Header Ads

ドライビングFW時代の到来? PINGはラプチャー3ウッド

テーラーメイドのSLDRミニドライバーのニュースですっかり興奮してしまいましたが(GOLF 103: テーラーメイド「SLDRミニドライバー」で思うこと),その後2月28日のGEWでPINGの「ラプチャー3ウッド」が紹介されていたのを見逃していました。
GEW: ピンの新兵器,ラプチャー3ウッド

というか,そもそも1月2日の時点でGolfWRXに紹介されていたのでした。しかも写真付きで。
GolfWRX: Ping 2014 Rapture Fairway Wood

タングステン・ソールウェイトが見えますな
体積は219cc
横から


GEWの記事を要約すると,
  • アメリカでの小売価格は1本495ドル。発売開始は4月1日
  • ヘッドは体積が219ccで,チタン構造。フェイスはセンター部分を厚め・周辺部分を薄めにすることで,スイートスポットの拡大につなげている。
  • ロフトは13度。0.5度ずつの調整が可能。
  • PINGのドライバーと同等のCT値(反発係数)を持つ。
  • 重心は低め。これにより,高い打ち出し角と低めのスピンを実現。
    • 17グラムのソールプレートを装着することで,フェアウェイウッドに比べて低い重心位置を実現している。
  • 標準シャフトは,PING TFC 949。標準長は43.5インチ。
    • フレックスR/S/Xの順に
      • トルク:5.5/4.8/4.1
      • 重量:52g/58g/64g
      • Launch Angle: Mid/Mid-Low/Low
  • 標準のピンG25 3ウッドはボールの打ちだし角度が高めで,一方新製品i25の3ウッドは,その少ないスピン量のため,低めの打ちだし角度と弾道。ラプチャー3ウッドは,i25と同等のスピン性向だが,G25やi25に比べてよりボールスピードが速くなるため,弾道はG25と同様の高さが出る。
なので,体積は
  • SLDRミニドライバー > Rapture 3 wood > X Hot 3Deep
ということですか。3本まとめて打ってみたいなぁ……。

No comments