13 Dec 2017

タイトリストのハイブリッド915Hが今での人気っぽい - 実際にいいクラブでした

数日前に受信したゴルフパートナーからのメールマガジンを見てぎょっとしたんですが,「11月の検索ランキング ユーティリティ」で,タイトリストのふたつ前のモデルである915Hが3位(かつ1位はひとつ前のモデルの816H1)で,平均販売価格も17,200円と,あまり値下がりしていない。


実際に,915Hって僕も以前使っていまして,いいクラブだったんですよ。「クラブセッティングのスピース化」のどさくさに紛れて816H2に買い替えたんですが,正直いって後悔してます。915Hの方がアドレスしたときのヘッドの座りがよかったし,何より結果が出てた(←まあ今年はどのクラブ使っても結果が出なかったでしょうが)。

ということで,いま真剣に915Hに戻すことを考えています。なんか今年はこういうのが多いなぁ……。

右肘の曲げ伸ばしを意識するだけである程度のスイングはできる,でもやはりそれだけでは不十分なんだと思う

僕のスイングが余計なことしすぎてどうしようもなかったころ,コーチに「右肘の曲げ伸ばしだけを意識して打ってみて」と言われまして,やってみたときの映像がこちら。



自分でもビックリしたんですけど,わりとかたちになっているんですよね。切り返しからシャフトがやけに立つクセは抜けないものの,シャフトはほぼオンプレーンで動いているし,右腕のリリースもできている,左腰の切れ上がりもある。

で,これはこれで面白いなぁと思ったんですが,この延長線上には,求めるスイングはたぶんないのではないかと思うのです。

と思ったのは,高野裕正のこのブログ記事とそこにあるYouTubeの映像を見返していたときです。

肘を曲げる角度、変化 〜タメる際の右肘の角度、バックスイングの左肘の伸び感など〜
https://ameblo.jp/takano-golfatc/entry-12301873875.html

内容も内容で,さらに高野さんの語り口もあるので,微妙にわかりづらいですが(高野さん頑張って!),とにかく右腕は肘を支点とした回転運動を行なうと。そのこと自体は森守洋さんも言ってると思うのですが,とにかくそういう意識がないとダメなんだろうなぁと。特に,切り返しからシャフトが寝る(いわゆる「トルクに負ける」)動きが,個人的にはポイントかなぁと思っています。

一方で左腕。上の動画でも,やっぱり左腕が甘いというか余っているというかテンションが感じられないというかなのですが,だからといって単純に「左肘を伸ばす意識」があればいいかというとそうじゃないんだな,ということが,上の高野さんの記事・動画から分かりました。

「グリップを体から離す意識」「胴体とクラブとの距離感」といったところが,キーワードになるんですかね。

12 Dec 2017

WITB // スティーブ・ストリッカーのクラブセッティング // 2017年12月11日現在 // QBE Shootout

ショーン・オヘアと組んでQBE Shootoutを制した,ストリッカーのクラブセッティングです。前回に比べてアイアンとかウェッジとかパターとかは少し変わっているんですが,ドライバー(913)と3W(915)は古いモデルを使いつづけていますね。



2017年12月11日現在 // QBE Shootout
  • ドライバー // Titleist 913D3 / ロフト8.5度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 8.2X
  • 3W // Titleist 915F / ロフト 13.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Tensei CK Pro White 80TX Prototype
  • ハイブリッド // Titleist 816 H1 / ロフト17度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 9.2X
  • アイアン // Titleist 718 CB (3-9) / シャフト KBS Tour Prototype
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 / ロフト 46度,54度,60度 / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 w/ Sensicore
  • パター // Scotty Cameron T5W
  • ボール // Titleist Pro V1x

ソース:
http://www.golfwrx.com/482084/sean-ohair-and-steve-strickers-winning-witbs-from-the-2017-qbe-shootout/

過去のWITB:
WITB // スティーブ・ストリッカーのクラブセッティング // 2017年1月27日現在 // Waste Management
WITB // スティーブ・ストリッカーのクラブセッティング // 2016年4月28日現在 // Zurich Open of New Orleans
WITB // スティーブ・ストリッカーのクラブセッティング // 2014年12月10日現在 // Franklin Templeton Shootout


グリップをゴルフプライドのベルベットツアーラバーに,両面テープをバッファローにしてみる

しばらくのあいだ,ルーク・ドナルドの真似をしてゴルフプライドのMCC,そして今年はMCCのPlus4を使っていたんですが,気分転換でもしようかと思いまして,ゴルフプライドのベルベットツアーラバーに戻してみます。

フルセット,さらには練習用のアイアンも一緒にグリップ交換するので,20本ほどまとめ買い……。



写真下に見えますのは両面テープなのですが,「市販の両面テープは専門店の使っているものとは質が違う」などというものですから,いつもより粘着力の強いものにしてみました。

↓いつもはこのへんのやつを使用。

ダイヤ(DAIYA) グリップ交換用スプレーセット OL-402 [HTRC 2.1]
ダイヤ(DAIYA) (2013-04-18)
売り上げランキング: 618

↓今回はこのテープを試してみました。


いやー,粘着力が今までのとぜんぜん違って強力です。溶剤(スプレー)をしっかりつけないと,グリップが入っていかなくて焦ります。

らせんに巻くのは面倒だから,次は50mm幅のにしてみようかな(といって,33Mがなくなる日はいつくるのか…)。


11 Dec 2017

WITB // レキシー・トンプソンのクラブセッティング // 2017年5月21日現在 // LPGA Kingsmill Championship

今年いろいろあったレキシー・トンプソンのクラブセッティングです。あ,そういや,kkがフジクラSIXで盛り上がってたな。



2017年5月21日現在 // LPGA Kingsmill Championship
  • ドライバー // Cobra King F7+ Black / ロフト 9度 / シャフト Fujikura SIX (X-Flex)
  • 3W // Cobra King LTD in Lexi Blue / ロフト 13.5度 / シャフト Graphite Design Tour AD GP 6S
  • ハイブリッド // Cobra Fly-Z Black / ロフト 18度 / シャフト Aldila Green NV 85S Hybrid
  • アイアン // Cobra S2 Forged irons (3, 6-PW) / シャフト Project X 5.0
  • ウェッジ // Cobra Tour Trusty Chrome / ロフト 47度,50度,55度,60度 / シャフト True Temper Dynamic Gold S200
  • パター // Bettinardi Queen B #6
  • ボール // Bridgestone B330S

ソース:
http://www.golfwrx.com/451736/lexi-thompson-witb-2017/