Header Ads

評価 // SLDRの17度/1700rpmはすべてのヘッドスピードで最適なのか? // MyGolfSpy

最近は「LOFT UP+」キャンペーンなんてはってますが,そのSLDRの検証記事。



Agents on Assignment: MyGolfSpy Forum Members LoftUp at TaylorMade

TaylorMade thinks every golfer in the world, regardless of swing speed, should be increasing their driver launch to 17 degrees and reducing their spin rate to an “optimal” 1700rpm. That’s everyone from tour pro to the guy who takes 5 hours to play a round. Everyone.
テーラーメイドは,すべてのゴルファーが,ツアープロから1ラウンドに5時間かけるわれわれアマチュアゴルファーに至るまで,そのスイングスピードにかかわらず,ドライバーの打ち出し角を17度に “LOFT UP” して,バックスピンを1700rpmにするのが「最適」だって言ってるけど,それってほんとかよ?
What the folks at TaylorMade told us is that Loft Up+ was a bit of an accident. They released the SLDR and found everyone had to increase loft. Now, what they’re saying is that all golf companies for the past ten years had been designing drivers wrong. They focused on getting the ball up in the air and forgiveness by pushing the CG low and back on the club, which increases spin. To mitigate the increase in spin, you had to loft down. But spin could never be reduced enough and launch angle couldn’t be raised in this way. Thus, 17° and1700 RPM wasn’t achievable.
テーラーメイドにいる知人曰く,「Loft Up+」はちょっとした偶然から生まれたもので,SLDRをリリースしたとき,使ってる人がみんなロフトを挙げなきゃいけなかった。で,テーラーメイドがいま言うには,ここ10年,すべてのゴルフメーカーはドライバーを間違ってデザインしてきた,彼らはボールを上げて許容度を上げることを,重心を低く深くすることで実現してきたけど,それはスピン量が増える。スピン量の増加をおさえるためには,ロフトを立てなきゃいけない。でも,スピン量は十分に減らせなくて,打ち出し角も上げられない。などなど。

ということで,Torrey Pines でやってる Farmers Insurance Open の週に開かれてたテーラーメイドのイベントにいってフィッティングとか,その「17-1700」を試してきたらしい。
“No, no, no, that stuff is interesting, but the real story is how did your perceptions of TaylorMade change on this trip, and how well did they really answer the questions we asked.”
最初は,そのイベントで何を知ったか,テーラーメイドのクラブがどうやって作られているのかを記事として書こうとしてたんだけど,「いやいや,それも面白いかもしれないけど,でもほんとに興味があるのは,この取材で君らのテーラーメイドに対する見方がどう変化して,君らの(忌憚のない)質問に対してテーラーメイドはどうやって回答したかだよ」という意見があったと。
Every golf equipment junkie has some perception of TaylorMade. Some think they are marketing whores who will say and do everything to make a buck. Others think they are marketing whores who make good equipment and know how to sell their product to make a buck. 
ゴルフクラブ中毒はみんな,テーラーメイドについて何らかの見方を持ってる。 テーラーメイドはマーケティングでたらしこんで,金を稼ぐためなら何だって言うしやる会社だって思ってる人もいるだろうし,マーケティングでたらしこんでるけど,いい道具を作っててそれをどう売ったら金を稼げるかを分かってる会社だ,って思ってる人もいる。

