Header Ads

ゴルフフィールズでドライバーのフィッティング,そしてリシャフトへ。

Nike Victory Tour Red Tour のヘッドに Project X 6.0 のシャフトというのは,ハードすぎる。リシャフトしろ!という声が多数寄せられたので,ついにリシャフトすることを決意……。ネットで情報を探った結果,QPゴルフブログでお馴染みQPさんのゴルフフィールズに行ってまいりました。

電話予約をした時点では,すでにQPさんの枠は埋まっていたようなので,クラフトマンである浅井さんにフィッティングをしていただきました。あれやこれやシャフトを付け替え,マシンで打球をチェックし,最終的に選択されたのが,ATTAS 4U。インプレッションを述べられるほどの腕前がないのでアレですが,「これで250ydは打てますよ」と言われたので,よろしいのでしょう!

(余談)

インパクト直前のスローの写真というのを見せてもらったのですが,シャフトが飛球方向に対して傾いてインパクトしているから,スライスが出ていると言われました。インパクトではシャフトが垂直になるように,シャフトのしなりを活かすイメージで打ってごらん,と言われたら,いい感じの弾道で打てるようになりました。これだけでもフィッティングに行った価値が十分にあるなぁと思った出来事です。

(後日談)

仕上がってきました。クラフトマンの浅井さんいわく,「シャフトの長さは45.25インチにしておいたよ。あと,前はちょっとオープンフェイスだったのでスクエアにしておいたよ」とのこと。その仕事の細かさに心を打たれました……。

No comments