14 Aug 2014

ゴルフバッグの正しい担ぎかた // Golf Digest

クルマで移動する人にはほとんど関係ない話でしょうが,電車で移動し,担ぎでラウンドするような人にとっては,重要な問題。



Golf Digest: How to carry your carry bag
http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2014/08/how-to-carry-your-carry-bag.html
Walking and carrying your bag is a solid workout, but sometimes walkers complain of back pain. If you're feeling some pain, don't give up on walking and carrying: The way you're carrying your bag could be contributing to the problem. I talked to Seth Enes, the chief designer at bag manufacturer Sun Mountain, to see how carry bags should be carried. Here are five tips he passed along that are a must for anyone carrying their own bag:

ゴルフバッグを担いで持ち運ぶのは立派な運動だけど,たまに背中の痛みをうったえる人がいる。もし痛みを感じていても,あきらめないで。バッグの担ぎかたに問題があるかもしれないから。バッグメーカーである Sun Mountain のチーフデザイナー Seth Enes に,バッグをどう担ぐべきか話をきいた。5つのコツを紹介します:

1. Adjust the straps on the bag so you feel that "the weight is evenly distributed on each shoulder."

1. ストラップの長さを調節して,両肩に感じる重さが均等に感じられるようにすること。

2. The bag should be leaning at a 20-to-25-degree angle across your back.

2. バッグは20度から25度の角度で背中にかかるようにすること。

3. Feel the bag resting against the small of your back—no higher or lower.

3. 背中のくぼんだ部分にバッグが当たるようにすること。それよりも高くても低くてもダメ。

4. Always walk tall.

4. 常に背筋を伸ばして歩くこと。

5. Avoid carrying with only one strap because this can lead to muscular-imbalance injuries.

5. 片方のストラップだけを肩にかけるのはやめること。なぜなら,筋肉のバランスがくずれてケガをする恐れがあるから。
僕はストラップを右肩だけにかけていました(両肩にかけるとクラブの重さでバッグが右に傾いてクラブがこぼれ落ちそうになるから)。ストラップの長さを調節すればいいんですかね。さっそくやってみます。

No comments:

Post a Comment