で,テーラーメイドのマーケティングや研究開発や製造の人たちとディナーして,いろいろ話したらしい。Excective VP の Sean Toulon は,「Spider Blade パターはできが良くないから,改良しなきゃいけないと思ってる」ってことまで言ったらしい。
Perception #2: Marketing makes all of the decisionsMake no doubt about it. The marketing department is involved with every step of a club creation, right from the get go of the concept stages. If it can’t sell, then don’t bother. We were told by one of the R&D guys that they prototyped a driver head that was 10 yards shorter, but incredibly forgiving. The project never made it out the door.
マーケティング(部門)がすべてを決める? それは正しい。マーケティングはクラブ開発のすべてのステップ,コンセプト段階から関わる。売れそうにないものは,話にならない。ある研究開発の人間が言うには,飛距離が10ヤード落ちるけどめちゃくちゃ優しいドライバーヘッドのプロトタイプを作ったけど,そのプロジェクトはそれっきりだった。
Perception #6: TaylorMade doesn’t care about how their products sound or feelYes and no. They admitted their primary focus is performance, but they also do a lot of testing on sound and feel. Case and point were the RocketBladez irons, which premiered the slot in iron technology, but sounded like a dying bell when struck. The next iteration, the SpeedBlades, offered improvement by increasing the thickness of the topline of the club.
テーラーメイドは打音や打感にこだわらない? 答えはYesでありNo。確かに彼らが最も注力しているのはパフォーマンスだけど,同時に打音や打感についてもたくさんテストをしている。RocketBladezアイアンは「スピードポケット」と呼ばれる溝を導入したけど,打音は壊れかけのベルみたい(?)だった。そのあとで登場したSpeedBladesは,トップラインを厚くすることで改良をはかった。
SLDR Perception #1: The SLDR driver is only for really high swing speed golfersSo, back to the whole 17-17 thing. As a reminder, TaylorMade feels that to achieve optimal launch conditions, everyone needs to reach 1700rpm backspin with a 17° launch angle. Their answer is the SLDR, and they feel the SLDR is in fact, for everyone.
SLDRドライバーはスイングスピードの速いゴルファーだけのものか? 答えはNo。テーラーメイドは,すべてのゴルファーが17度の打ち出し角と1700rpmのバックスピンを実現すべきであると思ってるし,SLDRはすべてのゴルファーのためのドライバーだとしている。(キャロウェイ契約のはずのミケルソンも使ってたしね
After this little demonstration though, TaylorMade attached a prototype driver to a robot to actually show what they were getting at. The robot swung the club and achieved 17° and 1700 RPM with a very average 146 ball speed (roughly in the 90mph range clubhead speed)…and knocked the ball 264 yards.
プロトタイプのドライバーをロボットが打つっていうデモもやって,それはほんとに17度+1700rpmを実現してるんだけど,ヘッドスピードが90mph(だいたい40m/秒)で,キャリーで264ヤード飛ぶんだって! (俗に言われる「距離=ヘッドスピード×6」が目安,ってのをはるかに上回ってるじゃない)
SLDR Perception #2: You need enough backspin to keep the ball in the airThis is only true if you don’t have a high enough launch angle. When a ball shoots forward and stays low, it’s true backspin keeps the ball in the air. If you try to hit a 9 degree SLDR when you really need a 12 degree, you’re certainly going to have issues keeping the ball in the air.
球を上げるためにはバックスピンが必要なんじゃないの? 答えは,打ち出し角が小さい場合に限ってYes。打ち出しが低かったら,球を空中にとどめておくためにバックスピンは必要。実際,ほんとは12度のロフト角が必要な人が9度のSLDRで打ったら,ボールはドロップしちゃう。
SLDR Perception #4: I don’t need to be fitted; I’m an average golfer and can buy right off the shelf!
アベレージゴルファーだからフィッティングは必要ない,つるしで十分? それに対する回答は,以下の通り。試した人たちのヘッドスピードは90mphから120mphと,まちまち。みんな軒並み飛距離を伸ばしてる。ヘッド(430か460か)もロフトもシャフトも,まちまち。



SLDR Perception #5: Low spin makes it hard to shape the ball
This is certainly true. I used to be able to hit fade shots fairly easily, if not necessarily every time I wanted. I simply cannot hit those kinds of fades anymore.
ロースピンだと,球をあやつるのが難しい? それは確かにその通り。それまでは簡単にフェードを打っていた人が,SLDRだと打てなくなる。
SLDR Perception #6: Low MOI and low spin will make the SLDR very unforgivingOn paper, I agree with you. Fact is, not a single one of us could complain about the constantly straight and long shots we were getting. I was amazed just how forgiving of a driver the SLDR was. That’s not to say more MOI is not more forgiving. The results from the PING G25 in the Most Wanted test prove this, but the SLDR is by no means unforgiving.
慣性モーメントが小さくてロースピンだと,SLDRって優しくない? 理屈の上では,その通り。だけど,テストした人はみんな,曲がらなくて飛ぶ球に文句を言えなかったし,実際にSLDRは優しいドライバーだって感じた。PING G25をテストしたときに,慣性モーメントが大きいと優しいってのは証明されたけど,でもSLDRが優しくないってことでは決してない。
SLDR Perception #7: Smaller heads are for better players and larger heads are more forgiving
While testing the 430 and 460 heads and asking questions, what we found out was there was only about 100 RPM spin difference between the two heads. It really came down to personal preference when choosing which head. Go with whatever gives you the most confidence.
小さいヘッドは上手い人向けで,大きいヘッドは優しい? 430と460と両方のヘッドをテストしたけど,バックスピン量は100rpmしか違わなかった。どっちにするかは個人の好みの問題で,いちばんしっくり来る方を選べばいい。
“The Gravity Core is little more than an attempt by Callaway to distinguish themselves from the crowd.” – TaylorMade Golf
キャロウェイの「グラビティーコア」(新しいビッグバーサに搭載されたやつ)は,キャロウェイが他のメーカーと差別化するための試みにすぎない。と,テーラーメイド。

No comments