの必須練習技能」とは,以下の通り:
    • 本当のゴルフをシミュレートすること。
    • 目的をもって練習し,技術を統合すること。
  • ゴルフについて面白いことのひとつは,ゴルフが非常に個人的なスポーツでありながら,同時に非常に社会的な(社交的な)スポーツである点である。
  • 素晴らしいスイングをすることは,すばらしいゴルフをプレーすることと同じではなく,ピークパフォーマンスの複雑な構成要素の一部分にすぎない。
  • 勘違いしないでいただきたいのは,私たちは技術的なレッスンに異を唱えているわけではなく,分析的な見方に異を唱えているわけでもない。
  • いいスコアを出すためには,十分にいいスイングをし,十分にいいパッティングをする必要がある。しかし,パーフェクトである必要はない。事実,パーフェクトでなければいけないという固定観念が,パフォーマンスに悪影響をおよぼすこともある。
  • 人生におけるすべての局面と同様,思考のための時間と,実行のための時間がある。
  • ゴルファーは,どのように決断をし,その決断にどのようにコミットするかを学ぶ必要がある。そしてこれは,学習によって得られるスキルである。
  • スポーツの素晴らしい点のひとつは,人生の時間の経過を早められる点にある。すなわち,人はスポーツをする中で,非常に凝縮された時間の中で,自らやあるいは他人について,実に多くのことを学ぶことができるのだ。
  • ショットを放ったあとにそのショットを評価すること。ショットをする前にその結果に気をもまないこと。
  • タイガー・ウッズがコーチを変えてスイングを変更しようとし苦戦していた2010年,なぜ新しいスイングがうまくいったりいかなかったりするのかを訊かれたタイガーは,ひとことで答えた。「コミットメント」。
  • コミットする決断は,Playボックスでの自らの状況を考慮していなければはいけない。
  • 多くのアベレージゴルファーは,ショットの選択の際に,自分の平均的なショットではなく,ベストショットをもとにする。
  • 自分のショットの選択肢を過剰に分析し,とことん素振りをするようなゴルファーは,自らの決断にコミットする度合いが弱く,そしてショットの結果にもあまり満足しない。
  • 体の部位で緊張が訪れる部分は,手であり,腕であり,肩であり,そして特に顎である。
  • 自分の体が実際には行なえないようなスイングをしようとしているとき,緊張を経験するプレーヤーがいる。
  • 種をまくことはできるが,雨を降らすことはできない。
  • 自分のエネルギーは,注意深い準備と集中した理解,そして完全なるコミットメントによって影響を与えることができる側面にそそがれるべきだ。
  • 人間の能力は,その生存本能から,いい経験を記憶するよりもはるかに容易に悪い経験を記憶するようにできている。
  • 自らに高い基準を設けているがゆえに,記憶の中にとどめられた「いいショット」がほとんどない,というゴルファーがいる。
  • フレッド・カプルスいわく,「ヘイ,僕はグレートじゃない,グッドだ。でもグッドは悪くないじゃないか」。
  • 完全を期待することは,災難の始まりである。
  • 自分に起こることをコントロールすることはできないが,自分に起こったことにどう反応するかをコントロールすることはできる。
  • ショット前のルーティーンの重要性は広く知られている通りであるが,ショット後のルーティーンも同様に重要である。
  • いいショットを,タトゥーのように脳に刻むこと。悪いショットはときに起こりうるもの。人生の一部として。駐車違反の切符を切られたり,雨に降られたりするように。
  • 非生産的で避けるべき独り言:
    • 過去や未来に意識を向けるもの。
    • 結果に意識を向けるもの。
    • 自分がコントロールできないものに意識を向けるもの。
    • 自分が得意ではないもの,あるいは自らに完璧さを求めるものに意識を向けるもの。
  • 練習の秘訣のひとつめは,できるだけ練習を実際のゴルフに近づけること。
  • レンジだけで練習するのは,バレーボールに取り組みながらテニスの上達を願うようなもの。
僕が読んだのは,英語のKindle版。なので,上の抜き書きも,英語版の拙訳です。

