23 Mar 2013

RESCUEのリシャフト完了!

数週間前に買った,テーラーメイド RESCUE(2001)9番ウッド(ロフト角23度)ですが,シャフトの NS PRO 950 が柔らかいのではないかと思っておりまして。ラウンドで使ってもどうもフックボールが出る,まっすぐ出て頂点あたりからツルルーっと左に数十ヤード曲がる,お助けクラブのはずが肝心なところで不信感が邪魔して使えない,ということで,リシャフトをしたのでありました。

ゴルフメッセに持ち込んで,「重さはNS950と変わらないけど,中折れ感はなくなるかも」ということで選ばれたのが,True Temper の GS Fairway S200Dynamic Gold SL も候補に上がったんですが,Tip径335のものしか挿せないということでGSにしたのでありました。20度のハイブリッド(40インチ)よりは短く,39.5インチにしたかったのですが,バランスを出すために長さは39.75インチかつグリップは軽量のもので,と提案されました。

この時点でグリップは Golf Pride の軽量グリップ。


ということで,今朝の東陽町の練習場でさっそく試打。求めていた高さと適度な距離が出る上に,強く叩いてもドロー程度の曲がり幅しかありませんでした。適度にしなるシャフトなのに球筋は安定する……,さすがトゥルーテンパーといったところなのでしょうか。

しかし,やっぱりグリップは他のクラブとそろえて Golf Pride の MCC(マルチコンパウンドコード)がいい!ということで,練習場に併設のクラフトでグリップ交換をしてもらいました。もともとのD2というバランスを変えないように,最後は鉛を貼って調整してもらいました。「ここに貼ると球上がるけどいい?」と言われましたが,それはOK。

ゴルフ魂!

おしりの部分に1グラムの鉛


私はひそかに「東陽町のオヤジ」と呼んでいますが,メトログリーン東陽町のクラフトマンの方は,グリップのバックラインも丁寧に調整してくれますし,今回の鉛みたいにきめ細かな仕事をしてくれますし,グリップ持ち込みでも持ち込み料なしの600円で交換してくれるし,とても重宝しています。

No comments:

Post a Comment