27 Feb 2014

リシャフト // TaylorMade R510 TP(10.5度)

R510 TPのロフト角10.5度を再度リシャフト(最初のリシャフトはこちら > リシャフト // TaylorMade R510 TP(10.5度))。今度はALDILA NVS 65 Sのピンクを挿してみた。

75 Xから65 Sに変えたのは,コーチから「重さはともかく硬さXは絶対にハードですよ」と言われたからだけど,せっかくなのでピンクを試してみました! 気分はババ・ワトソン。でも思ったよりくすんだ感じの発色だったけど。





以下,そのスペック。
  • ヘッド:TaylorMade R510 TP (10.5 degrees)
  • シャフト:ALDILA NVS 65 S
  • 長さ:44.75 inch
  • バランス:D2
  • 重量:319.5g
  • 振動数:260cpm
  • フェース高さ:56mm
  • 重心高さ:33mm
  • 重心距離:39mm
  • ヘッド重量:201.2g
  • ホーゼルの深さ:31mm
  • ホーゼル径:335tip
  • グリップ:GOLF PRIDE ベルベットラバー360
  • その他:スパイン調整(センターフレックス)済み
75Xに比べて振動数は267rpmから260rpmへ。ワッグルした感じではちょっと硬めな気がするけど,数値だけでいったらTour AD BB-6 Sと大差ないかも。PT-6 Sよりはちょい硬いように思う。

今回,one2oneに発注して,流さの指定はしなかったけど,44.75インチでバランスD2に仕上げてくれた。45インチのときはD4まで出てたので,このへんは芸が細かいな,と関心する。

ちなみに,ババ・ワトソンのピンクシャフトはこちら

グラファロイ バイメトリックス アフターマーケット専用モデル


http://www.teeolive.com/products/detail.php?product_id=3095

No comments:

Post a Comment