24 Apr 2014

ALDILAツアーブルーにリシャフトしてみようと思い

ルーク・ドナルドがハイブリッドのシャフトに ALDILA NV を使っているのを知って以来 ALDILA に興味を持ち,自分のドライバーやFWやハイブリッドにも NV や NVS を挿してきたんですが,最近レーティングゲートでこんな記述を目にしまして。
比較検討したのはバシレウスフィアマ60、ファイヤーエクスプレス65、アルディラTour JV Blu、ジオテックGT-6DTMの4スペック。ジオテックGTもコストパフォーマンスは高いがやはり最高の飛距離性能と言う事であればバシレウス、アルディラを推奨する。(…)アルディラは水面下ではゴルフ業界の間で飛距離性能が高いという評価で2014年にブレイクしそうな旬のシャフトである。
http://rating-gate.com/driver/driver-geotech-prototype-rf800/index.html
ALDILAと言えばコストパフォーマンス!だと思っていたんですが,(ツアーブルーの)飛距離性能が高いとは知らなかった。




マーク金井氏の試打インプレッションでは,こんなことが書かれてる:
まずは中調子のツアーブルーから打ってみると…トップかららダウンの切り返しではシャフト全体がムチのように大きめにしなる。そして、ダウン後半からインパクトゾーンでは、これまたムチのようにスピーディーにしなり戻る。メーカー側は中調子と言っているが、フィーリング的に先もほどよく動くので先中調子に感じるシャフトだ。三菱レイヨンのシャフトに例えるならば青マナに挙動が近く、そして青マナよりもシャフトが良く動く。つかまりも良いシャフトである。

米国メーカーのシャフトというハードなイメージを持たれがちだが、このツアーブルーに関しては、しなりを体感しやすく仕上がっているシャフトだ。インパクトゾーンではヘッドが返りやすいだけでなく、アッパーにも動きやすい。高めの弾道をシャフトが打たしてくれる。
http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/special/impression/gt1000004828501.html
ということで,ひとまずTeeoliveでツアーブルーを注文してみます。ヘッドは,いまNVSがささっている YAMAHA Inpres X 4.6D TypeS にします。どうせこいつメインドライバーじゃないし,コーチからも「もうちょっとインパクト時に先が走ってボールをつかまえてくれるシャフトがいいね」と言われていたところです。

Teeoliveで売っているのは「JV」じゃないUS版だと思うので,フレックスはRにします。コスメはUS版の方がいいな。
https://www.teeolive.com/products/detail.php?product_id=4661

最後になりますが,オフィシャルサイトのページはこちら。Trim Code が「F」というのは,「ドライバーのときはバットカットで長さを調整,FWのときはティップを1インチカットした上でバットカットで長さを調整」ということでしょうね。60グラム台でもしっかり重さがある(たとえばフレックスRで68グラム)のが嬉しいところ。
http://www.aldila.com/products/tour-blue/



ドライバーに挿して感じがよかったら,FWにも挿したくなっちゃうかもなー。嬉しい悲鳴。

(2014/4/24 追記)
Teeoliveから電話があって,メーカーにUS版の在庫がないからJVになるらしい。値段は変わらないそうだが(へんなの)。ということでフレックスはRじゃなくてSにした。ちょっと迷ったけど。

(さらに追記)
こんなサイトを見つけた。これによると,ツアーブルーはUS版でもJVでもスペックはどうも同じみたい。ということでフレックスはやはりSじゃなくてRでたのむことにしよう。
http://www.watanabe-golf.co.jp/shaft/aldila/index.html



23 Apr 2014

フェニックスCC+トム・ワトソンGCの宮崎シーガイアゴルフ旅行の記録

ここここで書いたとおり,フェニックスCCとトム・ワトソンGCで2ラウンドしてきました。ラウンドの内容なコースの印象については先の投稿で済ませたことにして,ここではそれ以外の感想や記録をつづります。

おおまかな行程としては,
  • 1日目:羽田から飛行機で宮崎入り。空港からバスとタクシーでホテル(サンホテルフェニックス)まで,その後練習場(フェニックスゴルフアカデミー)で練習。夜は「ミヤチク」で食事
  • 2日目:10時からフェニックスCCでラウンド。バスで駅前に繰り出して,夜は「鳥の里」で食事
  • 3日目:8時半からトム・ワトソンGCでラウンド。バスで空港に行き,帰京。
というものでございました。

ゴルフコースの予約と各種の支払いについて
まず最初に,ゴルフコースの予約ですが,これは楽天GORAで行ないました。「前日泊+1ラウンド」のプランがあるので,これを選択するのが最も妥当でリーズナブルな選択になると思います。ちなみに,ホテルの宿泊代やグリーンフィーはチェックアウト時にまとめて支払いますが,各ラウンドにかかるキャディーフィーや食事代などは,ラウンド終了後に各コースのクラブハウスで支払うかたちです。

トム・ワトソンGCは2サム保証ですが,フェニックスの場合は「組み合わせの場合もあります」と記載されていました。しかし僕がラウンドしたときは,2バッグでまわれました。ただし,トム・ワトソンにしろフェニックスにしろ,2バッグでラウンドするとしっかり割増料金を取られるので,思っていたよりお金を払うこととなりました。

シーガイアについて
正確には「フェニックス・シーガイア・リゾート」。僕はゴルフコースとホテルしか利用していませんが,乗馬だテニスだボーリングだと,他にもいろいろあるみたいですね。

シーガイアの中はシャトルバスが走っていますが,だいたい1時間に2本と,本数は多くありません。僕が泊まったサンホテルフェニックスからフェニックスCCまでは歩いていけますが,サンホテルフェニックスから練習場やトム・ワトソンGC,あるいはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートからフェニックスCCに行くには,このシャトルバスを利用することになります。

ホテルからフェニックスCCに向かう遊歩道。


宮崎空港とシーガイア,あるいは宮崎駅とシーガイアとのアクセスついて
レンタカーは別として,いちばんラクなのはタクシーでしょう。「宮崎空港とシーガイア間の送迎タクシープラン」というのがあり,事前予約が必要ではあるものの,定額でかつ割安なので,これは便利だと思います(特に,公共のバスを利用しても運賃がけっこうすることを考慮すると)。

空港とシーガイアのあいだにはバスも走っていますが,これも本数が少ないうえに土日祝しか走っていないので,あまりアテにはできません。帰りのバスに合わせてラウンドの予定を立てるとなると,空港行きのバスはフェニックスCCから14時半発,あるいは17時発,となるので,これを意識してティーオフ時間を調整しないと,無駄に時間をすごすことにもなりかねません。

晩御飯を食べに宮崎駅前に繰り出したい,というときは,タクシーかバスを利用することになります。タクシーの場合は15分で約2500円,バスの場合は25分で500円となりますが,シーガイアでのバスの発着はシェラトンになるので,サンホテルフェニックスに宿泊している場合は,バスに乗るためにシャトルバスでシェラトンに移動する必要があります。リゾート気分でのんびりすごしたいのに,バスの時刻表をこまめにチェックするのは,けっこう面倒です。

ホテルについて
シェラトンはロビーを歩き回っただけですが,印象としてはキレイで新しくてオシャレです。宿泊する場所にもこだわりたいなら,間違いなくこちらを選ぶべきでしょう(もちろんサンホテルフェニックスに比べれば割高)。上述の通り,各種のアクセスを考えても,シェラトンの方がいいです。

サンホテルフェニックスは,清潔感はあるものの古いです(古いけれども清潔感があるというべきか)。シェラトンと比べて割安なせいか,団体旅行客も多いですし(ビュッフェの朝食が提供されるレストランはその団体旅行客でぎゅうぎゅう),デートゴルフで来たのになんだか雰囲気が壊れる,というのを懸念される方は,こちらを選ばない方がいいでしょう。地階の大浴場は快適ですが,部屋にあるお風呂の蛇口はお湯の温度調節ができない(水とお湯がべつべつのカランのやつ)タイプだったり,シャビーさは否めません。ゲームセンターがあるのもご愛嬌。とはいえ,スタッフの方々のサービスやホスピタリティはしっかりしているし,そういう面で不快な思いをすることはありませんでした。

サンホテルフェニックス。シャビーです。
サンホテルフェニックスの利用客なんだろう。
ホテル内のゲーセン。ルパン三世の射撃ゲームでハッスル。


練習場(フェニックスゴルフアカデミー)について
上に書いた通り,僕は到着した日にここで球を打ち,またフェニックスCCのラウンド前にもここで練習しました。ラウンド前の練習とそうじゃなくただ球を打つのとでは,料金が違います。ただ球を打つときでも,ホテル宿泊者かそうじゃないかでもまた料金が変わります。ボールはかごで手渡されますが,ショートゲームの練習エリアを使用するには,また別料金を払う必要があります。

「芝の上からボールが打てる」とありますが,実際にやってみると大した感慨はありません。芝質がコースのフェアウェイ並みということでもないですし,ティーアップするショットでは,いちいちティーを刺したり拾ったりというが面倒なのも,正直なところです。

とはいえ,ダフってターフとったりダウンブローに打ってターフとったりするのはいいですね。こういうところで練習しないと,本当の実力はつかないというか,スコアには結びつかないんだろうなぁと思ったり。

残念ながら,ケンゴ本田氏は見かけませんでした。(ホテルのテレビでは5チャンネルだかでこのレッスン番組をひたすら流していたけど)

ちなみに,僕は事前にバッグを宅急便でフェニックスCCに送っていたので,初日に練習する際には,「ホテルからフェニックスCCまで徒歩,バッグを受け取ってカートで練習場まで移動(カートは無料),また練習場からカートでフェニックスCCまで移動,バッグを戻してホテルに歩いて戻る」という流れになりました。カートは18時までにクラブハウスに返却しなきゃいけないと言われました。あと,ご厚意により,ロッカーは2日続けて同じところを使うことができたので,シューズやら小物やらは練習が終わったあとロッカーに入れっぱなしにしておきました。

芝の上から打てる練習場。ボールはカゴで。
芝がはげていないところを探すのが大変。
練習場。天気が良くてよかった。


晩御飯について
上に書いた通り,初日・2日目とも,シーガイアの外に出て食事をしました。

ミヤチク」は,極上の宮崎牛を目の前の鉄板でシェフが焼いてくれるスタイル。人気店のようなので,事前の予約は必須でしょう(とタクシーの運転手さんも言ってた)。あえてレアでオーダーしてみたけど,中は冷たかったので,ちょっと残念かな。まぁおいしいし,東京に比べれば値段もだんぜん安く感じられますが。ホテルからはタクシーで移動しました。

鳥の里」は,宮崎駅近くの繁華街,市役所から近いところにある,鳥料理の店。炭火焼やチキン南蛮,冷汁など,郷土料理(ですよね?)が一通り楽しめる店で,地元の人から観光客まで受け入れる懐の広さがあります。芸能人の色紙が店内にいっぱいありました(それが味を保証しているわけではないけれど)。地元の人はさっと食べてさっと帰るように見受けられました。ホテルからはバスで向いましたが,上に書いた通りシェラトンから出ているバスに乗り,最寄りの「橘通1丁目」バス停で降りるかたちです。

初めての宮崎訪問で訪れる場所としては,理想的な組み合わせだったのではないかと思います。

ミヤチク。焼けた肉が食パンの上に置かれる。
中央に見える小さなパンではスープが温められる。
レアステーキ。
鳥の里で,炭火焼とチキン南蛮。


全体的には,とてもいい旅でした(自己ベスト更新できただけでなく)!

22 Apr 2014

「トム・ワトソンゴルフコース」は意外にも難コース

前日のフェニックスCCでのラウンドに続いて,トム・ワトソンGCでラウンド,という,絵に描いたような宮崎ゴルフツアー。フェニックスに比べたら距離も短いし,なんだか女子向けのゴルフコースを謳っているし,こりゃーリゾートコースかとタカをくくっていたら,思いのほか手こずるコースでした。よくみたら,コースレートもレギュラーティーからで70.9だったし。

グリーンは8.5ftと遅め。エアレーションして
砂をまいていたこともあり。


クラブハウスは,最近つくられたこともあって,こざっぱりとしてキレイ。中にサマンサタバサのショップがあったりと,明らかに女子向けにアピールしていますが,ロッカーキーは他のゴルフ場と似たようなものだったり。その「女子向けテイスト」と「トム・ワトソン」がなんとも似つかわしくなくて,ちょっと戸惑う。

フロントうしろの壁に掲げられる,若き日のトム・ワトソンの写真。

ゴルフを愛する人たちへ。by トム・ワトソン


コース自体はこんな雰囲気。完全セルフプレーなこともあってか,フェニックスCCに比べると,芝質には期待できませんね。フェアウェイの広さは普通ですが,フェニックスCCに比べるとラフの幅が狭いので,ティーショットを曲げると簡単にトラブルショットに発展します。(木の根元にボールがいって,初めて左打ちをやってみたり)

僕はOUTスタートでしたが,後半になるにつれて,400yd近いPar4ホールがあったり,ティーショットの打ち出しがツリーラインで狭められていたり,難易度が増してくるように感じました。かつて2グリーンだったなごりか,グリーンまわりにも木が植わっていて,横に大きくはずしたときの寄せのショットが難しかったり。

OUT1番ホール。芝の状態はあまりよくない。

クラブハウス外のテラス席。
天気が良ければさぞ気持ちいいだろう。

クラブハウス内の,サマンサタバサのショップ。きゃぴきゃぴ


スコアは45-45,パットは15-17と,前日自己ベストを更新したフェニックスに比べれば凡庸ですが,練習なしでのぞんだラウンドとしては,まずまずかな。チップイン含めて1パットが8回あったのに3パットも5回でトータル32パットとか,全体的に凸凹のプレーではありましたが。やっぱりいいスコアを出すには適度な緊張感が必要なんですかね。

この日もあいかわらずティーショットはキャロウェイの X HOT 3DEEP を使用。右へのミスは1回だけ,フェアウェイキープは約2/3と,安定してきました。1番ホールではがっつりひっかけていきなりトラぶりましたが。

BS朝日のゴルフ番組の舞台になっているらしく。

ランチメニューはもれなく
ドリンクバー+サラダバー付き(なので割高)。

レストラン横にある,くつろげる場所。

クラブハウス入口付近にかざってあった,
トム・ワトソンの手形やら略歴やら。

21 Apr 2014

WITB // マット・クーチャーのクラブセッティング // 2014年4月20日現在 // RBCヘリテージ

ルーク・ドナルドが2打差の首位で最終日をむかえたRBCヘリテージでしたが,優勝したのは最終日に7アンダーと爆発したマット・クーチャーでした。この18番ホールでのバンカーからのカップインは圧巻。


ルークは結局,最終日は5バーディー1ボギー1ダブルボギーの2アンダー,トータルでは10アンダーでクーチャーとは1打差の2位。もちろん本人がいちばん悔しさを感じているとは思いますが,得意のコースで優勝争いにからんだのだから,ファンとしては満足しましょう。勝利と敗北は紙一重。そのことはマット・クーチャーも今シーズンいやというほど味わったでしょうから。 ということで,マット・クーチャーのクラブセッティングはこんな感じです。


2014年4月20日現在 // RBCヘリテージ
  • ドライバー // Bridgestone J40 430 / ロフト 9.5度 / シャフト Accra M4-55 Tour Proto
  • 3W // Ping G25 / ロフト 15度 / シャフト Fujikura Speeder 757X
  • ユーティリティ // Ping Anser / ロフト 20,23度 / シャフト Aldila Tour Blue Hybrid 85X
  • アイアン // Bridgestone J40 Cavity Back (5番-PW) / シャフト Aerotech SteelFiber i95 Constant Weight (Sフレックス)
  • ウェッジ // Bridgestone J40 Black Oxide (52度),Cleveland 588 RTX Satin (58-12), Titleist Vokey SM4 Spin Milled (62-07 を63度に) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue (52,62),KBS Wedge 120S with Black Nickel Finish (58)
  • パター // Bettinardi Matt Kuchar Signature Model 1 / 長さ 44.75インチ / ロフト角 7度
  • ボール // Bridgestone Tour B330-S
ソース: http://www.golfwrx.com/72629/kuchars-winning-witb-specs-and-photos/

WITB // ミシェル・ウィーのクラブセッティング // 2014年4月19日現在 // LPGAロッテ選手権

ハワイのコオリナゴルフクラブで開催されたLPGAロッテ選手権で,4シーズンぶり通算3度目の優勝をかざったミシェル・ウィー。ウィニングパットを決めたあとはいろんな人に水やらシャンパンやらをかけられてグリーン上で大変なことになっていましたが,そのクラブセッティングは,こんな感じです。



2014年4月19日現在 // LPGAロッテ選手権
  • ドライバー // Nike Covert 2.0 / ロフト 9.5度 / シャフト UST Mamiya Proforce Axivcore Red 69X
  • 3W // Nike Covert 2.0 Tour / ロフト 13度 / シャフト UST Mamiya Proforce Axivcore Red 69X
  • ハイブリッド // Nike VR_S Covert / ロフト 18,24度 / シャフト Fujikura Motore Speeder Tour Spec Hybrid
  • アイアン // Nike VR Pro Combo (5番,6番),Nike VR Pro Blade(7番-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold S300 High Launch
  • ウェッジ // Nike VR Pro (52度),Nike VR X3X Toe Sweep(56度,60度) / シャフト True Temper Dynamic Gold S300 High Launch
  • パター // Nike Method 006
  • ボール // Nike RZN Black
ソース:
http://www.golfwrx.com/203481/michelle-wies-winning-witb/

ドライバーのシャフトは男子並み。3番ウッドのロフトは13度だけど,これは主にティーショットで使うことを意識したものと思われる。その下がちょっと開いてハイブリッドが18度と24度,アイアンは5番からだけど,彼女の飛距離があれば,このへんの飛距離の間隔にはあまりこだわらなくていいのかな。アイアンとウェッジのダイナミックゴールドのS300というのも男前です。ただし「ハイローンチ」。その詳細はQPさんのブログをご参照のこと(重さでいえばCPTと同じぐらいなのかなぁ。しかしCPTと違って先調子らしい):
http://blog.golfdigest.co.jp/user/qpgolf/archive/931

「フェニックスCC」で自己ベスト更新!

日本にいるうちにいろんなゴルフ場に行っておこう,ということで,2泊3日で宮崎に行きました。到着した日に練習場で芝の上からボールを打ち,翌日にラウンドしたのが,フェニックスカントリークラブ。ルーク・ドナルドが2連勝したのと同じコースでゴルフをし,そして自己ベストを更新したという,記憶に残るラウンドになりました。



残念ながらトーナメントコース(高千穂->住吉)ではなく,日南->高千穂の順にラウンド。コースは全体的にフラット。ラフは関東ではまだ冬の芝なのに対して,宮崎は下が冬芝・上が夏芝。フェアウェイの広さは普通でも,ラフも広いので,ティーショットでのプレッシャーはさほど感じませんでした。ラウンドはキャディー付きで歩き。ホールとホールのあいだが近く,しかもフラットなので,歩きでもさほど疲れないというよりは,名門コースを踏みしめて進んでいく,高揚感や満足感が得られます。高千穂の方が距離が長く,そういう意味では難しさを感じました。バンカーの砂はふかふか・さらさら。砂を薄くとってよし・厚くとってよしで,イメージ通りのバンカーショットが打てるのではないでしょうか。



この日は,ティーショットで使ったキャロウェイの X HOT 3DEEP に慣れるまで時間がかかったけれど,それ以外のショットはまずまず安定(やっぱりフラットな場所から打つのは容易か)。特に前半はショートゲームが冴えて,13パットの39打でハーフのベスト更新。後半は距離の長さに手こずりながらも,ボギーペースで進めて18パットの46打(最終ホールの3パットが痛い)。結果的に85打で7ヶ月ぶりに自己ベスト更新となりました。



この日のクラブセッティングは,
ティーショットでは死なないことを最優先としてドライバーを抜いてドライビングFWを入れ,2打目で距離が残ってもFWでカバー,アイアンは振りやすさを重視して DG CPT にリシャフト,パターもフィーリングよりは安定感重視のマレット+スーパーストロークと,道具にこだわった結果生まれた自己ベストだと思います。


20 Apr 2014

評価 // キャロウェイ X HOT 3DEEP を3ラウンドで使ってみた

実はテーラーメイドのSLDRミニドライバーはすでにFairwaygolfUSAで注文していて,その到着が待ち遠しいところなんですが,それまでのつなぎとして,キャロウェイ X HOT 3DEEP をゴルフパートナーで15,000円ぐらいで購入し,最近の3ラウンドで使ってみました。

USモデルで,ロフト角は14.5度。シャフトは Project X PXv Tour 5.5,けっこうしっかりした感じなので,ヘッドスピード的にはこれでちょうどいいように思います。





で,ティーショットのスタッツはこんなふうに移行しました。
  • 1ラウンド目:FWキープ 25.0%,右のミス 50.0%,左のミス 25.0%
  • 2ラウンド目:FWキープ 42.9%,右のミス 28.6%,左のミス 28.6%
  • 3ラウンド目:FWキープ 64.3%,右のミス 7.1%,左のミス 28.6%
最初のラウンドでは外での練習なしに実戦に投入したもんで,ティーアップの高さやボールと体との位置関係がよくつかめないまま打ち続け,ミスを連発。ドライバーと同じように長いクラブへの苦手意識から体が開き手が先に出てフェースが開いて当って右へのミスを連発。

2回目以降のラウンドでは,いわゆるリストターンからボディターンで打つように意識を変えて,だんだん右のミスが減ってきた。

3回目になると,ターゲットより左に打ち出す引っ掛けの球が出るようになったので,打ち出しをターゲットの右に,ティーアップのボールもちょっと右足寄りにおいて,ドローボールをイメージして打ったら,よくてイメージ通りのドロー,悪くて引っ掛けるけどフェアウェイの左かちょいラフ,ぐらいにおさまってきた。飛距離は,うまく打てて230yd,引っ掛けると210ydぐらい。

というように,ドライバーで打っていた「どこにいくかわからない」ティーショットよりは,断然とコントロール可能なティーショットになってきた。SLDRミニドライバーが届くまではこの X HOT 3DEEP を使うつもりですが,こいつでの打ち方をつかむにつれて,ドライバーも打てるんじゃないか,という気持ちも出てきました。

余談ですが,ドライビングFWでティーショットを打つことに付随するメリットは,ショートティー1本でラウンドできること。ポケットの中がゴチャゴチャしないし安上がり。